くまさんの料理ブログ

週末になると愛する家族に美味しい料理をふるまいたい。そんなくまさんの料理ブログです。

海鮮すき焼き

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20191105145040j:image

 

どうも、くまさんです。

 

最近将棋が楽しいです。

 

最近まで、駒の動かし方を知ってる程度でちゃんと勉強したことが無かったのですが、ここ2年程、ネット将棋で毎日対局しつつ、本を買ったりして勉強しております。

 

今年の抱負はアマチュア初段達成だったのですが、3月頭にアマチュア3級に昇格して以降、長い足踏みをしております。もうかれこれ8ヶ月くらい。

 

気づけばもう11月。

 

初段かぁ…、遠いなぁ…。

 

今日は海鮮すき焼き、作っていきます!

 

■用意するもの

・具材

ぶりのサク…1つ

赤海老…10尾

ほたて貝柱…10個

大根…1/2本

エリンギ…2本

青ネギ…1束

 

・すき焼きのタレ

醤油…120ml

砂糖…大さじ4

みりん…60ml

日本酒…200ml

 

まずは海鮮具材を下拵えしていきます!

 

海鮮は刺し身用のものを使いましょう。

ぶりは塩締めにして※まぐろの塩締めの仕方
f:id:kumasancook:20191105145530j:image

その後で平作りにしていきます。f:id:kumasancook:20191105145818j:image

赤海老は、殻を向いて酒に漬けます(分量外)。f:id:kumasancook:20191105145905j:image

貝柱は切らずにそのまま盛り付けます。f:id:kumasancook:20191105145927j:image

海鮮具材の準備が出来ました!

 

お次は野菜です。

f:id:kumasancook:20191105145957j:image

大根は皮をむいて…

f:id:kumasancook:20191105150024j:image

3mm幅くらいで薄い輪切りにします。f:id:kumasancook:20191105150100j:image

千枚漬けの時みたいなイメージです。

 

エリンギも同じくらいの幅で切ります。
f:id:kumasancook:20191105150132j:image

青ネギは5cm幅くらいで切ります。f:id:kumasancook:20191105150208j:image

野菜の下拵え完了です!

f:id:kumasancook:20191105150230j:image

 

最後にすき焼きのタレを作ります!f:id:kumasancook:20191105150257j:image

調味料はこんな感じ。

f:id:kumasancook:20191105150332j:image

鍋に入れて煮立たせます。

f:id:kumasancook:20191105150411j:image

沸騰したら、すき焼き用鍋に入れます。

大根とエリンギも入れます。

f:id:kumasancook:20191105150515j:image

沸騰したら、青ネギと海鮮の具を入れて完成です!f:id:kumasancook:20191105150550j:image

半生位でも食べられるので好きなタイミングで。

 

生卵を溶いて…

f:id:kumasancook:20191105150630j:image

いざ、実食!!いただきます!

 

 

 

 

 

……

 

 

 

美味しいね!!

f:id:kumasancook:20191105150704j:image

甘辛いすき焼きのタレをまとった海鮮具材や野菜が卵でマイルドになって丁度良い!!f:id:kumasancook:20191105150759j:image

海老もプリプリです。

大根なんかは食べるタイミングで食感が変わって面白いです。

最初はシャクシャクでさっぱり。

最後の方はトロトロで味も染み込んで。

 

締めはうどんにしました。

f:id:kumasancook:20191105150945j:image

たっぷりの七味唐辛子と共に。f:id:kumasancook:20191105151002j:image

うん、すき焼きの締めはやっぱりうどんだな!!

 

 

美味しかった!!

 

美味しかった!!けど……

 

 

海鮮でやらなくても良かったかなぁー。

 

 

まぁ、変わり種のすき焼きということでお試しあれ。

 

人間よりは美味しかったよ!

 

 

 


↓正直でよろしい、と思った方は押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

生ハムユッケ丼

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆★★

 


f:id:kumasancook:20191104190137j:image

 

 

どうも、くまさんです!

 

先日、行ってまいりました!

f:id:kumasancook:20191104192731j:image

バンプオブチキンの東京ドームライブ!!f:id:kumasancook:20191104192752j:image

滅茶苦茶良かった!!

