くまさんの料理ブログ

週末になると愛する家族に美味しい料理をふるまいたい。そんなくまさんの料理ブログです。

👑究極のミートソーススパゲティ

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

殿堂入り


f:id:kumasancook:20200324084314j:image

 

 

どうも、くまさんです!

 

急にミートソーススパゲティが食べたくて。

 

ミートソースはいわゆる日本の洋食です。

イタリアで最も近いのがスパゲティボロネーゼにあたるのですが、こちらは麺が平打のタリアテッレやフェットチーネがよく使われて、またソースとパスタがしっかり絡んでるのが特徴です。

 

ミートソースって、スパゲティーニの上からかけるイメージですもんね。

 

小さい頃、国立科学博物館のレストランのミートソースが大好きだったんです。味が云々とかじゃなく、野菜が見えない、野菜を食べてる感じがしないメニューだったからです。他のハンバーグとかオムライスは付け合せに葉っぱがついてたりする中で、緑色の野菜を一切排除したミートソースの尖ったスタイルは輝いて見えました。

 

というわけで、ミートソーススパゲティ、作っていく!!

 

■用意するもの(2人分)

スパゲティーニ…200g(2束)

にんにく…3〜4片

玉ねぎ…中サイズ2個

牛豚合挽き肉…200g

塩胡椒…適宜

ホールトマト…1缶(400g)

ケチャップ…大さじ2

コンソメ…大さじ1(キューブ1個)

ウスターソース…大さじ1

砂糖…大さじ1

顆粒鶏ガラスープの素…小さじ1

 

 

というわけで材料がこちら!

f:id:kumasancook:20200324085617j:image

玉ねぎから切っていきます。

f:id:kumasancook:20200324120020j:image

皮を剥いたら、みじん切りにしていきます。f:id:kumasancook:20200324120044j:image

お次はにんにくです。

f:id:kumasancook:20200324120104j:image

皮を剥いたら、包丁の腹で潰してみじん切りです。f:id:kumasancook:20200324120132j:image

これで準備が出来ました!

f:id:kumasancook:20200324120148j:image

 

フライパンにバター(分量外)を落としf:id:kumasancook:20200324120248j:image

弱火でにんにくを炒めていきます。

バターがない場合はオリーブオイルでもOK。

f:id:kumasancook:20200324120305j:image

香りが立ってきたら玉ねぎを投入!f:id:kumasancook:20200324120326j:image

このタイミングで塩胡椒をします。f:id:kumasancook:20200324120402j:image

じっくり飴色になるまで中火で炒めていきます。

焦がさないように、しっかり回していきます。

 

10分くらい炒めると飴色になってきます。
f:id:kumasancook:20200324120453j:image

これくらいになったら挽き肉を投入!f:id:kumasancook:20200324120522j:image

引き続き中火で炒めます。

 

調味料を準備します!

f:id:kumasancook:20200324120558j:image

後は、ここには無いですが顆粒鶏ガラスープの素も用意します。

 

挽き肉に半分くらい火が入ったら
f:id:kumasancook:20200324120632j:image

ホールトマトを入れます。

f:id:kumasancook:20200324120656j:image

混ぜて炒め続けます。

f:id:kumasancook:20200324120741j:image

ミートソースの場合はホールトマトを入れてから合計20〜30分炒める事をオススメします。

酸味と水分が飛んで、とっても美味しくなります。

炒め時間だけでも、かなーり変わります。

 

ホールトマトを入れ、10分ほど炒めたのがこちら。
f:id:kumasancook:20200324120950j:image

水分が飛んできてます。

そしたら残る調味料を入れます!f:id:kumasancook:20200324121029j:image

味見したら少しピントがボケてたので鶏ガラ追加!f:id:kumasancook:20200324121051j:image

ただ、この時点では「食べれるっちゃ食べれるけど、少し味が薄くてパンチが弱いかな…?!」くらいにしときましょう。

煮詰めて水分飛ぶと濃くなりますので。

ここからまた10分〜20分炒めていきます。

 

その間にパスタを茹でていきましょう!f:id:kumasancook:20200324132616j:image

水に対し2%の食塩を加えて表示時間通り茹でます。f:id:kumasancook:20200324133529j:image

ミートソースの場合はアルデンテよりもモルビドがオススメです。

柔らかい方がソースに絡みやすいので。

 

ミートソースがこんな感じに固まる位になったら

f:id:kumasancook:20200324132559j:image

ソースの完成です!

f:id:kumasancook:20200324133646j:image

フライパンが赤いので分かりづらいですが、良い感じです。

 

パスタも茹で上がりました。

f:id:kumasancook:20200324133719j:image

湯切りをしたら盛り付けます。

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20200324133744j:image

パセリを振るとそれっぽくなります。

 

粉チーズもかけます!

f:id:kumasancook:20200324133822j:image

いざ、実食!!いただきます!!

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

うまぁぁぁぁ!!これ、うまぁぁ!!

f:id:kumasancook:20200324133917j:image

市販のソースには余裕勝ち。

ちゃんとした洋食屋さんのミートソースとも張り合えるくらい、美味しいです。

味わいがプロっぽい。

 

玉ねぎの甘みがベースにあって、酸味の飛んだトマトソースはホッとする味わいです。

別段、特別な事をやってないんですが「よく炒める」って大事ですね。

難しいのが水分多いタイミングで味を決めてしまうと、濃くなりすぎちゃうこと。

なので、少し味が弱いかなー、くらいから煮詰めていき、こまめに味見をしましょう。

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

 

↓そんなに言うなら作ってみようかな、という方は、押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

出汁香る淡麗醤油ラーメン

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆★★

 


f:id:kumasancook:20200322080343j:image

 

どうも!くまさんです!

 

コロナウイルスによる外出自粛ということで、基本的にはお家で過ごす予定です。

 

なんで、娘に絵本を買ってったんです。f:id:kumasancook:20200328074753j:image

くまさんも大好きな絵本なのですが、娘に読み聞かせしてあげられません。

 

だって、泣いちゃうでしょ、こんなん。

 

というわけで、嫁くまさんが読んでるのを所々ツッコミを入れながら大人しく聞いております。

 

その間に、少し手間をかけて醤油ラーメンを作っていきます!

 

イメージとしては、しっかりとした出汁がひけていれば、チャーシューを作る時のかえしと、香味油で素人でもそこそこ美味しいラーメンが作れる気がしています。

 

淡麗醤油ラーメン、作っていく!!

 

■用意するもの(2人分)

・チャーシュー

豚ロースブロック…400g

水…1.5L

酒…100cc

長ネギ…青い部分1つ

にんにく…1玉

 

・かえし

醤油…100cc

みりん…50cc

味の素…大さじ1

 

・出汁スープ

乾燥昆布…1枚

干しエビ…10g(無くてもまぁ)

煮干し…30g(一掴み)

鰹節…10g(一掴み)

長ネギ…青い部分1つ

しょうが…小1つ

 

・香味油

ラード…大さじ2

長ネギ…1/2本

 

・その他

ラーメン用生麺…2人前

お好みのトッピング…適宜

 

 

セクション1はチャーシューの下煮からf:id:kumasancook:20200322081123j:image

作り方は二郎系ラーメンの時とほぼ同じ。

にんにくは横に真っ二つに切ります。
f:id:kumasancook:20200322081155j:image

んで、炊飯釜にぶち込みます。f:id:kumasancook:20200322081230j:image

水は具材がぎりぎり浸るくらいです。f:id:kumasancook:20200322081254j:image

お酒を100ccほど入れたら炊飯を押します!f:id:kumasancook:20200322081320j:image

 

 

セクション2は「かえし」を作っていきます。f:id:kumasancook:20200322081444j:image

調味料はこんな感じです。

f:id:kumasancook:20200322081512j:image

中火でみりんのアルコール分を飛ばします。f:id:kumasancook:20200322081539j:image

沸騰して2分くらいしたら、かえしの完成です。

 

セクション3は出汁とチャーシュー漬込みです。f:id:kumasancook:20200322081647j:image

炊飯終了した豚ロースを取り出しf:id:kumasancook:20200322081728j:image

かえしと一緒にジップロックへ。

きちんと空気を抜いて漬け込みます。

8時間〜12時間は漬けましょう!

 

残った出汁は一旦ザルで濾します。

f:id:kumasancook:20200322081855j:image

また鍋に移し替えます。

f:id:kumasancook:20200322081924j:image

出汁スープのベースになる清湯(チンタン)です。

 

セクション4は清湯に出汁をプラスしていきます。f:id:kumasancook:20200322082130j:image

お好きな出汁を使えば良いのですが、煮干しはわかりやすいのでオススメです。

 

予め鰹出汁を取っておき、そこに煮干し、昆布、干しエビを入れてます。
f:id:kumasancook:20200322082212j:image

30分くらい漬けておきます。

f:id:kumasancook:20200322082326j:image

30分経ったらに清湯に混ぜ合わせます。

 

ネギの青い部分としょうがを用意します。f:id:kumasancook:20200322082500j:image

これらも清湯に入れていきます。f:id:kumasancook:20200322082525j:image

中火にして温めていきます。

沸騰したら弱火にして、15分煮込みます。

 

煮込んだらザルにキッチンペーパーをしき
f:id:kumasancook:20200322082646j:image

再度スープを濾していきます。f:id:kumasancook:20200322082732j:image

これで出汁スープが出来ました!f:id:kumasancook:20200322082756j:image

この時点で滅茶苦茶美味しいです。

 

セクション5は香味油を作っていきます。f:id:kumasancook:20200322082912j:image

ネギはみじん切りにしていきます。f:id:kumasancook:20200322082934j:image

ラードをフライパンにひいていきf:id:kumasancook:20200322082954j:image

中火でラードが溶けきったらネギを投入。f:id:kumasancook:20200322083014j:image

ネギが焦げるまで油に香り付けをしていきます。f:id:kumasancook:20200322083055j:image

焦げ始めると一瞬なので、注意しましょう。f:id:kumasancook:20200322083130j:image

んで、ザルをセットして

f:id:kumasancook:20200322083154j:image

ネギを濾していきます。

f:id:kumasancook:20200322083210j:image

焦がしネギはトッピングに使います。f:id:kumasancook:20200322083229j:image

大体ラーメンのパーツが出来上がってきました。

 

セクション6ではチャーシューとかえしを分けます。f:id:kumasancook:20200322083313j:image

しっかり浸かったチャーシューを取り出します。f:id:kumasancook:20200322083359j:image

かえしは別皿で保存。

f:id:kumasancook:20200322083420j:image

チャーシューを切っていきます。f:id:kumasancook:20200322083437j:image

後は好きなトッピングも準備してf:id:kumasancook:20200322083554j:image

準備完了です!

 

セクション7、麺を茹でていきます!

f:id:kumasancook:20200322083632j:image

沸騰した鍋に

f:id:kumasancook:20200322083649j:image

麺を投入していきます!表示時間通りに茹でます。f:id:kumasancook:20200322083723j:image

その間に、ラーメンの器にお湯を注ぎます。f:id:kumasancook:20200322083745j:image

器を、温めておくとラーメンが冷めにくいです。

 

温まったら水分を拭き取り、かえしを入れます。
f:id:kumasancook:20200322083819j:image

かえしの量は大さじ3〜4で調整してください。

お次は香味油。

f:id:kumasancook:20200322083940j:image

これはもう、好きなだけ。

出汁スープで割っていきます。
f:id:kumasancook:20200322083957j:image

そろそろ麺が茹で上がりました。f:id:kumasancook:20200322084028j:image

しっかりと湯切りをして

f:id:kumasancook:20200322084039j:image

ラーメンスープに入れていきます。f:id:kumasancook:20200322084101j:image

後はトッピングを盛込めば

f:id:kumasancook:20200322084118j:image

淡麗醤油ラーメンの出来上がりです!!

 

盛り付けるとこんな感じ!!

f:id:kumasancook:20200322084152j:image

ラーメンとエビ春巻きです。

 

なかなかのビジュアルですよね!
f:id:kumasancook:20200322084231j:image

お家ラーメンにしては美味しそう。

 

いざ、実食。いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

おおおお、うん、うん、美味い!f:id:kumasancook:20200322084357j:image

出汁がしっかりと効いており、特に煮干しが強く出てて、美味しいです。

多分、これに鶏ガラスープの素とか加えると、より店の味に近い気がします。

でも、これはこれで美味い!!

優しくて、複雑な旨味で、麺を美味しく味わえる繊細なラーメンです。

普段濃厚ガッツリ系好きなくまさんですが、真逆に振り切ったコイツもなかなかです。

後、焦がしネギトッピング滅茶苦茶美味しい。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

 

 

↓麺から作れよ、という方は、押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

ネギ塩ダレのまぐろ丼

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆☆

 


f:id:kumasancook:20200321080521j:image

 

 

どうも!くまさんです。

 

最近サイクリング楽しんでます。
f:id:kumasancook:20200321080549j:image

夜のてっぺん近くのサイクリングロードは殆ど人もいなくて爽快です。

クロスバイクも楽しいけど、ロードバイクの方がもっと走りたくなりますな。

 

んでね、走ると美味しいもの食べたくなりますね。

というわけで本日はコストコで購入した本マグロを使って海鮮丼作ります!

 

ロードバイクやると逆に太る、っていうのはあるあるみたいです。

 

 

■用意するもの(2人分?かな?)

・塩締めマグロ

マグロサク(ハラナカ)…1柵

塩…適宜

 

・ネギ塩ダレ

長ネギ…1本

ごま油…大さじ2

顆粒鶏ガラスープの素…大さじ1

砂糖…大さじ1

リキッドレモン…大さじ3

醤油…大さじ2

チューブしょうが…小さじ1

 

・混ぜご飯

炊いたご飯…1合

寿司酢…大さじ2

塩昆布…大さじ3

煎りごま…適宜

 

というわけで購入してきました。f:id:kumasancook:20200321081852j:image

コストコの本マグロのハラナカです!

これで3500円くらい。

ちょっと小さいので新年に買った時より安かったです。

 

いつもと通り、ぬるま湯で身を洗った後

しっかりキッチンペーパーで表面を拭いて
f:id:kumasancook:20200321082023j:image

バットに入れて塩をガッツリ目に振っていきます。

 

後はバットをこうやって傾けときます。
f:id:kumasancook:20200321082127j:image

このまま30分程放置。

いつもの塩締めのやり方です。

 

30分後、余計な水分出てきました!f:id:kumasancook:20200321083018j:image

ぬるま湯で表面の塩を洗い流し

キッチンペーパーでしっかり拭き取ります。f:id:kumasancook:20200321083058j:image

赤身と中トロと大トロに分けます。f:id:kumasancook:20200321083215j:image

それぞれの場所については「まぐろの刺し身」をご参照下さい。

 

それぞれをキッチンペーパーで包みます。f:id:kumasancook:20200321083635j:image

後はラップして冷蔵庫へGO。

2時間くらい寝かせると良いです。

 

その間、ネギ塩タレ作りましょう!
f:id:kumasancook:20200321082212j:image

長ネギはみじん切りです。

f:id:kumasancook:20200321082238j:image

 

使う調味料はこちら!

f:id:kumasancook:20200321082257j:image

ごま油、顆粒鶏ガラスープの素、砂糖、リキッドレモン、醤油、チューブしょうが。

鶏ガラスープの素は顆粒を使いましたが、粉末だと分量変わると思うので、少しずつ足して味見しながら調整してください。

 

ネギと一緒に分量通り入れます。
f:id:kumasancook:20200321082417j:image

ひたすら混ぜます。

f:id:kumasancook:20200321082441j:image

これでネギ塩ダレの完成です。

肉よりは魚に合うタレです。

 

お次は混ぜご飯作ります!

炊けた白米に寿司酢を、馴染ませf:id:kumasancook:20200321082549j:image

塩昆布と煎りごまをパラリ。

f:id:kumasancook:20200321082606j:image

後はザクザク混ぜ込むだけです。

 

食べる直前にマグロを切っていきます。f:id:kumasancook:20200321083827j:image

まずは赤身!8mm幅くらいで!f:id:kumasancook:20200321083904j:image

ネットリしてて美味そう。

 

お次は中トロ!

f:id:kumasancook:20200321083951j:image

写真取るの忘れましたがイメージ6mm幅で!

 

最後に大トロ!

f:id:kumasancook:20200321084036j:image

養殖マグロは脂がキツイので薄く4mm幅で!f:id:kumasancook:20200321084120j:image

歯応えや、脂が強い魚は基本的に薄く切ります。

身の厚みは1mm違うと食べた感じが全く変わるのが面白いです。

 

さぁ、準備完了です。
f:id:kumasancook:20200321084355j:image

丼に混ぜご飯を入れて

f:id:kumasancook:20200321084632j:image

マグロを敷き詰めて…

f:id:kumasancook:20200321084650j:image

最後にネギ塩ダレとわさび(分量外)を乗せます。f:id:kumasancook:20200321084723j:image

これにて完成です!!

 

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20200321084746j:image

本日の献立は

・ネギ塩ダレのまぐろ丼

・もずく酢

・大根サラダ

・えのきと豆腐の味噌汁

です!!

 

 

海鮮丼好きには、たまりません!!
f:id:kumasancook:20200321084854j:image

これ外で食べたら2800円〜3500円って感じですから、自分で作るとお得ですよね。

 

いざ、実食!!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

 

美味しい!!うん、美味い!!f:id:kumasancook:20200321085316j:image

養殖大トロを料理するといつも難しいのが脂のキツさを、どうカバーするかです。

今回は、混ぜご飯に酢。

マグロの身自体を薄く。

ネギ塩ダレにレモンとしょうが。

という布陣で臨んだ訳ですが、良い感じです!

 

ソテーが1番ですけど、やはり生で食べたいですし。

f:id:kumasancook:20200321085630j:image

ご飯、ネギ塩ダレと頬張ると美味しいです。

あーでも、やっぱり養殖マグロは赤身の方が好きだなー。

ちなみにネギ塩ダレはお好みで胡椒入れても良い気がします。

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

 

 

↓普通サイクリングの魅力伝えたいなら車体じゃなくて夜景とか撮るもんだろーよ!!、という方は、押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

👑美味過ぎごぼうチキン

手間  ☆☆☆☆★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

殿堂入り

 


f:id:kumasancook:20200316222106j:image

 

 

どうも!くまさんです!

 

最近じわじわとPV数増えております。

本当に励みになります。

レシピが思い浮かばない時とか、久々に料理してみようかなって時とか、使ってもらえたら幸いです。

 

コロナウイルスで自粛ムード漂う昨今ですが、料理は良いですよね。家の中でゆっくり楽しんで作れるので。そういえばバンドで音源作り始めてるのですが、これも今や自宅で出来ますからね。録ったら次のパートの人に送って、てな感じで。

ホント、昔に比べたら家で色々出来る時代になりました。

 

自粛ムードだから、ではなく、これを期に家で楽しく過ごす方法を、アレコレ考えてみようと思います。

 

今回のレシピは思い付きでやってみたら美味しかった鶏肉のレシピです!多分検索すると似たようなレシピはあるとは出てくると思うんですが、一応オリジナルのつもりです。

 

■用意するもの(2人分)

鶏もも肉…300g

ごぼう…1/2本

塩胡椒…適宜

片栗粉…大さじ3(ごぼう1、鶏もも2)

味噌…大さじ3〜4

はちみつ…大さじ1

マヨネーズ…大さじ2

酢…大さじ1

 

 

というわけで本日の食材はこちら!!f:id:kumasancook:20200316225820j:image

鶏とごぼうの組み合わせは間違いないでしょう。

 

鶏もも肉から切り分けていきます。

f:id:kumasancook:20200316225855j:image

まずは皮と余計な脂肪分をトリミングします。f:id:kumasancook:20200316225955j:image

後は一口大に切り分けます。

f:id:kumasancook:20200316230014j:image

皮はスープにする事にしました。

 

お次はごぼう。洗いごぼう便利ー。f:id:kumasancook:20200316230106j:image

ささがきにしていきます。

f:id:kumasancook:20200316230123j:image

ごぼう好きなら1本使っても良いかも。

 

これにて下拵え完了です。

f:id:kumasancook:20200316230201j:image

シンプルっすな。

 

揚げ油を用意します(分量外)。

f:id:kumasancook:20200316230309j:image

くまさんはケチなのと後処理面倒なので、いつも鍋に1cm位の深さで揚げてます。サラダ油9割の香付けにごま油1割、位の割合です。

 

揚げ油を熱してる間にごぼうに片栗粉まぶします。f:id:kumasancook:20200316230500j:image

大さじ1くらいで良いですよ。

あ、写真忘れましたが塩胡椒もしましょう。f:id:kumasancook:20200316230533j:image

全体に薄くまとったら揚げていきます。

 

片栗粉を散らしてすぐにシュワっとしたら
f:id:kumasancook:20200316230553j:image

ごぼうを投入して揚げていきます。f:id:kumasancook:20200316230640j:image

細い奴が反り返ってきたら上げ時です。

大体3分程です。

f:id:kumasancook:20200316230721j:image

揚がったらバットに上げて、しっかり油を切っていきます。

f:id:kumasancook:20200316230801j:image

ごぼうが揚がりました。

 

そしたらここで鶏もも肉に、片栗粉&塩胡椒。f:id:kumasancook:20200316230834j:image

揚げる直前にやらないと、水分でドロドロになります。

 

これも油で揚げていきます。
f:id:kumasancook:20200316230911j:image

表2〜3分揚げた後

f:id:kumasancook:20200316230947j:image

裏2分て感じです。

 

これもバットにとってしっかり油を切ります。
f:id:kumasancook:20200316231009j:image

どんどん揚げていきます。

f:id:kumasancook:20200316231030j:image

さて、全部カラッと揚がりました!f:id:kumasancook:20200316231047j:image

このまま食べても美味しいんですけどね。

 

調味料はこちら!!

f:id:kumasancook:20200316231116j:image

液体味噌使ってますけど、普通の味噌でもOK!

でも赤味噌推奨です。

 

分量通りボウルに入れます。
f:id:kumasancook:20200316231152j:image

濃い目が好きな人は味噌は大さじ4で。

混ぜます。

f:id:kumasancook:20200316231229j:image

マヨネーズのダマは気にしなくて大丈夫です。

はちみつが溶けにくい場合は少量のお湯を入れましょう。

 

そしたら中火のフライパンに鶏とごぼうを投入!
f:id:kumasancook:20200316231339j:image

さっと火を通したら、調味液を入れます。f:id:kumasancook:20200316231420j:image

素早く全体に絡めていきます。f:id:kumasancook:20200316231433j:image

1〜2分炒めたら、完成です!

f:id:kumasancook:20200316231459j:image

良い感じです!!

 

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20200316231526j:image

本日の献立は

・美味過ぎごぼうチキン

・麦ごはん

いぶりがっこクリームチーズのせ

・エビとアボカドのサラダ

・鶏皮とネギのスープ

です。

 

いやー、良い色。
f:id:kumasancook:20200316231653j:image

美味そうー!

いざ、実食。いただきます!!

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

ハイキタ。殿堂入り。

f:id:kumasancook:20200316231745j:image

いや、不味いわけがないですよ。

ごぼうとチキンの相性に、味噌とマヨネーズとはちみつがガッツリスクラム組んでますね

お酢のおかげで、後引く旨さ。

しっかり味だからご飯に合うんです。

あー、最後に煎りごま混ぜても良かったなー。

 

いや、でも美味しい。

手間は少しかかるけど、難しくはないので是非試してみてください!

 

人間より、美味しかったです!

 

 

 

↓家で楽しく過ごす方法があるよ、という方は、押していただけると嬉しいです!ついでにインスタグラムで教えて貰えるとありがたいです。

料理ブログランキング

特製ハヤシライス

手間  ☆☆☆☆★
難しさ ☆☆☆★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20200312130650j:image

 

 

 

どうも!くまさんです。

 

ハヤシライスって微妙なポジションですよね。

 

あんまり外に食べにいく、という印象はない割に家庭料理としてはかなりメジャーな食べ物です。

 

そもそもは日本で作られた洋食ということで、発祥は日本なのですが、名称の由来も人名の「林」だったり「早矢仕」を起源とする説だったり、はたまた「ハッシュドビーフ」の「ハッシュド」の部分が「ハイシ」「ハヤシ」と訛った説だったり、曖昧です。

 

てなわけで今日はハヤシライスなんですけども、市販のルーを使わずに挑戦したいと思います!

後、くまさん家ではハヤシライスにジャガイモを入れてました。

邪道なのかもしれませんが、一晩置くとジャガイモのデンプン質が溶け出して、モッタリとしたとても美味しいハヤシライスになるんです。

もう、別物と言って良いくらい、美味しいんです。

 

なので、今日は

・市販ルーは使わず家庭にある調味料で

・ジャガイモを入れてモッタリ系に

・じっくり煮込んで一晩置く

という3つのテーマを元に作っていきます!

 

 

■用意するもの(8皿分)

牛スネ肉ブロック…800g

玉ねぎ…2玉

じゃがいも…小4個(中2個)

マッシュルーム…1パック(8個程度)

ローレル…2枚

水…800cc

酒…200cc

バター…1片(15g)

にんにくチューブ…小さじ1

塩…適宜

薄力粉…大さじ4

ケチャップ…大さじ10

赤ワイン…400cc

胡椒…適宜

コンソメパウダー…大さじ1

ウスターソース…大さじ2

生クリーム…適宜

 

 

というわけで本日の材料です!f:id:kumasancook:20200312131141j:image

 

牛すね肉の仕込みから参ります!

まずは一口サイズに切ります。

f:id:kumasancook:20200312131229j:image

こんな感じに。

f:id:kumasancook:20200312131241j:image

そしたらローレルと共に炊飯器に入れます。

f:id:kumasancook:20200312131318j:image

そしたらそこに水800ccと酒200cc入れます。f:id:kumasancook:20200312131430j:image

量によりますが、肉が全部浸る程度でOKです。

水と酒は4:1くらいを目安に。

f:id:kumasancook:20200312131529j:image

後は炊飯ボタンを押して放置します。

 

その間に他の野菜を切り分けます。f:id:kumasancook:20200312131637j:image

玉ねぎは皮を剥いて芯を取り、1cm巾でスライス。f:id:kumasancook:20200312131704j:image

ハヤシライスだと横スライスがメジャーみたいですが、個人的に見た目が嫌いなので普通にスライスしました。

 

お次はじゃがいもです。

f:id:kumasancook:20200312131757j:image

ピーラーで皮を剥きます。

f:id:kumasancook:20200312132012j:image

小さく角切りにしていきます。f:id:kumasancook:20200312132032j:image

レトルトカレーとかのじゃがいもですね。

 

マッシュルームです!!
f:id:kumasancook:20200312132054j:image

石付きを薄く落として

f:id:kumasancook:20200312132119j:image

少し分厚目にスライスです。

f:id:kumasancook:20200312132236j:image

これだと食感が残ります。

 

さて、材料の下拵えが終わりました。f:id:kumasancook:20200312132317j:image

時短したい方はここで、じゃがいもと玉ねぎを電子レンジ600wで5分程チンしておくと良いです。

 

すね肉も無事に炊けました。
f:id:kumasancook:20200312132411j:image

米以外を炊飯した時は掃除をしっかりしましょう!

出汁も使うので取っておきます。

 

ここで調味料を準備しましょう。f:id:kumasancook:20200312130906j:image

市販のルーを使わなくても、結構自宅にあるもので作れちゃいます。

 

まずは鍋にバターを入れて弱火で炒めます。f:id:kumasancook:20200312132903j:image

バターが溶けたらにんにくチューブを入れます。f:id:kumasancook:20200312132946j:image

更に玉ねぎを投入し、塩を3振り程度入れます。f:id:kumasancook:20200312133009j:image

お次はマッシュルームです。

f:id:kumasancook:20200312133048j:image

野菜がしんなりするまで炒めたら薄力粉!f:id:kumasancook:20200312133131j:image

これがトロミの元になります。

しっかり混ぜ合わせ炒めます。f:id:kumasancook:20200312133156j:image

玉ねぎが飴色になりかけたらジャガイモ投入!f:id:kumasancook:20200312133221j:image

また10分程中火よりの弱火で炒めます。f:id:kumasancook:20200312133249j:image

そしたらケチャップを大さじ10入れます!f:id:kumasancook:20200312133315j:image

ケチャップを炒めながら酸味を飛ばします。f:id:kumasancook:20200312133331j:image

この時ジャガイモが少し芯が残る位がベスト。
f:id:kumasancook:20200312133506j:image
そしたら赤ワインを入れます!f:id:kumasancook:20200312133551j:image

少し煮込んでアルコールを飛ばします。

 

そしたらすね肉を入れていきます。

f:id:kumasancook:20200312133642j:image

出汁も300cc程足します。

f:id:kumasancook:20200312133723j:image

さぁ、もうハヤシライスっぽいですね。f:id:kumasancook:20200312133922j:image

煮込みながら胡椒をまぶします。f:id:kumasancook:20200312133949j:image

後はコンソメ入れて

f:id:kumasancook:20200312134314j:image

ソースを入れて味を整えます。f:id:kumasancook:20200312134332j:image

この時点で少し味がぼやっとしてる位が良いです。

後から煮詰めて味が濃くなるので。

 

これで蓋をして弱火で1時間ほど煮込みます。

焦げやすいので5分に1回は、かき混ぜます。f:id:kumasancook:20200312133835j:image

煮込み終わったら、一晩寝かせましょう。

 

 

…翌日…

 

 

 

おー!美味しそう!!
f:id:kumasancook:20200312134459j:image

再び加熱していきますが、水分が少なければ水を足して煮込みましょう。

くまさんはドロドロが好きなので煮詰めます。

f:id:kumasancook:20200312134546j:image

これで完成!!

 

 

盛り付けるとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20200312134634j:image

最後に生クリームを少し入れます。

本日は

・特製ハヤシライス

・特製ポテトサラダ

です!

手間がかかって、品数作れませんでした。

 

でも、これは美味そう!!
f:id:kumasancook:20200312134723j:image

ハヤシライスっていうよりビーフシチューライスって感じですが。

 

いざ、実食!!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

美味しーーーーーい!!!

f:id:kumasancook:20200312134840j:image

すげー美味しい!!

炒めてコクと旨味を爆発させたケチャップと、すね肉の出汁が見事にマッチしてます。

市販のルーと比べても遜色ない、いや、それ以上に美味しい!!

牛すね肉もホロホロです。

f:id:kumasancook:20200312134948j:image

んー、ただ、肉は普通に薄切り肉でも良かったかな。

リッチっちゃリッチだけどやっぱり「肉が主役」って感じですね。

薄切り肉の方がハヤシライスの料理の完成度としては高いと思います。

 

 

でも人間より、美味しかったです!!

 

 

↓炊飯器を酷使し過ぎ、という方は、押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

やまき風ホルモン炒め

手間  ☆★★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆★★★★

 


f:id:kumasancook:20200303130613j:image

 

どうも、くまさんです!!

 

最近、このブログを見てくれている友人の奥様の感想を友人づてに教えてもらいました。

 

 

「にんにく使い過ぎ。そりゃ美味しくなるわ。」

 

 

 

 


f:id:kumasancook:20200303133745j:image

反省してま〜す

 

違いますねん。

中華やイタリアンではそもそもにんにくを使うのが基本であったりします。

確かに一回の使用量が多めだったりはしますが、個人的な好みなんですよねー。

あくまで料理の味付けバランスを崩さないように使っているつもりだったんですが…。

 

いや、しかしね、こういった声はブログを見てくれてるからこそ!

正面から真摯に受け止めるべきだと思いました!

 

おっしゃぁ、やったるわ!!

わいかて、やればできるんじゃ!

今日は大阪は西成にあるお店「やまき」風のホルモン焼き、作っていくで!!

 

 

 

■用意するもの(2人分)

牛レバー…200g

豚ホルモン(小腸)…200g

醤油…150cc

酒…150cc

砂糖…大さじ4

にんにくチューブ…大さじ3

一味唐辛子…大さじ1

青ネギ…適宜

 

 

というわけで、今回の食材はこちら!f:id:kumasancook:20200303131225j:image

牛レバーと豚ホルモンです。

豚ホルモンはボイル済みの小腸を使いました。

まぁ、白モツとかでも全然いけると思います。

 

牛レバーをボウルに出します。
f:id:kumasancook:20200303131320j:image

流水でしっかり洗っていきます。f:id:kumasancook:20200303131347j:image

水が濁らなくなるまで、しっかり洗います。f:id:kumasancook:20200303131404j:image

洗ったらキッチンペーパーで余計な水分を拭きます。

 

お次は調味液を作っていきます!f:id:kumasancook:20200303131443j:image

シンプルに醤油、酒、砂糖です。

 

小鍋に調味料を分量通り入れます。
f:id:kumasancook:20200303131516j:image

中火で煮立たせていきます。

f:id:kumasancook:20200303131555j:image

沸騰後、3分程煮立たせアルコールを飛ばします。f:id:kumasancook:20200303131629j:image

そしたら半分程小皿にとりわけ…f:id:kumasancook:20200303131647j:image

にんにくと一味唐辛子を入れます!f:id:kumasancook:20200303131712j:image

今回は一味が無かったのでカイエンペッパーで。

f:id:kumasancook:20200303131736j:image

鬼のような量のにんにくです。

が、「やまき」のタレも滅茶苦茶にんにく使ってるので、これでも少ないくらいです。

 

そしたらフライパンに豚ホルモンを入れ炒めます。
f:id:kumasancook:20200303131847j:image

油はひきませんでした。

 

にんにくの入ってない調味液を入れます。
f:id:kumasancook:20200303131916j:image

一気に入れるのではなく汁気が飛んだら足す感じ。f:id:kumasancook:20200303131956j:image

ひたすら中火で炒めていきます。

焦げ付きやすいのでご注意を!

 

ホルモンに色がついたらレバー投入。
f:id:kumasancook:20200303132025j:image

ソーセージは娘用です。

これも、まぁ、ホルモンみたいなものですから。

 

調味液を足して炒めます。
f:id:kumasancook:20200303132109j:image

さらに、にんにく入りのタレも投入!f:id:kumasancook:20200303132137j:image

タレが絡んだら出来上がり!

f:id:kumasancook:20200303132151j:image

すげー美味しそうです。

f:id:kumasancook:20200303132239j:image

 

青ネギを散らして完成です!

f:id:kumasancook:20200303132352j:image

本日は

・やまき風ホルモン炒め

・根菜サラダ

・きゅうりの浅漬け

・豆腐とわかめの味噌汁

・白米

です!

 

いやー、良い感じですね。
f:id:kumasancook:20200303132457j:image

いざ、実食!!いたただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

 

ウメー!

f:id:kumasancook:20200303132554j:image

レバーはもうちょっと半生が好みでしたが、嫁くまさんもいるのでちゃんと火を通さないとね。

シンプルにガツンとくる味。

鉄板で焼いたお店のホルモンにはとても敵わないでしょうが、十分美味しいです。f:id:kumasancook:20200303132724j:image

白米にも当然合います。

でも一番合うのはこれかな。

f:id:kumasancook:20200303132814j:image

やまきのお店では「ハイリキ」というレモンチューハイを皆飲んでましたが、売ってなかったので。

近頃酒にめっきり弱くなったので7%でも酔っ払います。

 

うん、元気の出るご飯でした。

 

人間より、美味しかったです!

 

↓にんにく大好き、という方は、押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング

シャリアピンステーキ丼

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆☆

 


f:id:kumasancook:20200228134855j:image

 

どうも、くまさんです!

 

本日は週刊少年ジャンプで連載されていたf:id:kumasancook:20200228150009j:image

食戟のソーマ

からシャリアピンステーキ丼を作ります!

f:id:kumasancook:20200228150039j:image

これは、玉ねぎを使って肉を柔らかくする、というのが最大のポイントの料理なのですが、それならばいっそ、安いオージービーフでやってやろうじゃないかと。

 

果たして、上手くいきますでしょうか。

 

シャリアピンステーキ丼、作っていく!

 

■用意するもの(2人分)

牛ステーキ肉…150gを2枚

玉ねぎ…2玉

塩胡椒…適宜

バター…1片(15g)

赤ワイン…大さじ4

醤油…大さじ2

水溶き片栗粉…片栗粉大さじ1に水50cc

ご飯…1合分

練り梅…大さじ1

長ネギ…適宜

 

というわけで、本日の食材はこちら!f:id:kumasancook:20200228174457j:image

玉ねぎから切っていきましょう。f:id:kumasancook:20200228174516j:image

皮を向いて、半分にして、根の部分を取ります。f:id:kumasancook:20200228174538j:image

後はみじん切りにしていきます。f:id:kumasancook:20200228174602j:image

なるべく細かくしましょう。

 

次はお肉です。

f:id:kumasancook:20200228174627j:image

表面に浅く切れ込みを入れていきます。f:id:kumasancook:20200228174653j:image

これにて、カットは終了!

f:id:kumasancook:20200228174711j:image

ほんで、みじん切り玉ねぎを半分平皿に盛ります。f:id:kumasancook:20200228174758j:image

お肉を乗せます。

f:id:kumasancook:20200228174818j:image

更に上から残った玉ねぎを散らします。f:id:kumasancook:20200228174842j:image

ラップをして3時間程おきます。

夏場は冷蔵庫で!

 

3時間後、玉ねぎから肉を救出します。
f:id:kumasancook:20200228174939j:image

ここで塩胡椒しましょう。

今回はクレイジーソルト使いました。

あんまり柔らかくなってる感じはないですね。

 

フライパンにバターを入れて中火にします。f:id:kumasancook:20200228175105j:image

バターが溶けたら肉を入れていきます。f:id:kumasancook:20200228175122j:image

動かさないようにじっくり焼き目をつけます。f:id:kumasancook:20200228175142j:image

裏返して、全体に火を入れます。f:id:kumasancook:20200228175200j:image

いい具合に焼けたらアルミホイルに包みます。

予熱で肉の中心部に火を入れていきます。

 

そしたらそのままフライパンにワインを入れます。f:id:kumasancook:20200228175253j:image

少し煮詰めたら、玉ねぎを全部入れていきます。f:id:kumasancook:20200228175324j:image

玉ねぎが柔らかくなるまで炒めます。f:id:kumasancook:20200228175348j:image

玉ねぎが飴色になってきたら醤油を入れます!f:id:kumasancook:20200228175408j:image

ひとしきり混ぜ合わせたら火を止めてf:id:kumasancook:20200228175440j:image

水溶き片栗粉を入れます。

f:id:kumasancook:20200228175455j:image

後は再度火を入れてソースが煮詰まったら完成。

 

最後にご飯の準備です。

炊いた白米に練り梅を入れます。f:id:kumasancook:20200228175549j:image

よく混ぜたら梅ご飯の出来上がり!f:id:kumasancook:20200228175608j:image

後は盛り付けです!

 

ステーキをカットして
f:id:kumasancook:20200228183012j:image

丼に入れた梅ご飯の上に敷きます。f:id:kumasancook:20200228183050j:image

更に玉ねぎのソースをかけていきます。f:id:kumasancook:20200228183111j:image

最後にネギを散らします。

本当はレシピだと青ネギなんですが、べ、別に買い忘れたわけじゃないんだからね!!

 


f:id:kumasancook:20200228183206j:image

本日の献立は

シャリアピンステーキ

・ポテトサラダ

・あん肝

・豆腐とわかめの味噌汁

です!

 

どうですか、美味しそうですか。f:id:kumasancook:20200228183310j:image

いざ、実食!!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

美味い!!

f:id:kumasancook:20200228183351j:image

美味しくて、おはだけしてしまいます。

食戟のソーマの世界では美味しいものを食べると服が全部破れ、全裸になります。

肉、柔らかいなぁ!!

正直、ネット上のレシピだと劇的に柔らかくはならん、との事だったんですが、いやいや、ちゃんと柔らかいっす。

f:id:kumasancook:20200228183608j:image

とろけるというよりは、ホロホロほぐれる、って感じですけど、でもオージービーフでここまで美味しく柔らかくなるのは凄い。

玉ねぎのソースは個人的に酸味が少しある方が好きなので次はバルサミコ酢とか入れてみたいです。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓お粗末!という方は、押していただけると嬉しいです!

料理ブログランキング