くまさんの料理ブログ

週末になると愛する家族に美味しい料理をふるまいたい。そんなくまさんの料理ブログです。

くまさん流アマトリチャーナ

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆★★★

 


f:id:kumasancook:20210112140053j:image

 

 

どうも!くまさんです。

 

今日作るアマトリチャーナはイタリアはローマの料理になります。これも作り方とか食材とか色々な論争がありまして、各家庭、レストランでも作り方が結構違うようです。

 

ただ、食材として外せないのが

・グアンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)

・トマト

・ペコリーノロマーノ(羊の乳のチーズ)

だそうです。

 

うーーーーん…。

グアンチャーレは結構独特のクセが強くてあまり個人的には好きではないし、手に入りにくい…。ペコリーノロマーノも、パルメザンと比べるとクセがあり、これも手に入りにくい…。

 

というわけで、グアンチャーレは同じ塩漬け肉でも、バラ肉のパンチェッタに代えて、チーズもパルメザン(例の緑の奴)にしたら作りやすいし、食べやすそう!

 

くまさん流アマトリチャーナ、作っていきます!

 

 

■用意するもの(2人分)

玉ねぎ…中1個

にんにく…3片

ホールトマト…1缶

パンチェッタ…85g(ベーコンでも可能)

塩胡椒…適宜

スパゲッティーニ…200g

塩…適宜

 

 

というわけで、材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210112140318j:image

まずは玉ねぎから切っていきます。

f:id:kumasancook:20210112140338j:image

上下端部を切り落とし、真っ二つにします。

f:id:kumasancook:20210112140402j:image

皮を取り除いて…

f:id:kumasancook:20210112140414j:image

芽の根っこはV字カットします。

f:id:kumasancook:20210112140435j:image

そしたら薄切りに

f:id:kumasancook:20210112140447j:image

今回くまさんは側面にまな板と平行に切れ込みを入れてからカットしてます。

f:id:kumasancook:20210112140520j:image

そうすると面積が大きい玉ねぎが減ります。

別に好きに切っちゃえば良いです。

ただ、火を入れやすくする為に、薄めにスライスがオススメです。

 

お次はにんにく!

f:id:kumasancook:20210112140620j:image

根っこを切り落とし…

f:id:kumasancook:20210112140633j:image

包丁の腹で皮ごと潰します。

f:id:kumasancook:20210112140649j:image

にんにくの中の芽は取り除きます。

f:id:kumasancook:20210112140706j:image

後は粗みじんにします。

f:id:kumasancook:20210112140720j:image

にんにくの芽は繊維質なので焦げやすいから取り除きますが、別に入っててもあんまり味は変わりません。

 

というわけで

f:id:kumasancook:20210112140759j:image

下拵え完了!

f:id:kumasancook:20210112140810j:image

これより調理していきます!

 

まずはフライパンを中火にして

f:id:kumasancook:20210112141007j:image

温まったら、パンチェッタを投入!

f:id:kumasancook:20210112141027j:image

これをカリカリになるまで熱します。

f:id:kumasancook:20210112141046j:image

パンチェッタから出てくる油が少なければ

f:id:kumasancook:20210112141116j:image

オリーブオイルを少し足しましょう。

オイルに豚肉の旨味を溶かしていきます。

 

パンチェッタがカリカリになったら
f:id:kumasancook:20210112141154j:image

玉ねぎを投入します。塩胡椒も忘れずに!

f:id:kumasancook:20210112141222j:image

後はざっと炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210112141239j:image

オイルが足りなければ都度足していきます。

f:id:kumasancook:20210112141258j:image

こんな感じで玉ねぎがクタクタになるまで

f:id:kumasancook:20210112141323j:image

炒めたら一旦火を止めて、パスタを茹でていきます。

 

鍋に水を張って2%の塩を入れます。

f:id:kumasancook:20210112140842j:image

目安はスープとして飲めるくらいの濃さです。

 

沸騰したらパスタを入れていきます。
f:id:kumasancook:20210112140924j:image

ばさっと。

f:id:kumasancook:20210112141358j:image

これで表示時間通りに茹でます。

f:id:kumasancook:20210112141414j:image

そしたら先程のフライパンを中火で再点火して

茹で汁を加えて、フライパンの側面を洗います。

f:id:kumasancook:20210112141501j:image 

旨味成分をお湯で溶いて、食材に還元するのをデグラッセと言います。覚えなくて良いけど。

 

デグラッセしたらホールトマトを入れます。
f:id:kumasancook:20210112141549j:image

中火でひたすら炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210112141627j:image

これも10分くらい炒めると味が凝縮されます。

f:id:kumasancook:20210112141658j:image

こんな感じになるころに茹でたパスタを投入!

f:id:kumasancook:20210112141717j:image

混ぜながら炒めます。

f:id:kumasancook:20210112141739j:image

最後に味見しながら塩胡椒で味を整えたら

f:id:kumasancook:20210112141802j:image

これにて完成です!

f:id:kumasancook:20210112141814j:image

うん、よく絡まりました。

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210112141836j:image

シンプルなトマトパスタって感じですが

f:id:kumasancook:20210112141917j:image

粉チーズをかけていざ、実食!いただきます!!

ペコリーノチーズはないのでパルメザンですが。

 

 

 

 

……

 

 

 

うんま!!

f:id:kumasancook:20210112142057j:image

ちょっとビックリしました!

シンプルなんだけど、「素材の味」というか、しっかり生きててとっても美味しいです。ペペロンチーノを食べた時の感動に近い、というか。

玉ねぎのよく炒めた旨味が、パンチェッタのコクと合わさって、トマトを極上のソースに仕立て上げてます。うわ、塩胡椒の味付けとは思えん。

これ、グアンチャーレで作る意味が良くわかります。素材の良さがダイレクトに反映されるんだから、野趣味のある食材も相性良さそう。

んー、でもパンチェッタ+パルメザンチーズも美味しかったし、家庭で作るとしたらこれでも全然良さげです。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

↓、という方は応援ボタン押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

ぶりの唐揚げ

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆☆★★
ご馳走度☆☆☆★★

 


f:id:kumasancook:20210112133954j:image

 

 

どうも、くまさんです!!

 

冬は、ぶりが美味しい季節です。

この時期のぶりは脂も乗っているので色んな料理に使えるし、養殖ものだと割と安価で手に入るので、便利な食材でもあります!

 

最近は緊急事態宣言や年末年始の影響も相まって、スーパーの食材自体の値段が高騰しているので、安価な食材は大事です!!

 

というわけで、本日はぶりの唐揚げを作っていきます!

 

 

■用意するもの(2人分)

ぶりの切り身…3切れほど

醤油…50cc

酒…50cc

みりん…50cc

チューブにんにく…小さじ2

片栗粉…適宜(大さじ6くらい)

ごま油…適宜

 

 

というわけで本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210112134200j:image

冬はぶりが美味しいですね。

スーパーにあるごく普通な切り身です。

 

これを切り出していきます。
f:id:kumasancook:20210112134229j:image

その前に、手で触ってわかる骨は抜きます。

f:id:kumasancook:20210112134255j:image

鱗の処理もきちんとされているか確かめます。

もし残っている場合は包丁でしごいて取ります。

 

そしたら一口大に切っていきます。

f:id:kumasancook:20210112134319j:image

この時点で骨が出てきたらそれも取り除きます。

f:id:kumasancook:20210112134421j:image

そしたら調味料を準備します。

f:id:kumasancook:20210112134438j:image

 

ジップロックに醤油50cc
f:id:kumasancook:20210112134514j:image

お酒を50cc

f:id:kumasancook:20210112134533j:image

みりんを50cc

f:id:kumasancook:20210112134549j:image

にんにくチューブを小さじ2程度

f:id:kumasancook:20210112134612j:image

そこにぶりを投入します。

f:id:kumasancook:20210112134630j:image

そしたらよく揉み込んで、空気を抜いて

f:id:kumasancook:20210112134653j:image

1時間ほど漬けておきます。

 

1時間経ったら、キッチンペーパーにあけて

f:id:kumasancook:20210112134733j:image

余分な水分を拭き取ります。

 

そしたらビニール袋に片栗粉を入れて…

f:id:kumasancook:20210112134805j:image

ぶりも入れます。

f:id:kumasancook:20210112134823j:image

そんで思いっきりシャッフル!!

f:id:kumasancook:20210112134841j:image

すると、片栗粉をまとった状態になります。

f:id:kumasancook:20210112134904j:image

これで下準備オッケー。

 

ごま油を小鍋に1cmほどの深さになるように張り

f:id:kumasancook:20210112134940j:image

強火にして180℃くらいにします。

f:id:kumasancook:20210112135008j:image

菜箸を突っ込んでシュワシュワ空気が出てきたら

f:id:kumasancook:20210112135037j:image

ブリを、一つずつ丁寧に入れて揚げます。

f:id:kumasancook:20210112135107j:image

1分ほどしたらひっくり返します。

f:id:kumasancook:20210112135133j:image

大きさにも寄るのですが2分くらいであげます。

中まで火が入ってるかは確認しましょう!

f:id:kumasancook:20210112135333j:image

あんまり長く揚げても身が固くなります。

f:id:kumasancook:20210112135350j:image

揚げたらキッチンペーパーで油を切ります。

f:id:kumasancook:20210112135413j:image

良い感じです!

これにて完成です。

 

盛り付けるとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210112133954j:image

本日の献立は

・ぶりの唐揚げ

・モツ煮込み

・明太子

・白米

です!

 

うーん、なかなか良きビジュアル。

f:id:kumasancook:20210112135524j:image

レモンを絞って

f:id:kumasancook:20210112135537j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うん、美味しい!!

f:id:kumasancook:20210112135601j:image

ぶりの身が外はサクサク、中はぷりぷりでとっても美味しいです!

冬のぶりは脂が乗っているので、揚げ物にしてもジューシーで美味しいですねぇ。

魚好きのくまさんはあまり気にならないのですが、にんにくと同量しょうがを入れたら、より臭みが無くなって良かった気がします。

 

下味しっかりついてますが、ポン酢もオススメ。

f:id:kumasancook:20210112135804j:image

さっぱりしてて、これも美味しいです。

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

 

↓油物は後片付けが面倒くさいから揚げ焼き派、という方は応援ボタン押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

欧風ビーフカレー

手間  ☆☆☆☆★
難しさ ☆☆☆★★
ご馳走度☆☆☆☆☆

 


f:id:kumasancook:20210104145858j:image

 

どうも!くまさんです!!

 

おせちも良いけどカレーもね!!ということで今回は久しぶりのカレー回になります!

 

カレーレシピで、10以上レシピを挙げているので段々作れるものが少なくなってきたとはいえ、今回は王道の欧風ビーフカレーです!

 

それでは作っていきます!!

 

 

■用意するもの(6皿分)
玉ねぎ…3.5個
牛肉…250g(ステーキ用)
マッシュルーム…8個程度
りんご…1個
塩胡椒…適宜
チューブにんにく…小さじ1
チューブしょうが…小さじ1
水…600cc
S&Bディナーカレー中辛…6ブロック
S&Bカレープラスフォンドボー…1袋
ウスターソース…大さじ1

 

本日の材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210104151003j:image

f:id:kumasancook:20210104151013j:image

というわけでね、まずは玉ねぎから!

f:id:kumasancook:20210104151055j:image

両端部を落として、半分に割ります。

f:id:kumasancook:20210104151120j:image

んで根っこをVの字に取り除き、皮を剥きます。

f:id:kumasancook:20210104151145j:image

余っていた玉ねぎ全部使ったので3.5個分です。

f:id:kumasancook:20210104151213j:image

これを薄くスライスしていきます。

f:id:kumasancook:20210104151445j:image

全部!!スライスに!!

f:id:kumasancook:20210104151316j:image

うぉぉぉぉぉ!!!

f:id:kumasancook:20210104151518j:image

というわけで号泣しながら切り終わりました。

f:id:kumasancook:20210104151538j:image

炒めちゃうと大した量じゃないんですけどね。

 

お次は肉です。
f:id:kumasancook:20210104151631j:image

ステーキ用肉を適当な大きさに切ります。

f:id:kumasancook:20210104151702j:image

大体一口大になるように。

f:id:kumasancook:20210104151746j:image

全体に塩胡椒しておきましょう。

 

そしたらお次はりんご!

f:id:kumasancook:20210104151817j:image

4分割して…

f:id:kumasancook:20210104151831j:image

種の部分を取り除いたら

f:id:kumasancook:20210104151845j:image

皮ごと擦り下ろします。

f:id:kumasancook:20210104151906j:image

1個分全部擦り下ろしました!

f:id:kumasancook:20210104151937j:image

このりんごが結構大事なアクセントです。

 

最後にマッシュルームを洗って切り出します。
f:id:kumasancook:20210104152003j:image

適当な厚さでスライスします。

f:id:kumasancook:20210104152031j:image

食感を残るので6mm〜8mm厚がおすすめ。

f:id:kumasancook:20210104152125j:image

こんな感じです!

 

そしたら飴色玉ねぎを作っていきます。

1時間程度炒めていくのでお覚悟あそばせ!!

 

フライパンにオリーブオイル(分量外)大さじ1
f:id:kumasancook:20210104152333j:image

そこに玉ねぎを入れて強めの中火にします。

f:id:kumasancook:20210104152417j:image

水分出す為の塩胡椒も忘れずに振ります。

f:id:kumasancook:20210104152439j:image

後はひたすら炒めます。

f:id:kumasancook:20210104152459j:image

ジュワジュワ言ってる間は強気で炒めます。

f:id:kumasancook:20210104152829j:image

10分程でこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210104152845j:image

これくらいになるとパチパチ言ってくるので、全集中です。

f:id:kumasancook:20210104152909j:image

水分が飛んだと思ったら、水を300cc位追加!

f:id:kumasancook:20210104152943j:image

これで水分が飛ばない間はそうそう焦げません。

f:id:kumasancook:20210104153012j:image

30分くらいするとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210104153027j:image

また水を足していきます。

f:id:kumasancook:20210104153043j:image

ひたすらこれの繰り返しです。

f:id:kumasancook:20210104153111j:image

40分以上続けると

f:id:kumasancook:20210104173629j:image

良い感じの色になってきました。

多少の焦げ目は気にしないでいきましょう!

f:id:kumasancook:20210104173746j:image

一時間炒めたら、チューブにんにく小さじ1

f:id:kumasancook:20210104173805j:image

チューブしょうがを小さじ1入れます。

f:id:kumasancook:20210104173854j:image

全体を混ぜ合わせておきます。

f:id:kumasancook:20210104173910j:image

火を止めて休ませときましょう。

 

ここでお肉を焼いていきます。

フライパンにオリーブオイル(分量外)を小さじ1f:id:kumasancook:20210104173955j:image

強火にしたら肉投入!

f:id:kumasancook:20210104174035j:image

炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210104174050j:image

裏表焼いたら

f:id:kumasancook:20210104174116j:image

別皿に移し替えておきます。

 

さて、飴色玉ねぎに戻って、中火にしたら

擦り下ろしりんごを投入!

f:id:kumasancook:20210104174224j:image

お次にマッシュルーム投入!

f:id:kumasancook:20210104174305j:image

最後に肉投入!

f:id:kumasancook:20210104174320j:image

これで炒めていきます!

f:id:kumasancook:20210104174334j:image

3分程火を入れたら水600cc入れます。

f:id:kumasancook:20210104184013j:image

グツグツ煮込みます。

 

今回使うルーはエスビー食品

・ディナーカレー中辛

・フォンドボー

です。

f:id:kumasancook:20210104184143j:image

欧風カレーを作る上ではフォンドボーが欠かせないのですが、よく見るとディナーカレーにフォンドボー入りって書いてありましたね。

まぁ、良いか!!

 

というわけでカレールーをまず4ブロック投入。

f:id:kumasancook:20210104184357j:image

そしてフォンドボーを一袋入れます。

f:id:kumasancook:20210104184419j:image

これで煮込みます。

f:id:kumasancook:20210104184458j:image

味見をしてウスターソースを大さじ1入れます。

f:id:kumasancook:20210104184537j:image

うーん、ちょっとシャバシャバ目なので、追加でカレールーを2ブロック入れました。

f:id:kumasancook:20210104184609j:image

合計6ブロックです!

これで味が決まりました!

ルーに記載されてる水分量通りに作ったつもりが、擦り下ろしりんごや、玉ねぎの水分で少しルーが足りなかったみたいです。

 

食べる前日の夜に作ったので一晩寝かせて…

f:id:kumasancook:20210104184736j:image

温め直したら完成です!!

うーん良い匂い!!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210104184802j:image

本日の献立は

・欧風ビーフカレー

・昨日の残りの豚汁

・サラダ

です!

 

これは上手くいったでしょう!!

f:id:kumasancook:20210104184851j:image

フライドオニオンとパセリをかけて…

いざ、実食!いただきます!

 

 

 

 

……

 

 

 

あー!!!欧風!!美味い!!

f:id:kumasancook:20210104184945j:image

玉ねぎ炒めたかいがあったよ…。

玉ねぎの甘みとりんごの甘みにスパイシーなフォンドボールーが相まってとても素晴らしいカレーになってます!!

赤ワインとか入れるともっと本格的になりそう。

でも、これはこれで美味しい!!

たまーに欧風ビーフカレー食べたくなるので、その時はまた玉ねぎがっつり炒めようと思います。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

↓フォンドボー使うのがズルい、という方は応援ボタン押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

豚汁

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210104130841j:image

 

どうも!くまさんです。

 

くまさん個人的に豚汁って、元々あんまり魅力的に感じなかった料理なんですよ。

それが一変した出来事がありまして。

小学生の頃、真冬にサッカーの練習をしていた時に、保護者が差し入れで作ってくれた豚汁が滅茶苦茶美味しかったんですよね。

冷えきった中で、紙コップに入れてもらった豚汁がとても暖かくて、忘れられない味になりました。

食べ物って食べるシチュエーションがかなり大事だと思います。

 

というわけで、豚汁、作っていきます!

 

■用意するもの(2人分)
豚肉…300g(しゃぶしゃぶ用)
塩胡椒…適宜
大根…1/2
人参…1本
ごぼう…1/2本
こんにゃく…1つ(130g程度)
水…1000cc

酒…50cc
みりん…50cc
白だし…50cc
味噌…大さじ4

 

材料はこんな感じ。
f:id:kumasancook:20210104131201j:image

豚バラを使うレシピが多いのですが、年末年始暴飲暴食の限りを尽くしたので、しゃぶしゃぶ用のロース肉を使ってます。

脂の量よりも肉が薄い事が大事です。多分。

 

まず、大根切っていきます!
f:id:kumasancook:20210104131316j:image

使うのは1/2で、それをさらに1/3程度に切り分け

f:id:kumasancook:20210104131346j:image

桂剥きで皮を剥いていきます。

f:id:kumasancook:20210104131420j:image

皮剥けました。

f:id:kumasancook:20210104131435j:image

そしたら縦に半分に切り

f:id:kumasancook:20210104131459j:image

切断面を下にして更に縦一刀。

f:id:kumasancook:20210104131523j:image

後は6mm幅くらいで銀杏切りにします。

f:id:kumasancook:20210104131547j:image

ざっとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210104131602j:image

 

そしたらお次は人参です。

f:id:kumasancook:20210104131627j:image

ピーラーで皮を剥いて

f:id:kumasancook:20210104131640j:image

半分にします。

f:id:kumasancook:20210104131655j:image

そしたら大根と同じく縦に切って

f:id:kumasancook:20210104131706j:image

切断面を下にして4mm幅くらいで銀杏切りです。

f:id:kumasancook:20210104131756j:image

人参の方が火が入りにくいので、薄くしました。

f:id:kumasancook:20210104131822j:image

こんな感じ。

 

ごぼうは皮をアルミホイルで洗っておきます。f:id:kumasancook:20210104131844j:image

そしたら斜めに輪切りにします。

f:id:kumasancook:20210104131906j:image

こんな感じ。

f:id:kumasancook:20210104131929j:image

切ったらアク抜きで水にさらしておきましょう。

 

こんにゃくは今回小さい130gのものを使います。

水を張りレンジで600wで2分くらいチンします。
f:id:kumasancook:20210104131953j:image

チンするとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210104132041j:image

こんにゃくのアク抜きはこれで済ませます。

f:id:kumasancook:20210104132057j:image

水気を切ったらスプーンで一口大に。

f:id:kumasancook:20210104132119j:image

これにて野菜の下拵え完了です!

f:id:kumasancook:20210104132134j:image

お肉には表面にしっかり塩胡椒しておきます。

f:id:kumasancook:20210104132200j:image

そして調味料も準備しておきます。

f:id:kumasancook:20210104133029j:image

さぁ、調理していきます!

 

まずは深めの鍋にごま油(分量外)を大さじ1

f:id:kumasancook:20210104132235j:image

中火にして、ごぼうを投入します。

f:id:kumasancook:20210104132250j:image

ごぼうは炒めると旨味が増す気がします。

f:id:kumasancook:20210104132316j:image

焼き目をつけるくらいのイメージです。

 

ごぼうに少し焼き目がついてきたら豚肉投入!
f:id:kumasancook:20210104132402j:image

ほぐしながら炒めます。

f:id:kumasancook:20210104132434j:image

こうやってしっかり炒めるのが大事だと思う!

f:id:kumasancook:20210104132525j:image

豚肉を炒めたら大根、人参投入!

f:id:kumasancook:20210104132602j:image

こんにゃくも投入!

f:id:kumasancook:20210104132626j:image

絶対を混ぜ合わせたら

f:id:kumasancook:20210104132639j:image

蓋をして、弱火に落として煮込みます。

f:id:kumasancook:20210104132702j:image

焦げ付きだけ注意してください。

まぁ、野菜から水分出るので弱火なら20分くらい放置しても大丈夫だと思いますが。

 

20分経つとこんな感じ。
f:id:kumasancook:20210104132743j:image

そこに水を1000ml(1リットル)入れてください。

f:id:kumasancook:20210104132824j:image

さらに酒50cc

f:id:kumasancook:20210104132907j:image

みりんを50cc

f:id:kumasancook:20210104132957j:image

白だしを50cc投入します。

f:id:kumasancook:20210104133131j:image

そして蓋をしてまた弱火で煮込みます。

f:id:kumasancook:20210104133153j:image

10分〜20分くらいです。

そして、すぐ食べないのであればこの状態で寝かせます。

出汁を食材がよく吸うので個人的には1時間以上置いたほうが美味しいと思います。

 

さて、食べる直前に温め直して

沸騰直前で火を止めて味噌大さじ4を溶きます!

f:id:kumasancook:20210104133340j:image

これが溶け切ったら出来上がりです!

f:id:kumasancook:20210104133908j:image

味噌は煮込むと香りが飛んでしまうので、最後に入れます。

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210104133437j:image

本日の献立は

・豚汁

・海鮮キムチ

・ゴボウサラダ

・白米

です!

 

いやー、暖かくて美味しそう。

f:id:kumasancook:20210104133520j:image

七味唐辛子をかけて

f:id:kumasancook:20210104133537j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うんま!!!

f:id:kumasancook:20210104133605j:image

野菜もこんにゃくも出汁が染みてて美味しい!!

優しい味がジュワジュワと口の中に広がります。

豚肉も美味しいのですが、豚汁はやはり豚の旨味を吸った野菜を楽しむものですな!!

冬にピッタリです!!

七味唐辛子の他にも柚子胡椒とか合わせるのも好きです。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

↓豚汁は少ない種類の具材の方が好き、という方は応援ボタン押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

チキンライス

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20201230172835j:image

どうも!くまさんです!

 

 

年末にクリスマスソングの「チキンライス」を聞いてたら、なんかチキンライスを食べたくなってしまいました。あれは良い曲っすよね。個人的には、クリスマスには雨が夜更け過ぎに雪へと変わるまで人を待ち続けたことも、クリスマスキャロルが流れる頃に、君と僕との答えを出したこともないので、イマイチピンとくるクリスマスソングって少ない中で、一番好きなのはチキンライスという曲かもしれません。

 

微妙に季節外しですが、チキンライス、作っていきます!

 

■用意するもの(2人分)
鶏胸肉…150g程度
玉ねぎ…中1/2個
ピーマン…1つ
塩胡椒…適宜

バター…1片(10g程度)
にんにくチューブ…小さじ1
トマトケチャップ…大さじ4
顆粒鶏ガラスープの素…小さじ1
炊いた白米…1合分

 

というわけで本日の材料はこちら。

f:id:kumasancook:20201230173259j:image

くまさんの嫌いなピーマンも使います。

というのはチキンライスにはピーマンの独特なクセが必要だと、個人的には思うからです。

 

というわけでまずは玉ねぎから。

f:id:kumasancook:20201230173420j:image

皮を剥いて半分にしたら、みじん切りにします。

f:id:kumasancook:20201230173435j:image

トントントンと細かくいきます。

f:id:kumasancook:20201230173513j:image

こんな感じです。

f:id:kumasancook:20201230173530j:image

あんまり長時間炒めるわけではないので細かい方が、火が入りやすいです。

 

続きましては天敵のピーマン。

f:id:kumasancook:20201230173610j:image

ヘタの部分を指でメリッと押し込んで

f:id:kumasancook:20201230173642j:image

ヘタとワタを取り出します。

f:id:kumasancook:20201230173659j:image

後は白い部分なんかも取り除いて

f:id:kumasancook:20201230173721j:image

細切りにしていきます。

f:id:kumasancook:20201230173736j:image

そしたら今度は90°回転させてトントントン。

f:id:kumasancook:20201230173801j:image

これにて野菜の下拵えは終了です。

f:id:kumasancook:20201230173818j:image

ピーマン一個分って意外に少ないな。

 

鶏胸肉には塩胡椒で下味をつけます。

f:id:kumasancook:20201230173855j:image

さて、これにて準備完了。

f:id:kumasancook:20201230173915j:image

調理していきます!

 

フライパンにオリーブオイル(分量外)を大さじ1

f:id:kumasancook:20201230173954j:image

そしたらそこに、にんにくチューブを小さじ1f:id:kumasancook:20201230174006j:image

更に玉ねぎとピーマンを投入して中火に。

f:id:kumasancook:20201230174059j:image

ここで、水分出しの塩胡椒もします。

f:id:kumasancook:20201230174117j:image

後は焦げないようにしんなりするまで炒めます。

f:id:kumasancook:20201230174146j:image

飴色までいかなくて良いですが、これ位に。

f:id:kumasancook:20201230174251j:image

しんなりしてきたら鶏胸肉を、投入!

f:id:kumasancook:20201230174212j:image

全体を絡め、炒めていきます。
f:id:kumasancook:20201230174227j:image

ある程度火が入ったらバター10g投入!
f:id:kumasancook:20201230174423j:image

ケチャップを、ここで大さじ1分入れます。
f:id:kumasancook:20201230174523j:image

ケチャップを炒めるイメージです。

f:id:kumasancook:20201230174606j:image

全体が均等に色付いたら白米を投入!

f:id:kumasancook:20201230174634j:image

更にトマトケチャップを大さじ3

f:id:kumasancook:20201230174701j:image

顆粒鶏ガラスープの素を小さじ1入れます。

f:id:kumasancook:20201230174734j:image

後は色が均一になるように炒めるだけです!

f:id:kumasancook:20201230174757j:image

そしたら出来上がり!!

 

盛り付けるとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20201230174816j:image

仕上げにパセリを散らすと良い感じです。

 

うわー、美味しそう。

f:id:kumasancook:20201230174841j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

美味い!!!

f:id:kumasancook:20201230174915j:image

オムライスの中のケチャップライスとはちょっと違うんですよね〜。鶏胸肉使ってるのも、ピーマンが入ってるのも、個人的には洋食屋の「少し凝ったチキンライス」っていうイメージで、それがハマって良い感じです。鶏もも肉使うと、美味しすぎるんですよね、きっと。

チープながらも、ちゃんと美味しくて、ほっこりする感じに仕上がってます。

お父さんの休日コックさんには特にオススメです。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

↓チキンライスは最後の浜田の「やっぱり俺は〜」の部分が至高、という方は応援ボタン押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

牡蠣のクリームリゾット(風)

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20201221140632j:image

 

 

明けましておめでとうございます!!

今年もくまさんの料理ブログをよろしくお願いします!

 

新年一発目ということで気合を入れて作ります。

牡蠣のクリームリゾット(風)作っていきます!!

 

■用意するもの(2人分)

生牡蠣(生食用)…20杯程度

玉ねぎ…中1個

塩胡椒…適宜

バター…1片(15g)

固めに炊いた白米…1合分

生クリーム…100cc 

牛乳…200cc

粉チーズ…大さじ3

コンソメ…1キューブ(5g程度)

粗挽き胡椒…適宜

 

というわけで本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20201221141058j:image

いや、加熱用の牡蠣でも良いんですけど、娘も食べるので生食用使いました。牡蠣で食中毒というと、この時期怖いのはノロウイルスですね。

生食用と加熱用では鮮度に差はなく、取れた海域がノロウイルスに汚染されている可能性が低いか、高いかの差でしかありません。

まぁ、ノロウイルスに関しては90℃以上90秒で中心部まで加熱すれば死滅するのですが、調理中のまな板や包丁等につくことを考えると、生食用の方が、ノロウイルス感染の可能性は下がります。

 

まぁ、二枚貝だと貝毒(季節的には可能性は低いが)とかもあるので、どちらにせよ牡蠣はバクチ要素があります。

 

食いますけどね。美味いから。

 

というわけで、まずは玉ねぎを切ります。

f:id:kumasancook:20201221141854j:image

両端部を落として、2つに割ります。

f:id:kumasancook:20201221141918j:image

根っこの部分を落として…

f:id:kumasancook:20201221141930j:image

後は細かくみじん切り!!

f:id:kumasancook:20201221141944j:image

こんな感じです。

f:id:kumasancook:20201221141957j:image

みじん切り出来るようになってきたなぁ。

 

お次は牡蠣です!

f:id:kumasancook:20201221142030j:image

包丁は使う前と後にアルコール消毒してます。

まな板は洗うの面倒なので、牛乳パックで。

ぶつ切りにしていきます。

f:id:kumasancook:20201221142114j:image

こんな感じです。

f:id:kumasancook:20201221142128j:image

生で1個つまみ食いしたけど、やっぱ生牡蠣超美味い。火を通した奴は生牡蠣に勝てねぇなぁ。

f:id:kumasancook:20201221142213j:image

これにて食材の下拵えは完了!

 

調味料も用意していきます!

f:id:kumasancook:20201221142237j:image

コンソメキューブは溶けにくいので刻みます。

f:id:kumasancook:20201221142319j:image

削るようにというか、細かくしていきます。

f:id:kumasancook:20201221142340j:image

こんな感じでOKです!

f:id:kumasancook:20201221142352j:image

さて、調理していきましょう!

 

フライパンにオリーブオイル(分量外)をひいて
f:id:kumasancook:20201221142426j:image

中火にして、玉ねぎを投入します!

f:id:kumasancook:20201221142520j:image

そこに塩胡椒をしていきます。

f:id:kumasancook:20201221142555j:image

んで、玉ねぎを焦がさないよう炒めていきます。

f:id:kumasancook:20201221142615j:image

5分位炒めると狐色になるので

f:id:kumasancook:20201221142637j:image

バターを1片投入していきます。

f:id:kumasancook:20201221142657j:image

バターを溶かしながら、焦がさぬよう炒めます。

f:id:kumasancook:20201221142718j:image

バターが溶けたら牡蠣を投入します!

f:id:kumasancook:20201221142739j:image

玉ねぎと絡めながらしっかり火を通します。

f:id:kumasancook:20201221142809j:image

3分程炒めたら、固めに炊いた白米1合投入!

f:id:kumasancook:20201221142842j:image

混ぜ炒めていきます!!

まぁ、リゾット(風)としたのは、これはリゾットの作り方ではないからですね。

生米を使うのがリゾットであり、炊いた米を使うのは個人的には邪道でリゾットとは呼びたくない思いもある為、(風)です。

まぁ、どっちも美味しいです。

 

全体が混ざってきたら

f:id:kumasancook:20201221143021j:image

牛乳を200cc投入!

f:id:kumasancook:20201221143040j:image

牛クリームは100cc入れます。

f:id:kumasancook:20201221143108j:image

一気にリゾット風になりました。

f:id:kumasancook:20201221143141j:image

さらにコンソメ1キューブと

f:id:kumasancook:20201221143209j:image

粉チーズを大さじ3入れていきます。

f:id:kumasancook:20201221143228j:image

ここで火を止めて、ゆっくり混ぜます。

f:id:kumasancook:20201221143245j:image

仕上げに粗挽き胡椒をかけたら

f:id:kumasancook:20201221143304j:image

完成です!!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20201221143319j:image

うーん、中々美味しそうに出来ましたよ。

f:id:kumasancook:20201221143409j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うん、美味しい!!

f:id:kumasancook:20201221143539j:image

クリーミーで、牡蠣の旨味もあって。

固めに炊いた米の感じが良かったのか、リゾットに近い感じにはなってます。

個人的にはもう少しパンチの利いた味が好みだったので塩かコンソメを入れたい気分でしたが、嫁くまさんが大変喜んで食べていたので、たまにはこんなんも良いかなぁ、と思いました。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

 

 

↓あれ、牡蠣の日付を見ると12月になってますけど…新年早々ストックなん?、という方は応援ボタン押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

年末のご挨拶

どうも!くまさんです!

f:id:kumasancook:20201227190756j:image

2020年、皆様どんな年だったでしょうか?

 

くまさん的には、やはりコロナ抜きには語れないですね。良くも悪くも時代の大きな変わり目だったのではないでしょうか。んま、非日常の中にいるということは、非常に貴重な体験をしているわけで、それ自体は悪い事ではないと思ってますけどね。まぁ、でも強い怒りを覚えてます。

 

なんでかって言われると非常に返答に困るんですよ、こういうのって自分自身の中に内包しているesやイドと呼ばれる部分からくるもので、完全な言語化は難しいですし、そもそも意味がああぁぁああああ有馬記念負けたからですーーーー!!

 

くまさんブログは今年、200レシピ突破&PV10000人突破となりました!本当に皆様のおかげなんですが、実は先程、PV20000突破いたしました!PV10000が、今年の6月末だったので、約半年で10000上乗せでございます。

 

本当に最近は曜日を問わず、かなりの方に見ていだけており、いよいよ半端な更新は出来なくなってまいりました。

 

出来る限り、レシピ更新をサボらずに続けたいので皆様、今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。

 

本年は大変お世話になりました!

 

来年も、くまさんの料理ブログをよろしくお願いします!