高校の頃から、ずっと好きだったバンドなのですが、今回のライブが一番良かった!!いや、人生で今まで見てきたライブの中での一番でした。

 

 

えぇ、ただの自慢です。

 

 

今日は生ハムユッケ丼を作っていくぜ!!

 

■用意するもの(2人分)

・生ハム…150g

・小ねぎ…適宜

・みりん…50ml

・チューブにんにく…小さじ2

コチュジャン…大さじ1

・ごま油…大さじ1

・煎りごま…適宜

・生卵…2つ

 

まずはね、みりんを煮切りましょう!

鍋にみりんを入れて煮ていきます。

f:id:kumasancook:20191104190808j:image

沸騰したら火を止めて…

f:id:kumasancook:20191104190851j:image

ボウルに入れて粗熱をとります。f:id:kumasancook:20191104190911j:image

常温で置いておきます。

 

次に食材を切っていきましょう!

f:id:kumasancook:20191104190735j:image

小ねぎは小口切りで。

f:id:kumasancook:20191104190957j:image

生ハムは5mm幅くらいで切っていきます。f:id:kumasancook:20191104191023j:image

先程の煮切ったみりんに入れます。f:id:kumasancook:20191104191109j:image

後は味付けです!

f:id:kumasancook:20191104191123j:image

今回はシンプル目にいきます。

コチュジャンがなければ焼き肉のタレでもOKです。

 

ボウルに入れて混ぜていきます。
f:id:kumasancook:20191104191157j:image

仕上げに煎りごまも入れて…

f:id:kumasancook:20191104191248j:image

これで完成!

f:id:kumasancook:20191104191306j:image

みりんで和らげてはいるものの、まだ少し塩気が強いので、生卵を1つ落としてかき混ぜて食べるのをオススメします。

 

 

盛り付けるとこんな感じ!
f:id:kumasancook:20191104190137j:image

本日の献立は

・生ハムユッケ丼

・海藻サラダ

・海老出汁のなめこと豆腐の味噌汁

です。

 

 

うーん、美味しそう!

f:id:kumasancook:20191104191518j:image

卵を崩して…

f:id:kumasancook:20191104191538j:image

いざ、実食!!いただきます!!

 

 

 

 

 

……

 

 

 

美味しい!

f:id:kumasancook:20191104191611j:image

ちゃんとユッケっぽく仕上がっております。

塩加減もまぁ、キツさはあまり感じません。

卵と混ざると、丁度良いですね。

シソとか、みょうがとか、薬味をたくさん入れても美味しそう。

 

あとね、これは丼じゃなくて酒のつまみの方が合ってるかなー。

味わい的にはチャンジャっぽいです。

生ハム独特の薫りが、アルコールと合いそう。

合わせるなら吟醸感の強い日本酒とか、良い気がします。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

 

 

↓日本酒よくわからないからって吟醸感とかいう言葉で誤魔化すなよ、と思った方は押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

くまさん料理ブログ人気レシピベスト5

f:id:kumasancook:20191105153816j:image

どうも!くまさんです!

 

くまさん料理ブログ、ひっそりと1周年を迎えました。

 

そのレシピ数も131になりました!

イェイ!!まぁまぁだね!!

ちなみにトップの画像はレシピのネタ帳の一部です。

 

というわけで、1周年記念企画!

くまさん料理ブログ人気レシピベスト5〜!!

 

1周年時点でのPV数上位5レシピを紹介いたします。

 

第5位!!バターチキンカレー!!

f:id:kumasancook:20191105154533j:image

バターチキンカレーってやっぱり難しそうなイメージありますけど、実はそんなことなくて。

パクチーが手に入ったら是非トライして欲しいレシピです。

 

続いて第4位!ヤンニョムセウ〜!!

f:id:kumasancook:20191105155140j:image

あー、美味しかった、美味しかった!

辛いもの好きな方は是非。

背わたはしっかり取りましょう。

 

第3位!!ガーリックシュリンププレート!

f:id:kumasancook:20191105160111j:image

これは自信作です!

言葉にしづらいんですが、作ればわかります!

海老が好きな方には是非!

 

第2位!究極のツナマヨサンド!!

f:id:kumasancook:20191105163802j:image

食べた時衝撃でしたね。

ツナマヨサンドなのに、凄くリッチな味わい。

少し手間はかかりますが、補って余りある味のパフォーマンスです。

 

そして映えある第1位は!欧風ビーフカレー!!

f:id:kumasancook:20191105164004j:image

やはりカレーですね!

案外欧風ビーフカレーのレシピって少ないんです。

横浜にある居酒屋さんのママに教えて頂いた、とても美味しいカレーなので是非作ってみてください。

 

というわけで、レシピベスト5でした!

 

 

くまさんは飽き性なんで、1年間やってこれた事、自分自身でも驚いております。ここまで続けてこられたのは、たまに跳ね上がるPV数(閲覧数)のお陰=皆様のお陰です。

 

そもそも週2回更新と、かなり限定的な運営をしてるわけですが、ブログ開設当初は誰も見に来ない日なんてのもザラにありました。

そうなるとブログやってる意味もよく分からなくなってくるのですが、とりあえず愚直に続けてきました。

 

すると、PV数もそれなりに伸びてくるのですが、何よりね、料理が確実に上達してくるんですよ。

いや、当たり前なのかも知れないんですけど。

継続は力なり、とはよく言ったもんだなぁ、と思います。今はYouTubeなんかで包丁の扱い方や魚の捌き方なんかいくらでも勉強できるので良い時代になりました。

もっともっと料理上手くなりたいです。

 

一応、表の目標は「書籍化」に設定してます。

いや!わかるよ!それを目指すにはあまりにお粗末なのは自覚してます!改善すべきところが多々あります。だから、ホント夢、です。

 

でも、それとは別に裏の目標がありまして。

くまさんには2歳の娘がおるんですが、この子が嫁に行く時に、レシピ集としてこのブログを渡せたら良いなぁ、と思っております。ブログにしておけばいつ死んでも、そこまでのレシピは残りますし!

娘が嫁に行けるかは知りませんけど。

 

そんなわけで、これからも、あくまで素人料理でしかないんですが、頑張って行くので応援よろしくお願いします。

 

 

↓仕方ねーな、応援してやるよ、という優しい方は押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

番々焼きそば

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆★★

 


f:id:kumasancook:20191103123215j:image

 

 

どうも、くまさんです!!

 

くまさんの学生時代のことなのですが、毎週土曜日の午後は部活動にいそしんでおりました。

で、部活の前に昼ご飯を食べるのですが、土曜日は学食が休みなんですね。

なんで、同じ部の友人と学校の近くにある「番々」というラーメン屋に行って食べるのが定番でした。

 

その「番々」がですね、とても美味しいんです。お世辞にも綺麗とは言えない店内なんですが、店の親父さんがタバコを吸いながら振るう鉄鍋で作られる品々はとても病み付きになる、美味しい料理ばかりでした。

今となっては閉店してしまって、どれだけ望んでも食べられないのが残念でなりません。

 

だから食べたい時はもう自分で作るしかないんですが、その番々の料理を再現しようとしても、上手く行きません。

 

毎回頑張ってみるのですが、多分永遠に追いつく事はない、一生続く試行錯誤のうちの一回を記事にします!

 

■用意するもの(2人分)

・カット野菜…1袋

・豚バラ肉…250g

・中華麺…2袋(太麺)

・チューブにんにく…小さじ1

・醤油…大さじ3

・酒…大さじ2

・創味シャンタン…大さじ1

・豆板醤…小さじ2

・はちみつ…大さじ1

・鶏ガラスープの素…小さじ1

・塩胡椒…適宜

・水…200ml

・片栗粉…大さじ1

 

 

というわけで材料はこちら!!f:id:kumasancook:20191103124638j:image

まずはバラ肉を切っていきます!f:id:kumasancook:20191103124731j:image

ざっくり5cm幅くらい。

 

そしたらごま油をひいたフライパンににんにくを。f:id:kumasancook:20191103124816j:image

お次に豚バラを入れて塩胡椒して中火で炒めます。f:id:kumasancook:20191103124849j:image

豚バラの赤みが少なくなってきたら野菜投入!
f:id:kumasancook:20191103124904j:image

野菜の水分を飛ばします。

 

んで、このタイミングで鍋でお湯を沸かします。
f:id:kumasancook:20191103125003j:image

中華麺を入れて茹でます。

f:id:kumasancook:20191103125035j:image

茹で上がったらザルで水をしっかり切ります。f:id:kumasancook:20191103125105j:image

 

いよいよ味付けをしていきます!
f:id:kumasancook:20191103124529j:image

調味料はこんな感じ!

f:id:kumasancook:20191103125144j:image

全部入れて絡めながら炒めましょう。

 

炒めたら火を止めて、水溶き片栗粉を入れます。
f:id:kumasancook:20191103125206j:image

入れてかき回した後は、混ぜながら再点火。f:id:kumasancook:20191103125305j:image

フツフツしてきたら出来上がりです!!

 

さらに中華麺を盛って…。
f:id:kumasancook:20191103125320j:image

餡を上からかけます!

f:id:kumasancook:20191103125355j:image

いわゆる餡かけ焼きそばです。

 

いやー!美味しそうです。
f:id:kumasancook:20191103125418j:image

いざ、実食!!いただきます!!

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 


f:id:kumasancook:20191103130409j:image

あー、やっぱり違うなぁ。

でも美味しいなぁ。

f:id:kumasancook:20191103125542j:image

外で食べる五目餡かけとはまた、少し違った醤油のコクが印象的な餡です。

麺にも容易く絡み、ペロリと食べられる一品です。

お子様にも喜んで頂ける感じです。

 

でも番々はこんなに上品な味じゃねぇ!!

もっとガサツで、ワイルドで、食べると3回に1回は腹壊すけど、舌と心にガッツリ記憶を残すとんでもない味だった!!

何回作っても上手くいかねぇなぁ。

 

 

人間より、美味しかったけど、やっぱ番々がいつまでも一番だな。

 

 

 

↓じゃぁこれ再現レシピじゃねーじゃん、と思った方は押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

ゴールデンコーラ

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆☆☆

 


f:id:kumasancook:20191102193145j:image

 

 

どうも、くまさんです!

 

いわゆる門外不出のレシピとして有名なのが、コカコーラ社のコーラのレシピですね。

コーラのレシピは「フォーミュラ」と呼ばれ、限られた人しか内容を知らないようです。

現在はコカコーラ博物館の金庫に保管され、未だに一般の人は見られないようです。

 

ここまで科学が発展した時代にレシピがわからないなんて、そんなことあるの?!と思ってしまいますが、なんともロマン溢れる話ではありませんか。

 

というわけで、今回はちょっと趣向を変えて、コーラを作っていきたいと思います!

 

■用意するもの

・砂糖…500g

・水…500ml

・レモン…1つ

・シナモンスティック…2本

クローブ…3g

・カルダモン…2g

・バニラビーンズ…1本

 

材料はこちら!

f:id:kumasancook:20191102193516j:image

スパイス類はカレーで使う用にとアマゾンで購入いたしました。

 

まずはレモンをカットしていきます!f:id:kumasancook:20191102193617j:image

今回は海外産のレモンなので皮を剥きました。

でも国産無農薬のレモンの場合、皮ごと入れた方が香りが良くなります。

 

鍋に水を入れ、レモンを投入。
f:id:kumasancook:20191102193717j:image

スパイスも入れていきます。

シナモンは折ってから入れます。

f:id:kumasancook:20191102193850j:image

そこに砂糖を入れます。凄い量だわ…。f:id:kumasancook:20191102193757j:image

そしたら鍋を火にかけていきます。f:id:kumasancook:20191102193945j:image

ゆっくりかき混ぜながら沸騰させていきます。f:id:kumasancook:20191102194014j:image

ふちがグツグツしてきたら火を止めます。f:id:kumasancook:20191102194037j:image

そのまま3時間程置きます。

 

あまり放置すると苦味が強くなります。

それはそれで大人の味で良いのですが。
f:id:kumasancook:20191102194100j:image

そしたらザルで濾していきます。f:id:kumasancook:20191102194148j:image

黄金色のコーラシロップができました!f:id:kumasancook:20191102194217j:image

消毒した容器に移し替えましょう。

 

 

グラスに氷を入れ、シロップを注ぎます。f:id:kumasancook:20191102194316j:image

炭酸水を注ぎます。

f:id:kumasancook:20191102194343j:image

これで出来上がり!

甘めが好きな方はシロップと炭酸水を1:3で。

さっぱり系が好きな方は1:4くらいがオススメです。

 

うーん、なんだか高貴な飲み物。
f:id:kumasancook:20191102194438j:image

いざ、実飲!!いただきます!

 

 

 

 

……

 

 

?!

 

 

うーん。

コカコーラのあの味のイメージとは違いますな。

でも何に近いかと言えばコーラ。

 

レストランとかで

 

「こちら滋賀県産の天然物のコーラになります」

 

とか言われたら

 

「おぉ…さすが天然物。養殖と違ってスパイスの香りが強く、口の中を爽やかに駆け抜けますね…」

 

とか訳のわからない返しをしてしまいそうな感じです。

 

とりあえず、作ってみるのは面白いです。

コーラってスパイスのジュースだったんだー、っていうのが理解できるかと思います。

お酒と割るのも合いそうです。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓なぜ滋賀県産という設定をしたかわかった方は押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

ルンダン〜世界一美味しいカレー再び〜

手間  ☆☆☆☆★
難しさ ☆☆☆★★
ご馳走度☆☆☆☆☆

 


f:id:kumasancook:20191023131541j:image

 

どうも!くまさんです!!

 

アメリカのCNNの発表した世界の料理ランキングって毎年やってるみたいなんですが、マッサマンカレーの牙城を崩したカレーが存在しました。それが「ルンダン」というカレーです。

※現在はどうやらマッサマンカレーが首位返り咲きのようです。

※ネット情報なので、いつのタイミングのランキングがどうなっているか、調べたのですがよくわからなかったので、適当に聞き流して下さい。

 

ルンダンは、牛肉などをココナッツミルクと香辛料で長時間炒めた、インドネシア西スマトラ州の郷土料理だそうです。なるほど、インド系じゃないから牛肉が使えるっちゅーことですね。

 

湿度が高く、熱帯気候の郷土料理の為、日持ちのする料理として、ルンダンは作られたようで、カレーというよりも、カレー風味の佃煮という方が近いようです。へー、そーなんだ。

 

というわけで、今日はルンダンを作っていきます!!

 

↓歴代カレーリスト↓

世界一美味しいカレー

本格インド風チキンカレー

適当カレー

失敗しないキーマカレー

バターチキンカレー

牛すじカレー

ポークビンダルーカレー

欧風ビーフカレー

ブイヤベースシーフードカレー

ピーナッツバターカレー(コルマカレー)

サーモンカレー

角煮パインカレー

中華風カレー

 

 

■用意するもの(6皿分)

・牛ステーキ肉…700g

・玉ねぎ…3個

・ココナッツミルク…400g

・S&Bケララカレー手作りカレーセット…1箱

・S&Bカレー粉…大さじ1

・チューブにんにく…大さじ1

・チューブしょうが…大さじ1

・チューブパクチー…大さじ1

・クミンパウダー…小さじ2

・はちみつ…小さじ2

・塩胡椒…適宜

 

というわけでまずは玉ねぎ!

f:id:kumasancook:20191023145539j:image

皮を剥いてすりおろしていきます!f:id:kumasancook:20191023145602j:image

凄く疲れますが、美味しいカレーの為です…。f:id:kumasancook:20191023145624j:image

全部すりおろしました。

f:id:kumasancook:20191023145640j:image

すりきれなかった部分も出来るだけ細かくします。f:id:kumasancook:20191023145715j:image

すりおろし玉ねぎと一緒にボウルに入れます。

 

お次はステーキ肉を切っていきます!f:id:kumasancook:20191023145750j:image

今回はアメリカ産の割と安い牛肉です。

700gで1600円くらい。

f:id:kumasancook:20191023145818j:image

大体4cm角くらいのイメージです。f:id:kumasancook:20191023145858j:image

下拵え終了です!!

 

 

今回はスパイスを色々炒めるんですが、1つずつ買うのはあまり経済的では無いので、S&Bのケララカレーを使います!

f:id:kumasancook:20191023150021j:image

スーパー等で割と手に入りやすいです。

 

ケララカレーからブイヨンと辛味スパイスを抜き

f:id:kumasancook:20191023150045j:image

上記の調味料で作っていこうと思います。

辛味スパイスを抜いたのは娘くまの為なので大人な方は全然入れちゃってOKです!

 

まずは鍋にオリーブオイルをひいてf:id:kumasancook:20191023150320j:image

チューブにんにく、しょうが、パクチーを投入。f:id:kumasancook:20191023150349j:image

さらにケララカレーの炒め用スパイス、クミンパウダーを入れます。

f:id:kumasancook:20191023150455j:image

これらを中火で焦がさないよう炒めます。f:id:kumasancook:20191023150523j:image

香りが立ってきたら玉ねぎ投入!

f:id:kumasancook:20191023150543j:image

ここでカレー粉も入れます。

f:id:kumasancook:20191023150648j:image

 

で、ケララカレーに入っている煮込み用スパイス。f:id:kumasancook:20191023150720j:image

中身は胡椒、唐辛子、ローレル、シナモンです。

これをお茶用パックに入れます。f:id:kumasancook:20191023150805j:image

こいつも鍋に投入!

f:id:kumasancook:20191023150825j:image

煮詰めて、匙で引っかき、割れる様になったらf:id:kumasancook:20191023150901j:image

こいつらを入れていきます。

f:id:kumasancook:20191023150921j:image

ココナッツミルクと…

f:id:kumasancook:20191023150940j:image

はちみつです!お砂糖大さじ1でも良いです。f:id:kumasancook:20191023151006j:image

クツクツ煮立ってきたらお肉を入れます!f:id:kumasancook:20191023151019j:image

ぐるぐるかき混ぜます。

f:id:kumasancook:20191023151101j:image

 

5分程煮詰めたら
f:id:kumasancook:20191023151241j:image

ケララカレーのカレールーを入れます。f:id:kumasancook:20191023151303j:image

これであとはじっくり2時間煮込みましょう!

 

はじめは30分おきにグルリ。

残り1時間になったら15分おきにグルリ。

残り30分になったら3分おきにグルリ。

なかなか面倒ですが、肉をホロホロにしましょう。

 

これが2時間煮詰めたところです。
f:id:kumasancook:20191023151532j:image

液体感は無いです。

 

で、一晩置いて、翌日温め直したのがこちら。f:id:kumasancook:20191023151624j:image

最後に味見をしながら塩胡椒で味を整えましょう。

 

盛り付けたら出来上がり!!

f:id:kumasancook:20191023151657j:image

今日の献立は

・ルンダン

・マカロニサラダ

・壷ニラ

です!

 

絶対美味いわ。
f:id:kumasancook:20191023151741j:image

いざ、実食!!いただきまぁす!!

 

 

 

 

 

……

 

 

 

美味ぇ!!さすが世界一だわ。f:id:kumasancook:20191023151836j:image

もうね、芳醇なスパイスとココナッツミルクのまろやかさとコクが手を組んで、無敵感が半端ない。

あ、やべぇ、殺される、と思って後ろを見たら、玉ねぎの甘みと牛肉が手を組んで退路を断っているわけです。

もう、味の洪水の溺れてしまうくらい。

とにかく美味い。

世界一と言われても納得する。f:id:kumasancook:20191023152658j:image

お肉もこんなにホロホロです。

ガス代の請求が怖い。

 

正直、くまさんのレシピとしては今回カレールーを使った事で少し味を重くしすぎた感があります。

カレールーの代わりにカレー粉と酒と鶏ガラスープの素を使って、ココナッツミルクを半分にした方がもっとストレートに旨味が伝わった気がします。

改善の余地有りなんで、殿堂入りは保留!!

 

でもね、人間より美味しかったよ。

 

↓そこまで言うならルンダンつくってみよーかなー、という方は押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

牛のたたき

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 



f:id:kumasancook:20191022191411j:image

 

どうも!くまさんです!

 

本日、くまさん一家は長野県に来ております。

f:id:kumasancook:20191026153105j:image

善光寺ドラクエウォークのお土産のそばスライムを手に入れてきました。

f:id:kumasancook:20191026153329j:image

お土産機能は楽しいです。

ドラクエウォークを旅先でやるのも楽しいです。

 

そんなわけで、本日は旅行先なんで、料理をするわけではないのですが、ちゃんと更新の準備はしておいたんです!!

 

というわけで今回は、ストックから一本。

牛のたたきです!

※生食にはリスクが伴いますので自己責任でお願いします。

 

■用意するもの(2人分)

牛もも肉ブロック…400g

塩胡椒…適宜

チューブにんにく…適宜

 

 

今回の食材はこちら!!
f:id:kumasancook:20191022191540j:image

肉のハナマサで安く買えた牛ももブロックです。

オージービーフなんですけど、牛のたたきは赤身の旨さを味わう料理なんで、全然いけるでしょう!

 

 

というわけで塩胡椒を満遍なく振った後
f:id:kumasancook:20191022191718j:image

表面にチューブにんにくを刷り込んでいきます。

f:id:kumasancook:20191022191808j:image

ビニール袋なり、手袋なりしないと手に2日間は取れない、にんにく臭が残るので工夫しましょう。

 

そしたらキッチンペーパーに二重に包んで
f:id:kumasancook:20191022192017j:image

室温で1時間ほど置きます。

※夏場は涼しいところで!

 

1時間置いて肉が馴染んだら
f:id:kumasancook:20191022191918j:image

下拵え完了です!

 

 

フライパンにごま油をひいて

f:id:kumasancook:20191022192214j:image

中火にして、フライパンが温まったら肉投入!f:id:kumasancook:20191022192239j:image

各面に1分ずつ火を入れていきます。f:id:kumasancook:20191022192302j:image

全部の面を丁寧に熱しましょう。

トングを使うのがオススメです。f:id:kumasancook:20191022192330j:image

しっかり各面焼けたら…

 

冷水(氷水)に入れて粗熱を取ります!
f:id:kumasancook:20191022192351j:image

20秒ほどで引き上げます。

f:id:kumasancook:20191022192436j:image

キッチンペーパーで水分をしっかり拭き取ります。f:id:kumasancook:20191022192457j:image

水分が取れたら切り出していきます!

 

ここで豆知識なのですが、買ってきたばかりの新鮮なお肉なのに、なんだかくすんだ茶色をしてることってありませんか?

もしくはローストビーフや牛のたたきを切り出した時に、肉の色が紫色であまり美味しそうに見えなかったり…。

 

実はお肉は空気に触れると酸化して赤くなります。

つまり、真っ赤なお肉というのは空気に触れて酸化しているが故なのです。

高級な真空パックの生肉とかだと肉の色は赤ではなく茶色いです。

これはつまり、酸化していないからなんですね。

つまり、赤い肉より新鮮とも言えるでしょう。

 

逆に切り出した牛のたたきがあまり美味しそうな色でない場合は、空気に触れさせて、酸化させればよいのです。

 

こんなふうに!

f:id:kumasancook:20191022192520j:image

料理は見栄えも大事ですからね。

 

 

盛り付けたら完成です!

f:id:kumasancook:20191022191411j:image

本日の献立は

・牛たたき肉

・きゅうりの浅漬け

・麦入りご飯

・豆腐とわかめの味噌汁

です!

 

牛たたき肉はしょうが醤油とわさび醤油にしました!

 

美味そー!!
f:id:kumasancook:20191022191359j:image

では、いざ、実食!いただきます!

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

生肉うめぇ!!

f:id:kumasancook:20191022193508j:image

にんにくが香り、臭みのない牛の赤身が口内を艶かしく駆け巡ります。

もう、生肉を食べてる喜びをガツンと味わえます。

流石に、娘くまには食べさせませんでしたが(お父さん特製チャーハンで誤魔化しました)もう別にお腹壊しても良いくらいの美味しさ。

 

これは…友人からいただいた、アレを出そう!f:id:kumasancook:20191022193831j:image

越乃寒梅の別撰です!

 

オラァ!!
f:id:kumasancook:20191022194038j:image

美味い料理には美味い酒が合います…。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

善光寺、良いよね!という方は押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング