くまさんの料理ブログ

週末になると愛する家族に美味しい料理をふるまいたい。そんなくまさんの料理ブログです。

祝!300レシピ達成について

お陰様でこの度300レシピ達成でございます!!

いぇーい!!サンキューエブリバデー!!


f:id:kumasancook:20210615230948j:image

↑全然関係ないけど娘に頼まれて作ったハンバーグサンドイッチ

 

というわけで、30000PVも達成しました!

前回は2年近くかけて10000PV達成、だったので今回は1年で+20000PV、4倍界王拳ですよ。

f:id:kumasancook:20210615231352j:image

昨今はYoutubeなんかでも料理動画が星の数ほどあるわけで、ブログで料理工程を書いてくってのは最早ローテクの時代に、なんでこんなに見てくれるんだろう、っていうかみんなこのブログに何しに来てるんだろうと若干恐怖を覚えます。

 

ただ、動画だと編集されてたりして、料理しながら見るのって大変じゃないですか。

だし、なんかエンターテインメントとして出来すぎているから面白すぎる、というか。

 

くまさん的にはブログって自分のペースでスクロール出来るから、なんつうか、一緒に作ってる感覚持ってもらえたら嬉しいんですよね。

「またこんな適当な切り方してる」とか「こんな表現じゃわかんねーよ」とか文句言われながら、見てくれてる貴方と一緒に料理作りたいんですよ。

料理を大切な誰かに向けて作ってる奴が、実際にこのブログの向こうにもいるんだよ!一人じゃないんだよ!少なくとも2人はこの世にいる!お前と俺な!!みたいなね。

うん、気持ち悪いね。

 

 

短期目標は365レシピまで続けること。

 

中期目標は1000レシピ達成。

なんでかっていうと、1000レシピもあれば1年間3食ほぼ全部違うもの食べられるからね。

 

んで、長期目標は書籍化or収益化。

これはなかなか難しい気がします。

1年前にグーグルさんで収益化しようと申請したら「てめーのブログにそんな価値ねーよ、バーカ」という内容をオブラートであまり包まない感じで返事が来て、心が折れかかりました。

 

でもね、頑張って日々積み重ねていけば、何らか良い形になるんじゃないかな、と信じてます。

 

 

つーわけで!

恒例のくまさんオススメレシピベスト5です!

ここ1年で殿堂入りしたレシピから寄りすぐったので、是非作って試してみてください!

 

 

それではまず第5位!メキシカンサラダ!!f:id:kumasancook:20210615234806j:image

このサラダは鬼リピートしてます。

簡単なのに、めちゃくちゃ旨い。子供も喜ぶ。

タコスシーズニングはあると楽しい調味料。

 

第4位は自家製ソーセージ

f:id:kumasancook:20210615235228j:image 

ちょっと手間はかかるけど、鬼ウマ。

ちゃんとソーセージなんですよ。

これはモテ料理!作るとモテる!!

嫁以外に作ってないし、モテた事もないけど!

 

第3位は鶏排(ジーパイ)

f:id:kumasancook:20210615235711j:image

これは最早、くまさんレシピが、というより鶏排自体が旨すぎる料理なんですよね。

五香粉と砂糖が結びつくと強いっす。

苦手な五香粉を、「好き」に変えてくれたレシピでもあります。

 

第2位は究極の海老トマトクリームスパゲッティ

f:id:kumasancook:20210615234348j:image

お店の味っぽい!これは家族に喜ばれました。

コツはトマトソースをちゃんと煮込むこと。

そして、砂糖を加えること。

 

第1位は拌麺(ばんめん)!!

f:id:kumasancook:20210615234041j:image

これはマジでビックリするくらい旨い。

シンプルだけど、強烈にパンチが効いてて好き。

また作りたいなー。

 

 

というわけでね、料理名で検索してこのブログに辿り着いた一見さんは多分この記事を見ることはないと思うんだけど、いっつも見てくれてる常連さんの貴方に、是非作ってもらいたいレシピでした!

 

これからも応援、よろしくお願いします!!

元気になれる定食

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆☆

 



f:id:kumasancook:20210601194135j:image

 

どうも!くまさんです!

 

300レシピ目でございます!!

後、PV30000突破しました!!

いやー、ありがとうございます!!

(このブログの何が良いのか知らないけど)毎月来てくれる延べ2500人以上の皆様!!

お前ら一人一人の為にくまさん、頑張るよ!!

でも365レシピ更新したら1ヶ月お休み下さい!!

もう後、ほんの65レシピ!!

 

 

…あ、年内は休めねぇってことか…。

 

 

というわけで、今回は「元気が出る定食」です。日曜の夜って寂しいじゃないですか。

翌日からまた仕事しなきゃいけない憂鬱で。

そんな日曜の夜に素敵なご飯を食べて、次の一週間を前向きに迎えられたら良いですよね。

 

もう嫌なんです!!

打首獄門同好会の「働きたくない」がずっと脳内リピートしているような日曜日夜は!!

 

定食全部だと量が多いので、今回はメインだけをレシピとして載せます。残りは簡単に作り方だけ書いておきます。でも、いずれレシピも載せるかも!

 

というわけで、元気が出る定食、作っていく!

 

■用意するもの(2人分)

・鯖としめじのおろしポン酢和え

骨取り鯖…1尾分

ぶなしめじ…1株分程度

大根…1/2本程度

味の素…小さじ1

みりん…大さじ1

味ぽん…大さじ3

 

 

というわけで、材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210602142558j:image

鯖は骨の処理が大変なので骨取り鯖を使用。

滅茶苦茶調理しやすくてありがたいです。

 

まずは大根をカットしていきます。f:id:kumasancook:20210602142731j:image

頭をカットしたら、少し漬物用に分けます。

f:id:kumasancook:20210602142711j:image

そしたら皮を桂剥きしていきます。

f:id:kumasancook:20210602142850j:image

あまり上手くならない桂剥き。

f:id:kumasancook:20210602142907j:image

そしたら、おろし金をセット!

f:id:kumasancook:20210602142923j:image

擦り下ろしていきます!

f:id:kumasancook:20210602142959j:image

キレイにおろせました。

f:id:kumasancook:20210602143015j:image

そしたら汁気をギュッと絞ります。

f:id:kumasancook:20210602143030j:image

味ボケしないようにです。

 

そしたらお次は骨取り鯖を取り出して
f:id:kumasancook:20210602143053j:image

背骨の所で真っ二つに裂きます。

f:id:kumasancook:20210602143120j:image

そしたら後は一口大にカット。

f:id:kumasancook:20210602143139j:image

これで、準備ができました。

f:id:kumasancook:20210602143156j:image

今回はカットしめじ使ってますが、株で買った場合は一口大に裂くだけでOKです。

 

そしたらごま油(分量外)を少々垂らして
f:id:kumasancook:20210602143236j:image

そこに鯖を投入!

f:id:kumasancook:20210602143308j:image

しめじも入れちゃいましょう。

f:id:kumasancook:20210602143336j:image

んで中火で炒めていきます。f:id:kumasancook:20210602143350j:image

そこに味の素を2〜3振りします。

f:id:kumasancook:20210602143540j:image

一応理由があって

しめじ=グアニル酸

鯖=イノシン酸

という旨味成分が含まれているので、グルタミン酸も足してしまおう、という魂胆でございます。

味の素が嫌いな方は塩昆布とかでも良いですね。

旨味成分は複合して塩分と合わさると重厚な旨味になる、というのはくまさん勉強しました!

 

2~3分炒めたら

f:id:kumasancook:20210602143808j:image

本みりんを大さじ1程度足していきます。

f:id:kumasancook:20210602143830j:image

後は鯖の皮目に焼き色がつくまで炒めます。

f:id:kumasancook:20210602143904j:image

鯖に火が入り、しめじがテカテカしてきたら

f:id:kumasancook:20210602143931j:image

大根おろしの入ったボウルに投入します。

 

あとは味ぽんでシンプルに味付け。
f:id:kumasancook:20210602143951j:image

正確には

ポン酢=醤油+酢や柑橘類の果汁

味ぽん=上記+旨味成分+砂糖

という差があるみたいですが、今回は旨味成分も甘味成分も既に含んでるのでどちらでもOKです。

 

味ぽんは大さじ3程入れます。
f:id:kumasancook:20210602144223j:image

後は鯖の身を崩さない様に優しく混ぜ和えます。

f:id:kumasancook:20210602144302j:image

これで後は粗熱を取って

f:id:kumasancook:20210602144330j:image

ラップして

f:id:kumasancook:20210602144342j:image

冷蔵庫に入れればいつでも食べられます。

 

ちなみに残った大根は酢漬けにしました。

f:id:kumasancook:20210602144436j:image

①大根を薄く輪切り→千切りにする。

②塩を振って放置

③30分くらいしたら水洗いして絞る

④水分を拭き取ったら、ジップロックに投入。

⑤寿司酢と輪切り唐辛子を入れる。

これで大根の酢漬け、完成です。

 

というわけで、冷蔵庫で一晩寝かせて

f:id:kumasancook:20210602144657j:image

うーん、美味しそう。

 

彩りに青ネギでも添えますか。

f:id:kumasancook:20210602144757j:image

鯖としめじのおろしポン酢和え、完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210602144852j:image

本日の献立は

・鯖としめじのおろしポン酢和え

・大根の酢漬け

・ほうれん草のナムル

・辛子明太子

・玉子焼き

・豆腐とわかめの味噌汁

・白米

です!

 

 

大根の酢漬けとほうれん草のナムル
f:id:kumasancook:20210602144955j:image

ほうれん草のナムルは

①ほうれん草一袋を沸騰した湯で1分程茹でる

②ほうれん草を冷水に取り、水気をきつく絞る

③ごま油と鶏ガラスープの素、砂糖、胡麻を投入

④全体をよく混ぜ和える

 

お次は明太子と玉子焼き

f:id:kumasancook:20210602145159j:image

明太子は流石に買いました。

玉子焼きは

①生卵1つにつき、卵豆腐1つを入れて混ぜる

②卵豆腐のタレも一緒に混ぜる

③多少ダマになってもOK

④多めに油で玉子焼きを作る

卵豆腐を入れるとプルプルになります。

味も決まるしおすすめです。

 

というわけで!

f:id:kumasancook:20210602145354j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

あぁ、染み渡る旨さ…!!!

f:id:kumasancook:20210602145436j:image

さっぱりした味付けながら、しめじの食感と鯖のコクが心を労ってくれるような優しい美味しさ。

大根の酢漬けも、ほうれん草のナムルも、明太子も、玉子焼きも、一つ一つは決して派手じゃないけど、みんな優しい。

 

くまさんが辿り着いた「元気が出る」ってこういうことでした。

分厚いステーキや、にんにく、そういうのも魅力的なんだけど、心を癒やして元気にする、という事も大事じゃないかと!

 

家族にも大好評でした。

一つ一つはそんなに手間かけてるわけじゃないけど、食べる人の「美味しい」を願って作った今回の定食は家庭料理を作るくまさんにとっても良い経験になりました。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓別に働きたくても打首獄門同好会は脳内リピートしてしまう、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

マグロアレンジ丼

手間  ☆☆☆☆★
難しさ ☆☆☆★★
ご馳走度☆☆☆☆☆

 


f:id:kumasancook:20210601110212j:image

 

どうも!ラテラルプランクウォークです!

 

というわけで久々に衝動買いしてしまいました。

f:id:kumasancook:20210601110344j:image

スーパーに売ってたマグロのカマ付きトロです。

大体1900円くらい。本マグロでこれは魅力的。

大トロのサクは2000円〜3000円位しますからね。

カマ部分は骨に近いし、トロも沢山取れるのになぜ安いのか?

 

 

単純に身肉を取り出すのがクソ面倒だからです。

 

ただ、手間を掛ければリーズナブルに美味しいマグロを楽しめるって事でもあります!

 

というわけで、本日はカマトロのアレンジ丼を作っていきます!!

 

 

■用意するもの(2人分)

・韓国風ネギトロ

カマトロ(ネギトロ肉)…100g程度

にんにくチューブ…小さじ1

タッカルビソース…大さじ1(コチュジャン可)

青ネギ…適宜

 

・まぐろの刺し身

カマトロ…200g程度

わさび…1/2本

 

・カマトロステーキ

カマトロ…100g程度

塩胡椒…適宜

 

・その他

酢飯…1合分

 

というわけで、カマトロです。

f:id:kumasancook:20210601111228j:image

軽く水洗いして、表面の血を流した後、ペーパーで水分をきっちり拭き取ります。

 

そしたら骨にそって身を取り出していきます。
f:id:kumasancook:20210601111301j:image

コツは「骨に沿わす」だけです。

f:id:kumasancook:20210601111346j:image

出刃かペティナイフが個人的にはオススメ。

f:id:kumasancook:20210601111420j:image

骨は凹凸がある為、多少身肉が残るのは仕方なし!

骨に残った身はスプーンでしごき取ります。

 

てなわけで、身肉を取り出せました。
f:id:kumasancook:20210601111523j:image

赤身、中トロ、大トロ、ネギトロ、バリエーションがあって良い買い物でした。

 

ネギトロ以外の身は、ペーパー+ラップで冷蔵。
f:id:kumasancook:20210601111655j:image

ご飯直前に切り出していきます。

 

さて、ネギトロを韓国風にしていきます!
f:id:kumasancook:20210601111753j:image

ボウルに入れたネギトロに

f:id:kumasancook:20210601111833j:image

こいつらで味付けしていきます。

 

チューブにんにくを小さじ1程度
f:id:kumasancook:20210601111852j:image

青ネギはどさっと入れます。

量はお好みですがマグロと同量以上がオススメ。

f:id:kumasancook:20210601111912j:image

そこにタッカルビソースを大さじ1入れます。

f:id:kumasancook:20210601111951j:image

なければコチュジャンでもOK!

ひたすら混ぜます。
f:id:kumasancook:20210601112022j:image

味が薄い場合は赤味噌や塩で調整しましょう。

ごま油を香り付けに入れても良いのですが大トロが既に油まみれなので今回は入れませんでした。

生姜をいれても美味しいです。

f:id:kumasancook:20210601112107j:image

混ぜ終わったら、完成です。

ラップして冷蔵庫へ。

 

ご飯の時間が近づいたら、身を取り出します。
f:id:kumasancook:20210601112208j:image

一番左の大トロはステーキにします。

 

他の身は直方体に近い形になるよう整形します。f:id:kumasancook:20210601112259j:image

そしたら8mm幅位で引いていきます。

赤身も美味しそうです。

f:id:kumasancook:20210601112330j:image

大トロも良いね!

f:id:kumasancook:20210601112422j:image

中トロは、上手に切れなかったが美味しそう。

f:id:kumasancook:20210601112451j:image

適当な皿に並べておきます。

f:id:kumasancook:20210601112510j:image

後は、脂の多いトロにはやはりこれ!

f:id:kumasancook:20210601112655j:image

わさびです。一本1000円近くするから高いけど!

チューブでは味わえない美味しさがあります。

 

わさびも色んなやり方あるみたいですが
f:id:kumasancook:20210601112737j:image

くまさんは皮を落とす派です。

f:id:kumasancook:20210601112807j:image

皮が削げたら

f:id:kumasancook:20210601112821j:image

おろし金ですりおろします。

f:id:kumasancook:20210601112845j:image

のの字をかくように、重労働ですが頑張ります。

f:id:kumasancook:20210601112907j:image

1/2本分くらい擦れたかな!

こいつが大トロをとても爽やかにしてくれます。

くれぐれも食べる直前に擦ってください。

変色しちゃうと勿体ないので。

 

最後に残ったのがこいつ。

f:id:kumasancook:20210601113031j:image

一番脂が多そうなので、スキレットに乗せて

f:id:kumasancook:20210601113409j:image

秘密兵器、4500円のガスバーナーで炙ります!

f:id:kumasancook:20210601113425j:image

うぉぉぉぉあああああ!!いっけぇぇえ!!!

f:id:kumasancook:20210601192438j:image

少し焦げるくらいが丁度ええんや!!

f:id:kumasancook:20210601192513j:image

片面焼けたら裏返して

f:id:kumasancook:20210601192540j:image

炙っていく!!!

f:id:kumasancook:20210601192554j:image

うん、良い感じになりました。

f:id:kumasancook:20210601192610j:image

そしたら切り分けていきます。

f:id:kumasancook:20210601192626j:image

表面だけ焼けてる魚って崩れやすいんだよなぁ。

f:id:kumasancook:20210601192654j:image

まぁ、なんとかOK。

f:id:kumasancook:20210601192724j:image

仕上げに塩胡椒振っておきます。

 

そしたら炊いたは白米に寿司酢を入れて

f:id:kumasancook:20210601192755j:image

切るように混ぜ冷ませたら

f:id:kumasancook:20210601192816j:image

丼にご飯を盛ります。

f:id:kumasancook:20210601192830j:image

思い思いに、食材を乗せていきます。

 

これは嫁くまさんの。

f:id:kumasancook:20210601192909j:image

こっちはくまさんの。

f:id:kumasancook:20210601192939j:image

というわけで完成です!!

 

盛り付けるとこんな感じ!
f:id:kumasancook:20210601192953j:image

本日の献立は

・マグロアレンジ丼

・豆腐とわかめの味噌汁

・山盛りわさび

・みょうがの酢漬け

です!

 

んー…何かの宝石箱やぁ〜!!
f:id:kumasancook:20210601193047j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うまーーーーーい!!!!

f:id:kumasancook:20210601193141j:image

全部旨い!!!旨すぎる!!

刺身は山盛りわさびで爽やかに豪快に。

炙りは香ばしさがたまりません。

韓国風ネギトロは濃い味でアクセントになっているので、別々に食べても同時に食べても味が変化して楽しいです。

 

特に、わさびは擦り下ろして良かった〜☆

f:id:kumasancook:20210601193356j:image

刺し身一切れにこれくらい乗せるのがベスト。

チューブわさびだと確実にむせる量です。

チューブのわさびほど刺激は強くないし、大トロの脂で辛味成分は結構揮発してます。

後は爽やかな香りが鼻に抜けて、もう、最高。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

 

↓いやでも中トロが至高でしょ、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

低温調理鶏レバー

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆☆★★
ご馳走度☆☆☆★★

 


f:id:kumasancook:20210524143921j:image

 

 

どうも!三頭筋ディップです!

 

生レバー食いてぇぇぇ!!!!

 

でも、もはや禁忌の食べ物じゃないですか。

 

特に子供なんかだと洒落にならないじゃないですか。

 

これがホントの禁忌キッズ、なんっつてね☆

 

 

ばーか!!ばーか!!

※嫌なことがありました

 

 

というわけで、ほら、保健所の指導に基づいた生レバーに最も近いレバー、作っていくよ。

 

 

■用意するもの

鶏レバー…300g

牛乳…適宜

塩…適宜

ごま油…適宜

青ネギ…少々

煎りごま…少々

 

 

というわけで、本日の食材は、こちら!

f:id:kumasancook:20210524144045j:image

鶏のレバーでございます。

 

保健所の資料を見てみると、中心部65度で30分加熱、というのが一つの指標となってます。

そうすれば食っても死なねぇって事だ!!

 

つぅわけで、普段は「持ってない人が多い調理器具は使わない」というポリシーでやってきたのですが、今回は使いますよ。

f:id:kumasancook:20210524161059j:image

ヘルシオのオートクッカーです。

妹(学名はゴリラゴリラゴリラ)が何か買ってくれました。

便利なんですが、ちょっとコツがいる感じです。

水分量の調整が意外とシビアでまだ奮闘中です。

ただ!一定の温度を決められた時間保つ、という特性は低温調理にはもってこい。

 

なので、まずはレバーの仕込みから。

 

ボウルにレバーを入れて水洗いします。
f:id:kumasancook:20210524161352j:image

よく揉み込んで、汚れを取ります。

f:id:kumasancook:20210524161428j:image

血の塊なんかも丁寧に掃除します。

 

何回も水を替えてます。
f:id:kumasancook:20210524161454j:image

濁りがなくなってきたら
f:id:kumasancook:20210524171829j:image

ペーパーで水分を拭き取ります。

f:id:kumasancook:20210524171911j:image

そこに、牛乳をレバーが浸るくらい入れます。f:id:kumasancook:20210524171949j:image

お酒とかでも良いのですが、牛乳がコスパ良し。

f:id:kumasancook:20210524172019j:image

30分程放置して臭み抜きをします。

 

30分経ったら水にさらします。
f:id:kumasancook:20210524172058j:image

ここでも丁寧に掃除しつつ洗います。

f:id:kumasancook:20210524172132j:image

洗い終えたら、ペーパーで水分を拭き取り

f:id:kumasancook:20210524172159j:image

これでレバーの下拵え終了です。

f:id:kumasancook:20210524172218j:image

かなり丁寧にやってる方です。

 

そしたらレバーを耐熱ジップロックに入れて
f:id:kumasancook:20210524172233j:image

そこにごま油を浸るくらい注ぎます。

f:id:kumasancook:20210524172256j:image

あとは適当に塩を3〜4振りして

f:id:kumasancook:20210524172315j:image

空気を抜いたら、ジップロックを閉じます。

f:id:kumasancook:20210524172335j:image

なるべく丁寧に空気を抜きましょう。

 

そしたらオートクッカー参上!

f:id:kumasancook:20210524172419j:image

保温釜にジップロックを投入して水を500cc程度

f:id:kumasancook:20210524172459j:image

沸騰したお湯を800cc程度入れます!

水道水の水温を17度程度と仮定して、大体これで65度のお湯になってるはず!多分!

文系なのでわからん!!

 

そしたらオートクッカーの温度を65度に設定。

f:id:kumasancook:20210524172917j:image

35分(少し多めに)低温調理していきます!

f:id:kumasancook:20210524172954j:image

さて、35分後…

 

 

出来たようだね。
f:id:kumasancook:20210524173012j:image

早速開けてみると

f:id:kumasancook:20210524173032j:image

よくわからんが!!信用しよう!!

すぐさま氷水で粗熱を取ります。

f:id:kumasancook:20210524173056j:image

赤い液体は、確か血ではなくミオグロビンと言うやつだったはず…!

ちゃんと加熱はできているはず。

 

まぁ、見栄え悪いので
f:id:kumasancook:20210524173242j:image

ペーパーで拭いていきますが。

 

一度に全部は食い切らんので、保存容器に。
f:id:kumasancook:20210524173324j:image

保存容器は当然、細心の注意を払い消毒済。

 

結構ぷるぷるしてて、柔らかいです。
f:id:kumasancook:20210524173407j:image

保存分はこれでOK!

 

さて、残りは皿に盛って

f:id:kumasancook:20210524173436j:image

煎りごまをふりかけ

f:id:kumasancook:20210524173500j:image

青ネギを散らします。

f:id:kumasancook:20210524173517j:image

あとは塩を溶かしたごま油を添えて

f:id:kumasancook:20210524173542j:image

出来上がり!!

 

うーん、箸で持った感じはかなり柔らかいです。

f:id:kumasancook:20210524173600j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うっま!!!

f:id:kumasancook:20210524173829j:image

これは鶏レバーのムースって感じです。

レバーパテほど固くなく、生レバーほどプルプルでもない、独特な、でも楽しい食感です。

そもそもレバーが好きなんでたまらないです。

ただね、少し苦味が強いかな…?

苦味と言っても、サンマのハラワタ、くらいの「ほろ苦い」っていう感じですけどね。

だから酒のつまみにはバチクソハマります!

ご飯のお供にはちょっと合わないかも。

 

調べてみるとレバーをよく洗わないと、苦味が出るらしいのだけれど、今回は入念に洗ったので考えづらい…。この苦味を上手く抜く方法があれば、毎日でも作って食ってられるのになぁ。

 

でも、人間より美味しかったです!

 

 

↓ニシローランドゴリラなんだね、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

ペッパーライス風炒飯

手間  ☆★★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆★★

 


f:id:kumasancook:20210524125545j:image

 

どうも!プランクジャックです!

 

高校の頃、くまさんは軽音楽部でした。

当時のパートはキーボード。

キーボードって滅茶苦茶重いんですよ。

今考えるとあのクソ重たいキーボードをソフトケースで運ぶなぞ正気の沙汰じゃありません。

 

だから練習とかすると腹が減る。

練習で腹が減るんじゃなくて、スタジオまでの往復で腹が減る。いや、練習も意外に疲れるけど。

 

だから部活帰りには皆でよくご飯を食べました。

その中で思い出深いのが、当時行ったことの無かったペッパーランチ

「ここではペッパーライスを頼んどけばOK」

と織田くん(実名)が教えてくれました。

 

久しぶりに思い出したのでペッパーライス風炒飯を作っていきます!

 

今回は包丁いらずです!

 

 

 

 

■用意するもの(2人分)

味付き牛肉…200g

コーン…100g

青ネギ…適宜

硬めに炊いた白米…0.8合程度

バター…3片

チューブにんにく…小さじ1

塩胡椒…適宜

 

 

というわけで材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210524141418j:image

安売りしてた味付き牛肉(プルコギ)を使っていきます!

もし、適当なのがなければ、牛肉スライスに焼肉のタレをぶっかけておけば大丈夫です!

 

調味料はこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210524141511j:image

シンプルです。

 

まずはバター2片をフライパンに投入。
f:id:kumasancook:20210524141548j:image

そこにチューブにんにくを小さじ1入れます。

f:id:kumasancook:20210524141608j:image

そしたら中火でバターを溶かしていきます。

f:id:kumasancook:20210524141635j:image

バターが溶け切ったら、肉を投入!

f:id:kumasancook:20210524141655j:image

全体を絡め、炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210524141713j:image

そしたら真ん中を空けて

f:id:kumasancook:20210524141728j:image

0.8合分の白米をドン!

f:id:kumasancook:20210524141759j:image

コーンを100gふりかけます。

f:id:kumasancook:20210524141821j:image

さらに青ネギを散らして

f:id:kumasancook:20210524141832j:image

バターを乗せれば、ペッパーランチ風です!

f:id:kumasancook:20210524141900j:image

ペッパーランチでは鉄板でここから温めていくのですが、今回はフライパンでやっちゃいます。

 

全体を崩しながら混ぜます。
f:id:kumasancook:20210524141936j:image

コーン(冷凍)を凍ったまま入れたので水分が…。

f:id:kumasancook:20210524142004j:image

味付けは最後に塩胡椒で整えます。f:id:kumasancook:20210524142026j:image

お肉のの色が変わったら

f:id:kumasancook:20210524142049j:image

ペッパーランチ風炒飯完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ。
f:id:kumasancook:20210524142105j:image

彩りにパプリカパウダーを振りました。

 

混ぜるとペッパーランチ要素なくなります。
f:id:kumasancook:20210524142125j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

うまい!!
f:id:kumasancook:20210524142159j:image

今回はプルコギ風の味付き牛肉だったので、少し甘めに仕上がってる印象。

もうちょっと甘さを抑えた感じだとホンモノに近づきそうなんですがね。

コーンとネギが結構アクセントになってます。

何より簡単に作れるので良いですね。

包丁使わないレシピは初めてかも。

是非、試してみてください!

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓織田くんに許可は取ったのか、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

サムギョプサル

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210517111357j:image

 

どうも!ロングアームクランチです!!

 

サランヘヨ〜!!

くまさんの唯一知っている韓国語です。

 

その昔、貧乏大学生の頃に、同じく貧乏な友人(脳筋)と二人で、金はねーけど、とにかく暇だからと言う理由で都庁に登ったことがあります。

 

そこで韓国から旅行に来ていた女の子2人組に道を聞かれ、何となくついていく流れになって、ついでに晩御飯を一緒に食べる事になりました。

 

二人共貧乏だったので旅行者の女の子に飯を奢ってもらうという尊厳もクソも無い思い出なのですが、そこで教えてもらったのがサランヘヨ~という韓国語でした。

 

くまさんにとっては恐らくもう一生口にしないであろう韓国語なので、意味は各自調べてくれ!

 

というわけで、本日は韓国料理、サムギョプサルを作っていきます!

 

■用意するもの(2人分)

・材料

豚バラブロック…300g

サンチェ…20枚くらい

長ネギの白い部分…1本

キムチ…適宜

 

・味噌ダレ

コチュジャン…大さじ2

砂糖…大さじ1

酒…大さじ1

にんにくチューブ…小さじ1

ごま油…適宜

 

 

というわけで!材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210517112823j:image

豚バラブロックは600g用意しましたが、300gくらいで充分です。食い切れませんでした。

 

豚バラブロックは冷凍しておくのがオススメ。

なぜなら、切りやすいからです。
f:id:kumasancook:20210517112936j:image

5mm幅くらいでスライスします。

f:id:kumasancook:20210517113002j:image

くまさんの包丁技術では、凍ってない豚バラ肉はこんなにキレイにスライスできまへん。

 

お皿に並べておきましょう。f:id:kumasancook:20210517113040j:image

味の素と

f:id:kumasancook:20210517113104j:image

塩胡椒は

f:id:kumasancook:20210517113120j:image

全体に万遍なくまぶしておきましょう。

焼き肉系の肉は味の素必須です。

 

そしたら、お次はネギ切ります!

f:id:kumasancook:20210517113204j:image

まずは端部を落として

f:id:kumasancook:20210517113216j:image

一本包丁を長手方向に入れたら

f:id:kumasancook:20210517113234j:image

斜めに薄くスライスします!

f:id:kumasancook:20210517113247j:image

ホントは白髪ネギとかが良いんでしょうけど、芯が残って勿体ないので、斜め切りに。

f:id:kumasancook:20210517113315j:image

ザルにあけて、水にさらしたあと

f:id:kumasancook:20210517113331j:image

水気をペーパーで拭き取り、別皿へ。

f:id:kumasancook:20210517113350j:image

こんな感じです。

辛味の好きな人は水にさらさなくても良いかも。

 

それでは味噌ダレを作りましょう。

調味料はこちら。

f:id:kumasancook:20210517113423j:image

小鍋にコチュジャンを大さじ2

f:id:kumasancook:20210517113442j:image

砂糖は大さじ1

f:id:kumasancook:20210517113456j:image

酒も大さじ1

f:id:kumasancook:20210517113508j:image

にんにくチューブを小さじ1

f:id:kumasancook:20210517113527j:image

香り付けのごま油を少々

f:id:kumasancook:20210517113553j:image

これで点火して、中火に。

f:id:kumasancook:20210517113613j:image

沸騰してから2〜3分

f:id:kumasancook:20210517113629j:image

混ぜながらアルコールを飛ばしていきます。

f:id:kumasancook:20210517113646j:image

アルコールが飛んだら

f:id:kumasancook:20210517113700j:image

別皿に移して粗熱を取ります。

f:id:kumasancook:20210517113715j:image

これで味噌ダレ完成です!

 

後はサンチェを軽く水洗いします。

f:id:kumasancook:20210517113737j:image

水気をざっと切りましょう。

f:id:kumasancook:20210517113800j:image

サンチェ売ってねーよ、って方はサニーレタスなんかでも良いと思います。

 

これでサムギョプサルの準備OKです!
f:id:kumasancook:20210517113846j:image

キムチも忘れずにね!

 

豚バラ肉はすき焼き用の鍋で焼く事にしました。

f:id:kumasancook:20210517113938j:image

鍋が温まったら肉を配置して

f:id:kumasancook:20210517113957j:image

焼けたらひっくり返します。

f:id:kumasancook:20210517114014j:image

豚肉なんで、よく焼きましょう。

f:id:kumasancook:20210517114030j:image

表面がカリカリになったら、サンチェに取って

f:id:kumasancook:20210517114059j:image

ネギ、キムチ、味噌ダレを盛って

f:id:kumasancook:20210517114122j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

サ〜ランヘヨ〜!!!

f:id:kumasancook:20210517114149j:image

味噌ダレのコクと、キムチの辛さが豚肉と噛み合って最高に美味しいです!!

サンチェで巻くとサッパリ食べられるしね。

焼き肉でそのまま食べたら少し脂がキツそうなバラ肉ではありますが、とても美味しく食べられます!

レモン絞ったりしても美味しそう。

とはいえ、600gは量が多すぎたので、冷凍に回しましたけどね。

 

後、脂が跳ねるのでリビングでやったのは失敗。

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

 

↓尊厳は大事、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

牛脂炒飯

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆★★

 

 


f:id:kumasancook:20210517103144j:image

 

 

どうも!リバースクランチです!

 

くまさん、最近筋トレをはじめました。

もう、だから挨拶はくまさんがこなしてる筋トレの名称を挙げてくことにしました。

 

最初は、ユルユル続けよ〜って事で本当に簡単なメニューをやっていたのですが、どうせやるなら損切りする気が起こらないくらいやり込んだれ、と思い、腹筋ローラーやプッシュアップバーを購入し、日々の食事の見直し+プロテインサプリメントを摂取しつつ、毎日筋トレをこなしております。理想とするスタイルになるには、1年単位くらい掛かりそうな気はしますが。

 

それとともに

「全ては筋肉さえあれば解決する」

という謎思考になってきました。

例え話も筋肉で例える事が多くなってきました。

僕がまともな会話を出来る時間は、あまり残されてないのかもしれません。

 

 

というわけで、本日はタンパク質旺盛な牛脂炒飯作っていきます!

 

ちなみに今回のメニューはYoutubeチャンネル「中華一筋」さんのまかないメニューを見て作っております。

 

 

■用意するもの(2人分)

牛ステーキ肉…600g

牛脂…3個位

塩胡椒…適宜

炊いた白米…0.8合程度(1合より気持ち少な目)

沙茶醤…大さじ1

ごま油…小さじ1

塩…適宜

 

 

というわけで、本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210517104318j:image

見慣れないものが沙茶醤(サーチャージャン)です。

f:id:kumasancook:20210517104403j:image

中華一筋さんのチャンネルで出てきたので購入してみました。

 

原料を見てみると

f:id:kumasancook:20210517104416j:image

ふーん、なんだか美味しそうではある。

 

というわけで、牛ステーキ肉を取り出し

f:id:kumasancook:20210517104646j:image

脂身の部分をトリミングします。

f:id:kumasancook:20210517104714j:image

そしたら短冊状に切り

f:id:kumasancook:20210517104730j:image

そこからサイコロ状にしていきます。

f:id:kumasancook:20210517104749j:image

こんな感じで切り分けられました。

f:id:kumasancook:20210517104810j:image

肉が滅茶苦茶多い。

 

そしたらフライパンを強火で熱して
f:id:kumasancook:20210517104838j:image

脂身を投入!

f:id:kumasancook:20210517104914j:image

後、牛脂も1個入れていきます。

f:id:kumasancook:20210517104932j:image

これで脂身を炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210517104958j:image

脂身が透明になってきたら

f:id:kumasancook:20210517105018j:image

牛肉を投入!

f:id:kumasancook:20210517105032j:image

軽く塩胡椒しておきます。

f:id:kumasancook:20210517105047j:image

後はひたすら牛肉を炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210517105107j:image

一部、冷凍の肉を使ったので水分が結構出ます。

そのままだと牛肉は「煮えちゃう」ので

f:id:kumasancook:20210517105132j:image

ペーパーで余計な水分は拭き取ります。

 

牛肉に少し焼き目がついてきたら
f:id:kumasancook:20210517105205j:image

ボウルに牛肉を一旦取り出します。

f:id:kumasancook:20210517105234j:image

そしたらフライパンに残りの牛脂を2つ入れて

f:id:kumasancook:20210517105253j:image

強火で溶かしていきます。

f:id:kumasancook:20210517105310j:image

そしたら炊いたご飯を投入!

f:id:kumasancook:20210517105330j:image

中華一筋さんによると、米:肉が1:3が黄金比らしいです。

だからご飯は少なめです。

 

ご飯を強火で炒めていきます。
f:id:kumasancook:20210517105426j:image

そしたらそこに沙茶醤を大さじ1加えて

f:id:kumasancook:20210517105442j:image

ひたすら混ぜ炒めます。

f:id:kumasancook:20210517105522j:image

香り付けにごま油を小さじ1程度入れて

f:id:kumasancook:20210517105544j:image

なるべくムラが少なくなるよう炒めます。

f:id:kumasancook:20210517105602j:image

そしたら牛肉をフライパンに戻します!

f:id:kumasancook:20210517105623j:image

結構、沙茶醤の独特な香りがします。

f:id:kumasancook:20210517105647j:image

後は味見をしながら塩を振って味を決めます。

f:id:kumasancook:20210517105708j:image

味見して思ったのが、沙茶醤で炒飯作るなら、塩1択だな、ということ。訳は後述します。

 

ひとしきり炒めたら

f:id:kumasancook:20210517105759j:image

牛脂炒飯の完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210517105824j:image

仕上げに青ネギ散らしました。

本日の献立は

・牛脂炒飯

・かきたまワカメスープ

です!

 

とっても美味しそう。
f:id:kumasancook:20210517105856j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

美味い!美味いけど、独特!

f:id:kumasancook:20210517110002j:image

沙茶醤という調味料がとても新鮮です。

名前の通り、ジャスミン茶というか、中国茶っぽい香りがします。

ただ、嫌な感じではなく、香ばしくて牛肉によく合う感じです。

これは醤油とか使うと香りが喧嘩しそうなので、塩で味付け…というより沙茶醤の旨味を引き出すというイメージが正解かも。

 

肉ゴロゴロで嬉しいね。
f:id:kumasancook:20210517110215j:image

牛肉とご飯だと、にんにく、醤油、バターとかで味付けしたくなりますけど、これはこれでとても美味しい。

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓筋トレレシピでやってけば?という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング