くまさんの料理ブログ

週末になると愛する家族に美味しい料理をふるまいたい。そんなくまさんの料理ブログです。

塩にんにく鳥すき

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆★★

 

 


f:id:kumasancook:20210908110433j:image

 

 

どうも!くまさんです。

 

リモート飲み会毎週やっているんですが、そこでの晩飯兼つまみの食材を買って帰る金曜日が楽しい!

今日は「すき焼き食べたいなぁ〜」とか考えながらすき焼きのカロリーを調べたら絶句。

※くまさんは糖質&カロリー制限中

 

材料が脂たっぷりの和牛なのは言わずもがな、割り下が酒、砂糖、みりん等を使うのでどうしてもカロリー高めになります。後、生卵ね!甘辛い割り下は生卵あってこそじゃないですが!卵のカロリーも入りますからね。

 

というわけで、カロリーに配慮しつつ、ガツンとすき焼き食べた感が欲しいという事で苦肉の策で編み出しました。

 

塩にんにく鳥すき、作っていきます!

 

■用意するもの(2人分)

・具材

鶏むね肉…150g

春菊…1束

しいたけ…3つ

木綿豆腐…1パック(150g)

 

・割下

水…500cc

乾燥こんぶ…1つ

みりん…大さじ3

鶏ガラスープの素…大さじ1

塩…適宜

白出汁…大さじ2

チューブにんにく…小さじ2

 

というわけで材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210908111316j:image

鶏むね肉は皮無しです。

 

まず春菊です!
f:id:kumasancook:20210908111359j:image

適当に5cm幅位でカット。

f:id:kumasancook:20210908111423j:image

根元の方を気持ち短くするのがジャスティス。

 

次はしいたけ。
f:id:kumasancook:20210908111458j:image

石付き部分をチョコンとカット。

f:id:kumasancook:20210908111525j:image

んで、軸と傘を切り離します。

f:id:kumasancook:20210908111552j:image

軸は1/4くらいに縦に切ります。

f:id:kumasancook:20210908111611j:image

傘には下手くそですが飾り包丁を入れました。

f:id:kumasancook:20210908111627j:image

結構これだけで「鍋」感出ますよね。

 

お次は木綿豆腐。

f:id:kumasancook:20210908111656j:image

好きなように切りましょう。

f:id:kumasancook:20210908111708j:image

くまさんはすき焼きなら薄めカットが好き。

 

というわけで食材カット終わりました。

f:id:kumasancook:20210908111744j:image

うん!鍋っぽい!

 

そしたら鍋に500ccの水を張り

f:id:kumasancook:20210908111828j:image

そこに乾燥昆布をポンと入れます。

f:id:kumasancook:20210908111844j:image

別に無ければ入れなくて良いですが最早儀式です。

f:id:kumasancook:20210908111907j:image

んで、みりんを用意します。

f:id:kumasancook:20210908111927j:image

みりんは大さじ3入れます。

f:id:kumasancook:20210908111948j:image

すき焼きの割り下の「酒、砂糖、みりん」をこれだけに抑える感じ。

 

後は弱火で沸騰直前まで煮ます。
f:id:kumasancook:20210908112035j:image

鍋肌に気泡が出てきたら、鶏むね肉投入!
f:id:kumasancook:20210908112100j:image

じっくり煮ていきます。
f:id:kumasancook:20210908112123j:image

沸騰すると、アクが出るのでこれは取ります。

f:id:kumasancook:20210908112152j:image

多分これはタンパク質だから害は無いんですけど、濁ってると鍋物は見た目良くないからね。

 

アクをとったら鶏ガラスープの素入れます!
f:id:kumasancook:20210908112405j:image

鶏がらスープの素は大さじ1で。

f:id:kumasancook:20210908112441j:image

後は味見をしながら塩を振ります。
f:id:kumasancook:20210908112510j:image

スープは煮詰まるのでこの時点では「お吸い物」くらいの薄さで十分です。薄けりゃ後で足せば良い。

 

忘れてたけど昆布回収しまーす。
f:id:kumasancook:20210908112629j:image

どうせ食べるの私一人だから、あんま気を使ってません。

※と思ってたら、嫁くまが近寄ってきて「美味しそうだねぇ。これは絶対美味しいやつだ。」と呟いて去って行ったので(実話)、残しておいてあげました。

 

はい、こんな感じで鶏肉も茹で上がりました。
f:id:kumasancook:20210908112835j:image

そしたら香り付けに白出汁を

f:id:kumasancook:20210908112913j:image

白出汁は大さじ1〜2です。味見しながら。

f:id:kumasancook:20210908112936j:image

んで、チューブにんにく。

f:id:kumasancook:20210908113007j:image

チューブにんにくは小さじ2くらいかな。適当に。

f:id:kumasancook:20210908113025j:image

全体を混ぜたら、一旦常温まで冷まします!

f:id:kumasancook:20210908113051j:image

煮物系は「一旦冷ます」大事です。

冷める過程で具材の中まで味が染みるので。

 

冷まし終えたら、他の具材を入れて再度中火に。
f:id:kumasancook:20210908113141j:image

沸騰して2分ほど煮込んだら

f:id:kumasancook:20210908113213j:image

塩にんにく鳥すき、完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ。
f:id:kumasancook:20210908113230j:image

大体今回作った量で小皿4杯分ですね。

 

大根と納豆のサラダと共にハイボールで晩酌。
f:id:kumasancook:20210908113530j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

うーま!!!うま!!

f:id:kumasancook:20210908113642j:image

ガツンと感あるね!!にんにくが良いね!

一度冷ましたので鶏肉は中までしっかりジューシーだし、ホロホロ気味になってて素晴らしいです。

しいたけ、豆腐、春菊のラインナップも良いね!

でもみりんのお陰で甘い味わいにはなっていてすき焼きっぽさもちゃんとあります。

一応くまさん計算だと、今回2人前で合計450kcal程度。

つまり、1人前は225kcalくらいの計算。

一般的なすき焼きだと500〜600kcalは行くので、大分摂生出来てる気がしまさぁなぁ!!

というか、ちゃんと美味しいのが一番ですが。

嫁くまさんも美味しいと喜んでおりました。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓ん?急にカロリー計算とかしだして、どした?という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

👑納豆と大根のサラダ

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

殿堂入り

 


f:id:kumasancook:20210830135658j:image

 

どうも、くまさんです!!

 

今日は、自信満々のサラダレシピいきます!!

元々くまさんの母親が食卓に出してくれたレシピを、少しくまさん好みにアレンジしたものです。

多分、居酒屋とかでもメニューとして出してるところはあるかと思います。

 

んで、ズバリ納豆を使うサラダです。

くまさんは納豆ご飯は好きだけど、納豆を使った料理はあまり好きじゃない、というややこしい好みがあります。だから、よくある「納豆オムレツ」とかは嫌い、です。

 

以前紹介したねぎ味噌納豆丼と今回のサラダは、大好きです。

 

なので、是非納豆が苦手で無い方は試してみてほしいです。

それでは、納豆と大根のサラダ、作っていきます!

 

■用意するもの

大根…1/4本

塩…適宜

納豆…2パック

フライドオニオン…大さじ2〜3

もみのり…適宜

マヨネーズ…大さじ2

はちみつ…小さじ1

醤油…小さじ1

 

 

というわけで本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210830141405j:image

大根、納豆、フライドオニオン、もみのりです。

 

じゃあ未だに苦手な大根のカットから。
f:id:kumasancook:20210830141438j:image

まずは皮を剥いていきます。

f:id:kumasancook:20210830141503j:image

薄く剥くのが苦手ですが、何とか達成。

f:id:kumasancook:20210830141530j:image

そしたら2〜3mm幅で輪切りにします。

f:id:kumasancook:20210830141558j:image

輪切りにしたら、少しずつ重ねて並べます。

f:id:kumasancook:20210830141617j:image

んで、端から2〜3mm幅でトントンしていきます。

f:id:kumasancook:20210830141647j:image

千切り、という表現で合っているでしょうか。

f:id:kumasancook:20210830142729j:image

ボウルに入れたら、塩を5振り位します。

f:id:kumasancook:20210830142744j:image

塩が全体に馴染むように混ぜます。

f:id:kumasancook:20210830142819j:image

そしたらそのまま30分ほど放置します。

f:id:kumasancook:20210830142851j:image

くまさんはかなり前に仕込みをしているのでラップして冷蔵庫に入れました。

6時間位放置してますが、30分で大体水は抜けます。

 

さて、放置したら大根から水が出てきたので

f:id:kumasancook:20210830142957j:image

大根の塩抜きも兼ねてしっかりと水洗いしたら

f:id:kumasancook:20210830143035j:image

ペーパーで絞って水気をガッツリと切ります。

f:id:kumasancook:20210830143122j:image

もちろん、ボウルの水気もしっかり拭き取ります。

とにかく水気を切るのが美味しく作るコツです。

 

そしたら納豆を取り出します。
f:id:kumasancook:20210830143146j:image

醤油とカラシは無駄にならないように入れます。f:id:kumasancook:20210830143230j:image

そしたらかき混ぜましょう。

f:id:kumasancook:20210830143252j:image

本来はかき混ぜてから調味料入れた方が良いです。

順番間違えた…。

100回かき混ぜるのが、くまさん流ジャスティス。

f:id:kumasancook:20210830143355j:image

そしたら大根に投入!!

f:id:kumasancook:20210830143415j:image

2パック分全部入れます。

 

そしたら調味料を用意!

f:id:kumasancook:20210830143440j:image

マヨネーズ、はちみつ、醤油です。

甘口醤油じゃなくてもOKです。

 

マヨネーズは大さじ2!

f:id:kumasancook:20210830143515j:image

これ、カロリーが気になる方は

マヨ大さじ1+寿司酢大さじ1でも美味しいです!

 

はちみつは小さじ1程度

f:id:kumasancook:20210830143534j:image

醤油も小さじ1程度

f:id:kumasancook:20210830143636j:image

最後にフライドオニオンをガッサリ入れます。

f:id:kumasancook:20210830143741j:image

大さじ2〜3くらい。

 

そしたらグリグリ混ぜていきます。
f:id:kumasancook:20210830143904j:image

全体が馴染んだら、OK!

f:id:kumasancook:20210830143930j:image

小鉢に盛り付けて

f:id:kumasancook:20210830143945j:image

仕上げにもみのりを適当に散らせば

f:id:kumasancook:20210830144014j:image

納豆と大根のサラダ、完成です。

 

盛り付けるとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210830144043j:image

本日の献立は

・ツナとみょうがの炊き込みご飯

オイキムチ

・れんこんの挟み焼き

・納豆と大根のサラダ

・豆腐となめこの味噌汁

です!

 

ツナとみょうがの炊き込みご飯は前回記事にてレシピを紹介しています。

 

さぁ、食べようか。

f:id:kumasancook:20210830144205j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

まじでうまぁぁぁぁい!!!!

f:id:kumasancook:20210830144241j:image

これは完全に殿堂入りです。

前に紹介したメキシカンサラダと双璧をなします。

大根のポリポリ食感がまず小気味良い!

そして、納豆のネットリ感とコクに加え、物凄い旨味が押し寄せてきます。

イメージ的にはチーズを連想させる味わい。

納豆の臭みはマヨネーズでマイルドになってます。

フライドオニオンのサクサク食感もアクセントになっていて、滅茶苦茶合います。

酒のつまみはこれだけで良い、ってくらい!

 

納豆はカロリー高めですが、100gあたりのタンパク質含有量の半分以下の糖質、脂質なので単純な減量には向きませんが、筋肉つけるには良い食材です。

 

人間より美味しかったです!!

 

 

↓筋肉解説が始まった…、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

 

料理ブログランキング

ツナとみょうがの炊き込みご飯

手間  ☆★★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆★★

 


f:id:kumasancook:20210830123841j:image

 

どうも、くまさんです!!

 

最近知って驚愕したこと。

 

メリーさんのひつじ♪ひつじ♪ひつじ♪

メリーさんのひつじ♪かわいいね♪

 

の歌詞は間違いってこと。

 

うぇ?!

 

今日はツナとみょうがで炊き込みご飯を作ってくよ。

 

 

■用意するもの(2人分)

白米…0.5合

水…200cc(0.5合分)

ツナ缶…2個

みょうが…3本

永谷園松茸の味お吸い物…2袋

 

本日の食材はこちら!!

f:id:kumasancook:20210830134315j:image

米、ツナ缶、みょうが、永谷園の松茸の味お吸い物、です。

 

まずはみょうがを切っていきます。
f:id:kumasancook:20210830134413j:image

縦に半分にして

f:id:kumasancook:20210830134428j:image

後は5mm幅位でカットします。

f:id:kumasancook:20210830134451j:image

3本分切るとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210830134511j:image

お好きな切り方で大丈夫です。

 

そしたら米を入れた炊飯釜にみょうがを投入。
f:id:kumasancook:20210830134532j:image

続いて、ツナ缶です。
f:id:kumasancook:20210830134556j:image

ツナ缶は油を切っておきます。

f:id:kumasancook:20210830134622j:image

ツナだけを炊飯釜に投入。

f:id:kumasancook:20210830134647j:image

さらに、永谷園の松茸の味お吸い物を取り出し

f:id:kumasancook:20210830134717j:image

2袋分を入れていきます。

f:id:kumasancook:20210830134731j:image

全部入れ終わったら

f:id:kumasancook:20210830134745j:image

水を200cc入れます。

固めが好きな方は少し減らしてもOK!

f:id:kumasancook:20210830134822j:image

そしたら炊飯器にセットして、炊飯します。

f:id:kumasancook:20210830134851j:image

後は炊けるのを待つだけ!

 

 

 

無事、炊きあがったようです。

f:id:kumasancook:20210830134917j:image

蓋をあけてみると…

f:id:kumasancook:20210830134933j:image

美味しそうに炊きあがってます。

f:id:kumasancook:20210830134952j:image

全体をかき混ぜて炊きムラをなくしたら

f:id:kumasancook:20210830135012j:image

最後にお好みでネギをチョコンと。

f:id:kumasancook:20210830135036j:image

これで完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210830135053j:image

本日の献立は

・ツナとみょうがの炊き込みご飯

オイキムチ

・れんこんの挟み焼き

・納豆と大根のサラダ

・豆腐となめこの味噌汁

です!

 

ちなみに、納豆と大根のサラダは滅茶苦茶美味しいので、次回紹介します。

 

うん、良い香りです。
f:id:kumasancook:20210830135203j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

美味い!!!

f:id:kumasancook:20210830135235j:image

松茸のお吸い物の素でしっかり味が決まってます。

ツナはホロホロしてて魚を炊き込んだみたい。

いや、ツナも魚なんだけどさ。

みょうがも香り豊かで良い組み合わせです。

派手では無いけど、しっかり美味しい炊き込みご飯になりました。

作るのも簡単だし、オススメでございます。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

 

↓ツナ缶は最近カツオ仕様も増えてきてる、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

ブロッコリーのペペロンチーノ風

手間  ☆★★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆★★★

 


f:id:kumasancook:20210823153622j:image

 

どうも、くまさんです!

 

今まで自重トレーニングと腹筋ローラーをメインでやっていたのですが、ダンベルも買いました!!

10kgのダンベルを2個セットで!

これで、今まで中々出来なかった胸筋をつけるトレーニングが出来る、ということでワクワクです。

ダンベルトレーニングは自重トレや腹筋ローラーと違って、「心地良い苦しみ」なので続けられそうです。

 

そんなわけでね、本日も筋肉飯でございます!

筋肉といえばこの野菜という程のブロッコリーを、使ったレシピでございます。

 

では、ブロッコリーのペペロンチーノ風、作っていきます!

 

■用意するもの

冷凍ブロッコリー…250g

ベーコン…60g

輪切り唐辛子…適宜

チューブにんにく…小さじ1

オリーブオイル…大さじ4〜6程度

塩…適宜

味の素…小さじ1

はちみつ…小さじ1/2

 

 

というわけで、本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210823154645j:image

冷凍ブロッコリーはメチャメチャ便利。

 

というわけでブロッコリーを耐熱ボウルに移してf:id:kumasancook:20210823154715j:image

フワッとラップをして

f:id:kumasancook:20210823154746j:image

600wで3分ほどチンします。

f:id:kumasancook:20210823154817j:image

チンするとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210823154832j:image

加熱が足りない場合は追加で10秒ずつ温めます。

しっかりと水気を絞りましょう。

f:id:kumasancook:20210823154926j:image

キッチンペーパーごしに握りしめ水分を抜きます。

f:id:kumasancook:20210823154957j:image

こんな感じです。

 

さて、ベーコンを切っていきます。

f:id:kumasancook:20210823155020j:image

ザクザクと短冊状に切っていきます。

f:id:kumasancook:20210823155038j:image

モクモクと切っていきます。

f:id:kumasancook:20210823155057j:image

そしたらブロッコリーのボウルに投入!

f:id:kumasancook:20210823155114j:image

輪切り唐辛子も続けて投入!

f:id:kumasancook:20210823155131j:image

くまさんは辛いの好きだから一杯いれました。

 

そしたらチューブにんにくを小さじ1程度。
f:id:kumasancook:20210823155148j:image

後はこいつを垂らしていきます。
f:id:kumasancook:20210823155216j:image

オリーブオイルは大さじ4〜6程度ですが、全体がしっとりする程度に回しがけすればOKです。

f:id:kumasancook:20210823155306j:image

ここで追加の調味料を用意します。

f:id:kumasancook:20210823155321j:image

塩、味の素、はちみつです。

 

薄味にしたいので塩は2〜3振り程度。

f:id:kumasancook:20210823155358j:image

味の素も3振り程度。

f:id:kumasancook:20210823155412j:image

はちみつは隠し味で、小さじ1/2くらい。

f:id:kumasancook:20210823155430j:image

砂糖とかでも良いんですが、はちみつの方が深い味わいになります(そんな気がします)。

 

具材と調味料をぶち込み終えたら
f:id:kumasancook:20210823155524j:image

後は混ぜるだけ。

f:id:kumasancook:20210823155550j:image

混ぜ終えたら、消毒済保存容器に移します。

f:id:kumasancook:20210823155616j:image

これでブロッコリーのペペロンチーノ風、完成!

冷蔵で3〜4日程保ちます!

 

 

食べる前にレンチンすると良いです。

f:id:kumasancook:20210827104727j:image

というわけで、いざ実食!

 

 

 

 

……

 

 

 

うん、美味しい!!

f:id:kumasancook:20210827104756j:image

ブロッコリーがしっとりとしてて良いです!

そこにベーコンの旨味なんかも含まれているので美味しくバリバリ食べられますね。

唐辛子多めにしたのも個人的には正解でした!

適度に食べて適度にトレーニング!

皆様も是非、共に筋肉生活を楽しみましょう!

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓皆基本的には何もしなくても筋肉生活なんだよ、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

サーモンたくあん丼

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210823131852j:image

 

 

どうも、くまさんです!!

 

オッドタクシー凄く面白い!!

f:id:kumasancook:20210824082856j:image

Amazon Primeで全話見られるのですが、凄い。

動物のキャラが出てくるほのぼの系アニメかと思えば、少しダークで、サスペンス色の強い異色のアニメです。

散りばめられた謎と、要所に感じる違和感、張り巡らされた伏線が一気に収束していく様は、なかなか味わえない快感です。

主演の花江夏樹さんの演じ方も凄く好きな感じ。

サスペンス物って登場人物多いとゴチャゴチャするんですが、動物が故に理解しやすいのも魅力。

 

Amazon Prime会員の方は是非見てみてください!

 

というわけで(?)、本日はサーモンたくあん丼、作っていきます!

 

■用意するもの(2人分)

刺身用サーモン…1サク(200g程度)

刺身用ほたて貝柱…5〜6個(100g程度)

たくあん…100g

白出汁…大さじ1

煎りごま…大さじ1

お好きな薬味…適宜

炊いた白米…1合

 

 

というわけで本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210823133652j:image

たくあん、サーモン、ほたて、ですね。

まぁ、好きなもん入れりゃ良いんですけど、くまさん的にはこの3種類が好き!

 

というわけでまずはたくあんから。

f:id:kumasancook:20210823133804j:image

100g程度を1cm幅位で輪切りに。

f:id:kumasancook:20210823133837j:image

そしたら輪切りのたくあんを更に1cm幅で短冊状に

f:id:kumasancook:20210823133901j:image

さらに垂直方向にも1cm幅で切り分けます。

f:id:kumasancook:20210823133924j:image

ようは1cm角の角切りにしましょう。

f:id:kumasancook:20210823133942j:image

切り終わったらボウルにぶち込みます。

 

お次はサーモン!

f:id:kumasancook:20210823134010j:image

おすすめはアトランティックサーモンの腹身。

↓背身と腹身の断面図の違い(ざっくり)

f:id:kumasancook:20210823134404j:image

腹身のほうが脂が乗ってます。

 

ということで、腹身の分厚い部分を半分の薄さに

f:id:kumasancook:20210823142152j:image

こんな感じに削ぎ切る感じです。

f:id:kumasancook:20210823142310j:image

そしたら1cm幅で短冊状に切っていきます。

f:id:kumasancook:20210823142349j:image

そしてまた垂直方向に1cm幅で切っていきます。

f:id:kumasancook:20210823142408j:image

切り終えたら、ボウルに投入。

f:id:kumasancook:20210823142427j:image

たくあんとサーモンが同じ大きさになるのが理想。

 

最後はほたて貝柱です!

f:id:kumasancook:20210823142507j:image

これは大きさにもよるんですが、固い部分は削ぎ

f:id:kumasancook:20210823142528j:image

後は半分の厚みに切り分け

f:id:kumasancook:20210823142546j:image

1cm角くらいになるようにぶつ切りにします。

f:id:kumasancook:20210823142619j:image

ほたての貝柱は残す繊維方向によって食感が変わるので、色々試すのも有りです。

 

これもボウルに入れちゃいます。
f:id:kumasancook:20210823142654j:image

そしたら調味料を用意!

f:id:kumasancook:20210823142716j:image

シンプルにいきます。

 

まずは白出汁大さじ1

f:id:kumasancook:20210823142736j:image

お次は煎りごま大さじ1

f:id:kumasancook:20210823142753j:image

入れたら後は混ぜます。

f:id:kumasancook:20210823142807j:image

均等に混ぜ合わさったら海鮮丼のネタ完成です。

f:id:kumasancook:20210823142830j:image

サイコロ状にしたのはくまさんのこだわりです。

 

そしたら炊いた白米を丼によそいます。

f:id:kumasancook:20210823142902j:image

もちろん、酢飯にしても美味しいです。

後はネタをガッツリ盛ります。

f:id:kumasancook:20210823142929j:image

最後にお好きな薬味を適当に乗せたら

f:id:kumasancook:20210823142945j:image

サーモンたくあん丼、完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210823143004j:image

本日の献立は

・サーモンたくあん丼

・玉子焼き

・大根サラダ

・豆腐とわかめの味噌汁

です!

 

いいね、見た目も美味しそう。
f:id:kumasancook:20210823143042j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

美味い!!!

f:id:kumasancook:20210823143120j:image

サイコロ状の具材が、とにかく楽しいです!

サーモンのコクとクニャクニャ感。

たくあんの塩気とポリポリ感。

ほたての香りとツルツル感。

匙を口に運ぶ度に、様々な割合で楽しい味と食感を演出してくれます。こりゃ美味い。

まぐたくも好きなんですが、こっちの方が美味しいかも。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓オッドタクシー気になる!という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

👑ポヴェレッロ

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆★★★★

殿堂入り

 


f:id:kumasancook:20210819192020j:image

 

どうも!くまさんです!!

 

今日は少しレアなパスタを作っていきます!

その名も「ポヴェレッロ」です。

うん、初見で上手く発音できなさそうだよね。

 

これはれっきとした本場イタリアのパスタで「貧乏人の」という意味らしいです。

イタリア語はジョジョ第5部で大体憶えたつもりでしたが、これは知りませんした。

 

目玉焼きとパルメザンチーズを使った、日本で言うところの卵かけご飯的な料理らしいのですが、少しくまさん流にアレンジしていきます。

 

それでは、ポヴェレッロ、作っていきます!

 

■用意するもの(2人分)

スパゲッティーニ(乾麺)…200g

卵…4つ

チューブにんにく…小さじ2

フライドオニオン…大さじ2

パルメザンチーズ…大さじ4程度

塩胡椒…適宜

トリュフオイル…適宜

 

というわけで材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210819193719j:image

パスタは水漬けにしておきました!

 

まずは食べに水を張り、2%の塩をぶち込みます。

f:id:kumasancook:20210819195239j:image

火にかけて沸騰するのを待ちます。

 

その間に目玉焼きを作ります!

フライパンにオリーブオイル(分量外)をひき

f:id:kumasancook:20210819195324j:image

そこに卵を投入、中火に点火します。

f:id:kumasancook:20210819195355j:image

1個黄身が割れたけど全く問題なし!

f:id:kumasancook:20210819195421j:image

火が入ってきたら

f:id:kumasancook:20210819195434j:image

4分割して、ひっくり返します。

f:id:kumasancook:20210819195454j:image

つまり、ターンオーバーの目玉焼き×4ですね。

f:id:kumasancook:20210819195514j:image

こんな感じで。

f:id:kumasancook:20210819195527j:image

両面焼けたら、2つの目玉焼きはそのまま別皿に。

f:id:kumasancook:20210819195553j:image

残りはフライパン上で、粉砕します。

f:id:kumasancook:20210819195612j:image

細かくなったらそれも別皿へ。

f:id:kumasancook:20210819195633j:image

これで目玉焼きの準備はOK。

 

続いて、またフライパンにオリーブオイルを。

f:id:kumasancook:20210819195714j:image

そこに、チューブにんにく小さじ2を投入。

f:id:kumasancook:20210819195735j:image

弱火でじっくりオイルと馴染ませます。

f:id:kumasancook:20210819195812j:image

そこに、フライドオニオン大さじ2投入。

f:id:kumasancook:20210819200046j:image

適当にフライパンを振ります。

f:id:kumasancook:20210819200116j:image

パスタがまだ茹で上がらなければ、ここで火を一旦止めてOK!

 

そうこうしてるうちに湯が沸きました。

f:id:kumasancook:20210819200003j:image

水漬けパスタを投入。

f:id:kumasancook:20210819200017j:image

再沸騰したら、おたまでお湯をすくい

f:id:kumasancook:20210819200209j:image

フライパンにドシャー

f:id:kumasancook:20210819200229j:image

お湯を入れたらすぐに

f:id:kumasancook:20210819200241j:image

フライパンを細かく揺すります。

f:id:kumasancook:20210819200259j:image

水漬けパスタは2分程で茹で上がるので取り出し

f:id:kumasancook:20210819200324j:image

フライパンに投入します。

f:id:kumasancook:20210819200345j:image

ここで塩胡椒を2〜3振り

f:id:kumasancook:20210819200404j:image

パルメザンチーズは大さじ4くらい。

パスタ全体が隠れる程度ですな。

f:id:kumasancook:20210819200430j:image

そしたら中火にして混ぜ炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210819200444j:image

そしたらそこに潰した目玉焼きを投入!f:id:kumasancook:20210819200503j:image

これまた混ぜ炒めます。

f:id:kumasancook:20210819200532j:image

これで出来上がりです!

 

皿に、パスタを盛って

f:id:kumasancook:20210819200554j:image

目玉焼きを乗せて

f:id:kumasancook:20210819200605j:image

最後に玉子と相性抜群なトリュフオイルを垂らし

f:id:kumasancook:20210819200627j:image

完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210819200645j:image

本日は、ポヴェレッロのみです!

 

これ美味いのかな。
f:id:kumasancook:20210819200704j:image

多分美味しいと思うけど。

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うめぇーーーーー!!!!

f:id:kumasancook:20210819200752j:image

殿堂入り確定!!!

あー、これは旨いわ。

なんというか、目玉焼きの香ばしさとパルメザンチーズのコクと、素晴らしい組み合わせだわ。

本来のレシピには無い、フライドオニオンとトリュフオイルもくまさん的には絶対に欲しいです!

トリュフオイルやトリュフソースはスーパーで500円くらいで手に入ります。

なくても美味しいけど、あると殿堂入り級の味になりますな。

イタリア版卵かけご飯、素晴らしかったです。

 

人間より、美味しかったです。

 

 

↓フライドオニオンの連投が過ぎる、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

牛腩飯(ぎゅうなんは)

手間  ☆☆☆☆★
難しさ ☆☆☆★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210818103255j:image

 

 

どうも!くまさんです!!

 

本日は牛腩飯(ぎゅうなんは)という料理です。簡単に言うと牛バラ肉の煮込みの乗ったご飯、って感じです。

 

前々からレシピ候補には上がってて、作りたかったんですけど、牛バラブロックなんて普通のスーパーだとまず置いてない。あっても値段が高かったりでなかなか機会に恵まれませんでした。

 

それが肉のハナマサに買い物に行った際に800gで1000円の牛バラブロックを見つけたので、即購入!

 

というわけで本日は牛腩飯を作っていきます!

 

■用意するもの(4人分)

牛バラブロック…600〜800g程度

にんにく…2片

しょうが…1片

長ネギ(青い部分)…1本

醤油…300cc

みりん…200cc

酒…100cc

水…100cc

ザラメ糖…大さじ1

はちみつ…大さじ1

水溶き片栗粉…200cc(片栗粉大さじ1〜2)

炊いた白米…(4人分)

 

 

というわけで本日の材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210818114128j:image

ブロック肉ってテンション上がりますよね。

ただ、このレシピに関しては正直チョイスミス。

なるべく脂身の少ない、赤身:脂身=9:1くらいの肉を選んだのですが結果5:5に近いものを選ぶべきでした。

 

それはそうと、まずはしょうが。
f:id:kumasancook:20210818114351j:image

5mm幅くらいでスライスしていきます。

f:id:kumasancook:20210818114402j:image

こんな感じ。

 

お次はにんにく!

f:id:kumasancook:20210818114439j:image

これも根を取り、ツルンと皮を剥きます。

f:id:kumasancook:20210818114502j:image

そしたら適当にスライスします。

f:id:kumasancook:20210818114517j:image

煮込んで柔らかくなるので大きさは重視せず。

 

最後に肉はザク切りにします。
f:id:kumasancook:20210818114550j:image

煮込み料理は肉が小さくなるので、大きめから調理してデカければ後で切れば良いと思ってます。

 

そしたら今回は炊飯器使います。

圧力鍋やホットクッカーがある方はそれでもOK。

牛バラ肉を入れて
f:id:kumasancook:20210818114706j:image

にんにくを入れて

f:id:kumasancook:20210818114832j:image

しょうがも入れて

f:id:kumasancook:20210818114844j:image

青ネギを入れます。

f:id:kumasancook:20210818114912j:image

そしたらここで調味料を準備!

f:id:kumasancook:20210818114931j:image

しょうゆ、みりん、酒、はちみつ、ザラメ糖です。

 

しょうゆは300cc
f:id:kumasancook:20210818115106j:image

みりんは200cc

f:id:kumasancook:20210818115145j:image

酒は100cc

f:id:kumasancook:20210818115200j:image

あとお水を100cc

f:id:kumasancook:20210818115224j:image

さらにザラメ糖を大さじ1

f:id:kumasancook:20210818115248j:image

後は調味料に浸かるように押し込みます。

f:id:kumasancook:20210818115315j:image

これで、炊飯ボタンを押して待ちます!

f:id:kumasancook:20210818115336j:image

上手に炊けるかな?

 

炊飯終了したのがこちら。

f:id:kumasancook:20210818115416j:image

ん?ちょっと…ん?

 

別鍋にあけます。

f:id:kumasancook:20210818115448j:image

嫌な予感。

f:id:kumasancook:20210818115515j:image

凄く肉が硬い!!

そりゃほぼ赤身だからなぁ…。

でももう一度炊飯器が冷めたらもう一度炊飯してみるか…。

 

というわけで、2回目炊飯したのがこちら。

f:id:kumasancook:20210818115633j:image

まだ肉は硬めだけど、これ以上やっても変わらない気がするので良しとしました。

f:id:kumasancook:20210818115707j:image

んで、ねぎやしょうがを取り除きます。

f:id:kumasancook:20210818115503j:image

照り出し用にはちみつを大さじ1程度入れて

f:id:kumasancook:20210818130427j:image

中火で煮汁を煮詰めていきます。

f:id:kumasancook:20210818115806j:image

さすがにこの硬さだと肉がデカ過ぎる気がする…。

 

というわけで一口大にカット。
f:id:kumasancook:20210818115851j:image

切ってて分かったのが、硬いけど肉自体は噛めばホロホロに崩れてました。後はパサついてるので煮汁とどう合わせるか、です。

 

中火でコトコト煮詰めます。
f:id:kumasancook:20210818120006j:image

煮汁のカサが2/3位まで減ったら火を止めます。

んで、水溶き片栗粉を投入。

f:id:kumasancook:20210818120056j:image

トロみの付け方って結構難しいので、自信が無い方は緩めから徐々に好みの粘度に調整しましょう。

f:id:kumasancook:20210818120258j:image

ひと煮立ちしたら牛バラ煮込み完成です!

 

白米を器に盛って…

f:id:kumasancook:20210818125612j:image

牛バラと彩り用にチンゲン菜を乗せれば

f:id:kumasancook:20210818125653j:image

牛腩飯、出来上がり!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210818125523j:image

本日の献立は

・牛腩飯

・茄子の揚げ浸し

・サラダ

です!

 

とろとろの餡も相まって美味しそう。
f:id:kumasancook:20210818125806j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うん、美味しい。うん。

f:id:kumasancook:20210818125900j:image

牛バラは理想はトロトロ、だったんですが、まぁホホロホロくらいですね。

噛めば繊維が解ける、感じ。

味は、そら殆ど角煮と同じなんで美味いです。

 

美味しいんですけど、やっぱり材料選びの時点でミスしてる感じはします。

牛は豚よりも硬く煮上がるのは予見できただけに、もう少し脂肪の多い肉を使うべきでした。

逆にこういうブロック肉を使うならローストビーフとか牛たたきだったら美味しかった気がします。

 

 

でも、人間より美味しかったです!

 

 

↓チンゲン菜が急に出てきましたね、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング