くまさんの料理ブログ

週末になると愛する家族に美味しい料理をふるまいたい。そんなくまさんの料理ブログです。

すき焼きうどん

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210405131654j:image

 

どうも、くまさんです!!

 

休日のお昼は!!

とにかく簡単で!!

洗い物も少なくて!!

美味しいものが食べたい!!

 

その願い、叶えましょう。

 

夏目三久の結婚がまだ尾を引いて元気がありませんが、飯を作って気を紛らわせましょう!

 

ちゅーわけで、本日は、すき焼きうどんを作っていきます!!

 

 

 

■用意するもの(2人分)

うどん…2玉

すき焼き用牛肉…200g

青ねぎ…適宜

にんにくチューブ…小さじ1

醤油…大さじ3

酒…大さじ3

砂糖…大さじ2

バター…10g程度

塩胡椒…適宜

温泉卵…2個

 

 

本日の材料はこちら!

f:id:kumasancook:20210405131904j:image

サシの入った美味しそうな肉を選びました!

温泉卵や青ねぎも出来合いで楽してきます!

 

まずはお肉全体に塩胡椒。

f:id:kumasancook:20210405132027j:image

下味つけましょう!

 

そしたら少量のごま油(分量外)をひき中火にして
f:id:kumasancook:20210405132054j:image

にんにくチューブを小さじ1程度入れます。f:id:kumasancook:20210405132121j:image

そこに下味つけた肉を投入!

f:id:kumasancook:20210405132224j:image

炒めていきます。

f:id:kumasancook:20210405132246j:image

味付けの調味料はこちら!

f:id:kumasancook:20210405132303j:image

半分くらい焼き目がついたら醤油大さじ3
f:id:kumasancook:20210405132317j:image

お次にお酒を大さじ3

f:id:kumasancook:20210405132349j:image

砂糖は大さじ2入れます。

f:id:kumasancook:20210405132412j:image

そして、バターを適当に投入!

f:id:kumasancook:20210405132428j:image

全体絡め、炒めていきます。

 

うどんはごく普通の3玉100円位のもの。
f:id:kumasancook:20210405132444j:image

炒める前にレンチンしとくとほぐしやすいです。

それを投入!
f:id:kumasancook:20210405132541j:image

ほぐしながら混ぜ炒めます。

f:id:kumasancook:20210405132602j:image

全体に醤油の色が回ってきたら

f:id:kumasancook:20210405132617j:image

仕上げに青ねぎをぶちまけます!

f:id:kumasancook:20210405132634j:image

今回は冷凍の青ねぎ使用。

f:id:kumasancook:20210405132656j:image

全体が万遍なく混ざってきたら味見します。

醤油や塩胡椒で最後の調整をしましょう。

f:id:kumasancook:20210405132729j:image

うーん、美味しそうな匂い。

 

うどんを器に盛り付けたら

f:id:kumasancook:20210405132754j:image

中心に温泉卵を落とします。

f:id:kumasancook:20210405132811j:image

すき焼きうどん、完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210405131654j:image

匂いがたまんないっす。

f:id:kumasancook:20210405132906j:image

お好みで一味唐辛子を振りかけて…

f:id:kumasancook:20210405132925j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うまーーーー!!!

f:id:kumasancook:20210405132958j:image

いや、そりゃ、美味しいのは当たり前ですけど。

うどんとすき焼きの相性は抜群ですね。

甘辛いタレと、柔らかいお肉、青ねぎアクセントも、ツルツルのうどんと絡まって素晴らしいハーモニーを奏でております。

コツはあまり肉に火を入れ過ぎない事、ですね。

お酒のアルコール飛ばさなきゃなんで、中々頃合い難しいですけどね。

f:id:kumasancook:20210405133110j:image

作るのも簡単だし、是非お試しあれ!

 

人間より、美味しかったです!!

 

↓ただのうどんすきやんけ、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

バッファローチキン

手間  ☆☆☆★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210329153058j:image

 

どうも!くまさんです!

 

くまさん大好きババガンプ(海老料理レストラン)ですが、以前に再現したニューオリンズ風シュリンプに継ぎ、大好きなメニューがグリーンボウテンダーチキンです。

 

これは一般にはバッファローチキンと呼ばれるものなんですが、濃い味が滅茶苦茶旨い一品です。

 

なんとなく再現イメージが湧いた(なんとなくやる気が湧いた)ので重い腰を上げました。

では、バッファローチキン作っていきます!

 

 

 

■用意するもの(2人分)

・揚げ鶏

鶏もも肉…400g(唐揚げ用/手羽中でも可)

クレイジーソルト…適宜(味塩コショウでも可)

にんにくチューブ…小さじ1

小麦粉…適宜

 

・ソース

バター…20g

ケチャップ…大さじ2

タバスコ…お好みで(無くても可)

 

 

というわけで本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210329154004j:image

手羽中と唐揚げ用鶏もも肉を用意しました。

実際お店とかでは手羽中で出てきます。

でも単純に鶏もも肉の方が食べやすそうだったので、メインは鶏ももです。

 

ただ、唐揚げサイズだと少し大きかったので
f:id:kumasancook:20210329154102j:image

各個1/2サイズにしていきます。

 

切り終えたらクレイジーソルトで下味つけます。
f:id:kumasancook:20210329154137j:image

塩胡椒でも全然OKです。

濃い味の料理なので、薄めで大丈夫です。

 

さて、下味付けが終わりました。

f:id:kumasancook:20210329154247j:image

そしたら、ジップロックににんにくを小さじ1

f:id:kumasancook:20210329154314j:image

そこに肉を投入して

f:id:kumasancook:20210329154329j:image

全体よく揉み込んでいきます。

f:id:kumasancook:20210329154344j:image

手羽中も同じ要領で揉み込みます。

f:id:kumasancook:20210329154406j:image

これで、肉の下準備完了です。

f:id:kumasancook:20210329154427j:image

春先なので常温で1時間ほど放置します。

夏場は冷蔵庫に入れましょう。

 

そしたらソース作っていきます。

f:id:kumasancook:20210329154515j:image

まずはバターを小鍋に入れ、中火で溶かします。

f:id:kumasancook:20210329154539j:image

バターが溶けてきたらケチャップ大さじ2投入

f:id:kumasancook:20210329154605j:image

んで、タバスコもお好みの量入れましょう。

f:id:kumasancook:20210329154625j:image

くまさん家は娘くまも食べるので後がけです。

f:id:kumasancook:20210329154646j:image

中火で熱しながら全体を混ぜ合わせます。

f:id:kumasancook:20210329154710j:image

5分ほど煮込んだら、ボウルにあけます。

f:id:kumasancook:20210329154732j:image

これでソースの完成です。

f:id:kumasancook:20210329154747j:image

後から気付いたけど、電子レンジでいけますね。

 

さて、食べる直前に揚げる準備です。

適当な袋に小麦粉を大さじ2〜3入れます。
f:id:kumasancook:20210329154839j:image

そこに下味つけた鶏もも肉を投入

f:id:kumasancook:20210329155012j:image

袋の口を閉じて入念にシャッフルすると…

f:id:kumasancook:20210329155041j:image

上手く小麦粉をまとってくれました。

 

 

そしたら鍋にサラダ油(分量外)を1cm程張りf:id:kumasancook:20210329155107j:image

菜箸を入れてシュワシュワしたら鶏肉投入!

f:id:kumasancook:20210329155159j:image

今回小さ目にしたので4分程でバットにあげます。

f:id:kumasancook:20210329155228j:image

どんどん揚げていきましょう。

f:id:kumasancook:20210329155246j:image

うん、美味しそうだ。

f:id:kumasancook:20210329155304j:image

手羽中も同じようにしていきます。

f:id:kumasancook:20210329155323j:image

これくらい色付くのがベストですね。

f:id:kumasancook:20210329155346j:image

全部揚げ終わりました。

f:id:kumasancook:20210329155401j:image

はい、いくつかつまみました。

美味しかったです。

 

んで!先程作ったソースのボウルに投入。

f:id:kumasancook:20210329155435j:image

ガッツリ入れます。

f:id:kumasancook:20210329155446j:image

後は表面に絡めるように混ぜ合わせます。

f:id:kumasancook:20210329155503j:image

うん、こんな感じ。

f:id:kumasancook:20210329155517j:image

手羽中も同じように

f:id:kumasancook:20210329155545j:image

あ、こっちの方が良い感じかも。

f:id:kumasancook:20210329155602j:image

これでバッファローチキン、完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210329155623j:image

本日の献立は

バッファローチキン

・ポテトサラダ

・プチトマトのはちみつレモン漬け

無印良品の牛骨スープ

・白米

です!

 

うーん!!超美味しそうじゃない?!

f:id:kumasancook:20210329155720j:image

本場に習ってブルーチーズソースかけます。

f:id:kumasancook:20210329155739j:image

なかなか売ってないんですよね。

f:id:kumasancook:20210329155754j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うっま!!!

f:id:kumasancook:20210329155822j:image

これこれ!!バッファローチキンの味!!

お酒がめっちゃ欲しくなる美味しさです。

ブルーチーズソースとの相性も抜群です。

見掛けたら是非購入して、バッファローチキンを作って欲しいです。

 

どうしても無い場合はライム絞るのが良いかも。

タバスコ抜いたソースも全然いけます。

アメリカンな美味しさですが、ご飯が進みます。

f:id:kumasancook:20210329155940j:image

手羽中なんかは、まさにバッファローチキンという感じで、再現率抜群だったんですが、やっぱりちょっと食べづらいね。箸だと大変だね。

鶏もも肉で作るの、とてもオススメです。

あと、本来は鶏肉に下味つけるのは邪道だと思うんですが、やっぱこっちの方が美味しい。

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

↓ババガンプ大好き、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

プチトマトのはちみつレモン漬け

手間  ☆★★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆★★★

 


f:id:kumasancook:20210329143406j:image

 

どうも!くまさんです。

 

今年度も1年間頑張った自分自身へ、Amazonで何かご褒美を買うべく、色々と探してたんです。

 

最初はエヴァのフィギュアかな〜、とか。

でもちゃんとした奴だと10000円軽く超えてくる物が多くて、ちょっと尻込みしているうちに、「そういえば元々いるゴジラフィギュアの相方でも良いなぁ」と思いつき、今度はゴジラシリーズを探した所、やっぱプレミアついてて高いなぁ〜、あ、メカトロウィーゴも欲しかったんだ!でもダイキャスト製の好きカラーリングの奴は品切れだ…みたいな事を延々繰り返してたんですよ。

 

結局購入したのはこれです。

f:id:kumasancook:20210330120055j:image

色々考えた挙げ句

「まずはやっぱり世の中が元通りにならないとな!」

というわけで、アマビエに行き着きました。

多分、くまさんの脳みそは機能してません。

 

今日は、先日チラッと予告した通り、プチトマトのはちみつレモン漬けを紹介していきたいと思います!

 

小鉢シリーズは編集が少し楽になるから大好きだ!!

 

というわけで、プチトマトのはちみつレモン漬け、作っていきます!

 

 

■用意するもの(2人分)

プチトマト…8〜10個

はちみつ…大さじ3

レモン汁…小さじ2

お湯…大さじ1

 

 

というわけで今回使うのはこれ!

f:id:kumasancook:20210329143515j:image

まずは小鍋に水を張って火にかけます。

f:id:kumasancook:20210329143601j:image

その間に、漬け込み容器にはちみつ大さじ3

f:id:kumasancook:20210329150218j:image

レモン汁を小さじ2

f:id:kumasancook:20210329150234j:image

沸騰したお湯を大さじ1入れて混ぜます。

f:id:kumasancook:20210329150253j:image

はちみつを溶かすようにして混ぜます。

f:id:kumasancook:20210329150317j:image

全体が滑らかになったら準備OK!

f:id:kumasancook:20210329150338j:image

 

鍋のお湯が沸騰したら

f:id:kumasancook:20210329150406j:image

プチトマトを投入!

f:id:kumasancook:20210329150420j:image

30秒ほど湯がいたら

f:id:kumasancook:20210329150442j:image

冷水を投入!

f:id:kumasancook:20210329150456j:image

下手を取って実に少し圧力かけると

f:id:kumasancook:20210329150514j:image

皮がツルンと剥けます。

 

そしたら後は漬け込み液に投入。

f:id:kumasancook:20210329150538j:image

蓋をして冷蔵庫で保管します。

f:id:kumasancook:20210329150554j:image

これで完成!

大体冷蔵庫で3〜4日保ちます。

 

そのまま食べても良いし

f:id:kumasancook:20210329150702j:image

モッツァレラチーズとかと合わせても良いです!

 

 

いざ、実食!いただきます!

f:id:kumasancook:20210329150724j:image

うん、美味しい!

フルーツみたいです。

皮を剥いたので中まで甘さが染み渡ってます。

デザートとしても美味しく食べられますし、カレーの箸休めなんかにもオススメです!

後は、お酒とソーダと割っても美味しいです。

プチトマトがあっという間になくなります。

 

人間より、美味しかったです!

 

 

↓トマトにフルーツとしての可能性を感じる、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

まぐろとアボカドの塩昆布和え

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210322102807j:image

 

どうも、くまさんです…。

 

大好きな夏目三久が結婚してしまったので、非常にテンションが低い中お送りしております…。

 

いやぁ…、でも有吉さんなら…仕方ねぇか…。

 

というわけで、本日は塩昆布を使ったメチャウマレシピ、紹介していきたいと思います…。

 

 

■用意するもの(2人分)

まぐろサク…2つ

アボカド…1個

塩昆布…大さじ2程度

ごま油…大さじ1

白出汁…大さじ1(めんつゆ可)

にんにくチューブ…小さじ1

醤油…適宜(甘口がオススメ)

 

今回の食材はこちら。

f:id:kumasancook:20210322103131j:image

まぐろは本マグロにしました。

冷凍物ですが、本マグロはやっぱり美味しい。

アボカドは選ぶの難しいですね。

基本的には「1個200円程度で大きめで柔らかいもの」を選ぶようにしてます。

安い奴は100円切ったりしてますけど、基本的に買ってすぐ食べられる状態じゃないものが多い気がします。

 

まずはマグロを水洗いして、水分拭き取ります。

f:id:kumasancook:20210322103432j:image

今回はタレに漬けるので塩締めはしません。

f:id:kumasancook:20210322103456j:image

そしたら1.5cm幅位で切り分けます。

f:id:kumasancook:20210322103527j:image

後は垂直にまた1.5cm幅で切ります。

f:id:kumasancook:20210322103553j:image

1.5cm角程度の角切り状にします。

f:id:kumasancook:20210322103622j:image

そしたらそこに塩昆布を大さじ2

f:id:kumasancook:20210322103711j:image

さらにごま油を大さじ1

f:id:kumasancook:20210322103727j:image

白出汁を大さじ1

f:id:kumasancook:20210322103751j:image

にんにくチューブを小さじ1程入れます。

f:id:kumasancook:20210322103809j:image

ほんで混ぜ合わせます。

f:id:kumasancook:20210322103823j:image

食べるまで時間がある場合は、ここでラップ

f:id:kumasancook:20210322103853j:image

冷蔵庫で寝かせます。

アボカドを入れてしまうと変色する可能性があり、見栄えがあまり良くないのでここで止める感じです。

 

食べる30分くらい前からアボカドを準備します。
f:id:kumasancook:20210322103941j:image

まずは半分に割って

f:id:kumasancook:20210322104011j:image

種を取り、皮を剥きます。

f:id:kumasancook:20210322104029j:image

そしたら賽の目状に切ります。

f:id:kumasancook:20210322104053j:image

アボカドって中々扱いが難しく、くまさんはちゃんと綺麗に切ることができません。

こーゆーのは練習あるのみです。

 

まぐろの入ったボウルにアボカド投入。
f:id:kumasancook:20210322104152j:image

混ぜ合わせます。

f:id:kumasancook:20210322104219j:image

ここで味見をして、醤油で味を整えます。

f:id:kumasancook:20210322104237j:image

甘口醤油だと味が決まりやすいです。

これで完成です…。

盛り付けるとこんな感じ。

f:id:kumasancook:20210322104314j:image

本日の献立は

・まぐろとアボカドの塩昆布和え

・もろきゅう

・豆腐とわかめの味噌汁

・白米

です。

 

うーん、美味しそう。
f:id:kumasancook:20210322104402j:image

いざ、実食…いただきます…。

 

 

 

 

……

 

 

 

ウマいですね…。

f:id:kumasancook:20210322104441j:image

塩昆布は本当に強い食材だ。

そもそも本マグロで美味しかったんだけど、次元が変わりますね。

まぐろの旨味もしっかりと感じられつつ、アボカドと塩昆布が食感にもアクセントを加えてとっても美味しいです。

個人的には、まぐろサクを1つにして、アボカド2個でもバランス良いかな、と思います。

まぐろを楽しみたいので2つ、今回は、使いましたけど、それはそれで美味しかったです。

 

 

人間より、美味しかったです。

 

 

↓ゲスナーの意味がわかる方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

竹岡式ラーメン

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆★★★

 

 


f:id:kumasancook:20210315170951j:image

 

 

どうも、くまさんです!

 

ラーメンは色々な種類があれど、竹岡式ラーメンは中々尖ったラーメンです。

チャーシュー作りに使った醤油ダレと麺の茹で汁を割ってスープにし、麺も乾麺を使う、というのがくまさんの認識している竹岡式でございます。

一見するととても乱暴な作り方に見えますが、竹岡式ラーメンのお店って結構多いんですよね。

つまり、結構固定ファンが多いようです。

 

こういうものこそ、作ってみたいですよね。

というわけで、今回は竹岡式ラーメンを作っていきます!!

 

■用意するもの(2人分)

・チャーシュー

ヒレ肉ブロック…300g

ねぎの青い部分…1本分

しょうが…2片程度

醤油…150cc

お酒…150cc

みりん…大さじ1

砂糖…大さじ1

味の素…大さじ1程度

 

・その他

乾麺…2玉分

玉ねぎ…1/2個

メンマ…適宜

味玉…適宜

海苔…適宜

 

というわけで、竹岡式ラーメンの肝、チャーシューから作っていきます。

f:id:kumasancook:20210315171638j:image

今回は豚ヒレ肉を使います。

がっつり全面に塩胡椒を振ります。f:id:kumasancook:20210315173105j:image

そしたら小鍋を中火で温めます。

f:id:kumasancook:20210315173151j:image

手をかざして熱くなったらヒレ肉投入。

f:id:kumasancook:20210315173211j:image

全面に焼き目をつけていきます。

f:id:kumasancook:20210315173239j:image

焼き目がつくと美味しくなるのでじっくりと。

f:id:kumasancook:20210315173252j:image

これくらいになったら

f:id:kumasancook:20210315173314j:image

水を投入!大体900ccくらい。

f:id:kumasancook:20210315173338j:image

鍋の大きさで変わりますが、肉が浸るくらい。

f:id:kumasancook:20210315173356j:image

そこにねぎの青い部分としょうがを投入。

f:id:kumasancook:20210315173418j:image

これで弱火に落として1時間ほど煮込みます。

 

途中で湧いてくるアクはこまめに取ります。
f:id:kumasancook:20210315173440j:image

そしてグツグツ煮込みます。

f:id:kumasancook:20210316094906j:image

1時間程煮込んだら、肉だけ取り出します。

茹で汁は本来、ラーメンのスープに使いたい所ですが、今回は竹岡式、麺の茹で汁を使うので泣く泣く廃棄。

 

肉を鍋に戻して
f:id:kumasancook:20210316095041j:image

調味料を用意!

f:id:kumasancook:20210316095111j:image

醤油、酒、みりん、砂糖でいきます!

 

醤油を150cc
f:id:kumasancook:20210316095137j:image

酒も150cc

f:id:kumasancook:20210316095220j:image

みりんは大さじ1

f:id:kumasancook:20210316095235j:image

砂糖も大さじ1

f:id:kumasancook:20210316095248j:image

後は…忘れてた、味の素大さじ1入れておきます。

f:id:kumasancook:20210316095320j:image

これで、中火で煮込んでいきます。

f:id:kumasancook:20210316095535j:image

沸騰したらペーパーで落し蓋をして

f:id:kumasancook:20210316095429j:image

弱火にして1時間またコトコト煮ます。

f:id:kumasancook:20210316095451j:image

1時間経ったら火を止めて粗熱を取りf:id:kumasancook:20210316095404j:image

ジップロックにお肉と煮汁を投入。

f:id:kumasancook:20210316095620j:image

空気を抜いて、半日以上漬け込みます。

 

半日経ったら煮汁は別皿に。

f:id:kumasancook:20210316095652j:image

肉はスライスしておきます。

f:id:kumasancook:20210316095715j:image

これでチャーシューとかえしの完成です。

f:id:kumasancook:20210316095736j:image

ここまで準備すれば、後は簡単。

 

食べる前に玉ねぎのみじん切りを作ります。

f:id:kumasancook:20210316095818j:image

1/2個位で十分かな。

f:id:kumasancook:20210316095840j:image

両側にまな板と平行に切れ目をいくつか入れ

f:id:kumasancook:20210316095911j:image

根っこに向かって5mm幅位で切れ目を入れf:id:kumasancook:20210316100840j:image

今度は90度回転して、同じように切れ目を入れ

f:id:kumasancook:20210316100927j:image

細かめのみじん切りにします。

f:id:kumasancook:20210316100944j:image

30分ほど、水にさらして辛味を抜きます。

f:id:kumasancook:20210316101002j:image

30分後、ペーパーで絞るように水分を抜きます。

f:id:kumasancook:20210316101111j:image

これで準備OK!

 

いよいよ麺を茹でていきます。
f:id:kumasancook:20210316101136j:image

今回の麺はこちら。

f:id:kumasancook:20210316101158j:image

乾麺ということで、それっぽいのを選びました。

 

鍋一杯の水を沸かして

f:id:kumasancook:20210316101240j:image

麺を投入。表示時間通り茹でていきます。

f:id:kumasancook:20210316101258j:image

その間にラーメン丼にかえしの醤油を入れます。

f:id:kumasancook:20210316101328j:image

大さじ2〜3位から。

 

麺が茹で上がったら
f:id:kumasancook:20210316101354j:image

丼に麺を入れて

f:id:kumasancook:20210316101429j:image

茹で汁も入れていきます。

f:id:kumasancook:20210316101444j:image

ここで味見をして濃さを好みで調整します。f:id:kumasancook:20210316101515j:image

後はトッピングを盛って

f:id:kumasancook:20210316101533j:image

完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210316101549j:image

ちょっと麺が多かったかなー。

f:id:kumasancook:20210316101603j:image

果たして美味しいのか。

いざ、実食!いただきます!

 

 

 

 

……

 

 

 

!!ほう!!

f:id:kumasancook:20210316101646j:image

こっくりとした醤油ラーメンだ!!

スープの奥深いまろやかな味わいは意外でした。

玉ねぎのさっぱり感も相まって、美味しいです。

チャーシューのタレと麺の茹で汁でこんな味わいになるんですね。

 

f:id:kumasancook:20210316101833j:image

チャーシューはちょっとしょっぱいけど、アクセントとしては有り!

かえしを意識してたんで、かなりチャーシューのタレとしては濃くなってしまったんですが、許容範囲内。

美味しいし簡単で良いのだけど、個人的にはラーメンとは違う楽しみ方をするものかなー、という感想でした。

うん、でも竹岡式ラーメン、一度作ってみたかったので良い経験になりました!

 

 

人間より、美味しかったです。

 

 

↓ラーメンの知識は主にラーメン才遊記、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

👑焼き鳥にんにく炒飯

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆★★★★
ご馳走度☆☆☆★★

殿堂入り

 


f:id:kumasancook:20210315111250j:image

 

 

どうも!くまさんです!

 

夜の時間というのは、くまさんにとって安らぎの時間であります。

好きなアニメを見たり、好きな漫画を読んだり、まったりとする時間であります。

今アニメはエヴァンゲリオンの新劇を見てます。

漫画はスラムダンク新装版の山王戦に差し掛かりました。

どっちも見たいけど、どっちも終わってほしくないんですよ!!

合間に呪術廻戦を挟んで(6週目くらい)るんですけど、見たいのに見たくない、そんな感じです。

 

山王対エヴァ

 

どっちも強ぇんだよなぁ…

 

というわけで、焼き鳥にんにく炒飯、作っていきます!

 

 

 

■用意するもの(2人分)

鶏ささみ肉…300〜400g

にんにく…6〜7片

醤油…大さじ4

酒…大さじ4

砂糖…大さじ1

白出汁…大さじ1

青ネギ…適宜

塩胡椒…適宜

炊いた白米…1合分

 

というわけで本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210315142910j:image

まずはにんにくから!

f:id:kumasancook:20210315143144j:image

根の部分を切り落とし、皮ごと潰します。

f:id:kumasancook:20210315143217j:image

皮と根を取り除きます。

f:id:kumasancook:20210315143238j:image

今回は丸のまま使うのでジップロックへ投入。

f:id:kumasancook:20210315143258j:image

お次はささみ肉です!

f:id:kumasancook:20210315143311j:image

一口大位に適当に切り分けます。

f:id:kumasancook:20210315143329j:image

鶏肉もにんにくもゴロゴロな感じです。

f:id:kumasancook:20210315143358j:image

そこに調味料を入れていきます!

f:id:kumasancook:20210315151655j:image

醤油、酒、砂糖、白出汁です。

 

まずは醤油を大さじ4

f:id:kumasancook:20210315154510j:image

お次に日本酒を大さじ4

f:id:kumasancook:20210315154527j:image

んで、お砂糖大さじ1

f:id:kumasancook:20210315154556j:image

白出汁を大さじ1入れます。

f:id:kumasancook:20210315154612j:image

焼き鳥、なんでね。少し甘めです。

f:id:kumasancook:20210315154654j:image

後は空気を抜いて、ジップロックのまま放置。

3時間位漬けておきます。

 

3時間経ったら、準備完了!

f:id:kumasancook:20210315160946j:image

炒飯にしていきましょう!

 

まずはフライパンにごま油(分量外)を小さじ1。

f:id:kumasancook:20210315161019j:image

強火で温めます。

 

フライパンが温まってきたら漬け肉投入!
f:id:kumasancook:20210315161048j:image

火を入れていきましょう。

f:id:kumasancook:20210315161127j:image

最初は汁気が多いと思います。

f:id:kumasancook:20210315161145j:image

これを全部肉に絡めながら炒めます。

f:id:kumasancook:20210315161212j:image

すこーし汁気が飛んできましたが、まだまだ。

f:id:kumasancook:20210315161233j:image

これくらい、カラカラになったら

f:id:kumasancook:20210315161247j:image

炊いた白米を投入!

f:id:kumasancook:20210315161307j:image

米をほぐしながら、絡め炒めます。

f:id:kumasancook:20210315161326j:image

味見をしながら塩胡椒で味を整えます。

f:id:kumasancook:20210315161345j:image

うーん、ちょっとお醤油入れます。

f:id:kumasancook:20210315163243j:image

この辺はお好みで!

味が決まったら青ネギを投入!
f:id:kumasancook:20210315163259j:image

彩り鮮やかになるから青ネギオススメです。

f:id:kumasancook:20210315163330j:image

全体が混ざりあったら完成です!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210315163352j:image

紅生姜を乗せるとそれっぽくなります。

f:id:kumasancook:20210315163409j:image

辛いもの好きなくまさんは一味唐辛子を振り

f:id:kumasancook:20210315163432j:image

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

旨!!なにこれ、バカウマ!!殿堂入り!

f:id:kumasancook:20210315163524j:image

本当に信じられないくらい旨い。

ゴロゴロの鶏ささみとにんにくが良いね!!

にんにくホクホクで美味しい。

鶏ささみも、中まで味が染みてて美味しい。

醤油ベースの甘い感じが焼き鳥感あります。

んで、シャキシャキの青ネギが混ざり合って完璧なアンサンブル!!

これは絶対に作りたい炒飯だわー。

仮にくまさんレシピ殿堂入り十傑があったら、そこにもノミネートしたいくらい。

 

 

人間より、美味しかったです!

 

 


↓殿堂入り十傑って…という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング

塩締めまぐろとカツオの薬味盛り

手間  ☆☆★★★
難しさ ☆☆★★★
ご馳走度☆☆☆☆★

 


f:id:kumasancook:20210315100721j:image

 

 

どうも、くまさんです!!

 

生の魚が食いたいという気持ちがMAXに達したので、ギリギリ旬の鰤を買おうとしたらメッチャ高い。君たち養殖なのにメッチャ高いなぁ。

 

というわけで急遽カツオに変更。

ついでに美味しそうな中トロが割安だったので購入。

 

てなもんで、本日は

まぐろ→塩締め

かつお→薬味盛り

でいきたいと思います!

 

スーパーのお刺身、といっても最近は流通の発達でとても美味しいんですけど、さらに美味しくなる方法をお伝えしていきます!

 

■用意するもの

・塩締めまぐろ

まぐろサク…1つ

塩…適宜

 

かつおの薬味盛り

かつおサク…1つ

大葉…10枚

みょうが…3個

しょうが…1片

にんにく…5〜6片

九条ネギ…適宜

 

というわけで本日の食材はこちら!

f:id:kumasancook:20210315101536j:image

まずは塩締めまぐろのおさらいから!

 

まずはまぐろのサクを水洗いします。
f:id:kumasancook:20210315101613j:image

刺し身の臭みというのは身の水分にあります。

なのでまずは表面を洗い、臭みを取ります。

そしてキッチンペーパーでしっかり拭き取り。

f:id:kumasancook:20210315101756j:image

したらバットの上にサクを置き、塩を振ります。

f:id:kumasancook:20210315101838j:image

両面にしっかり目に振ります。

f:id:kumasancook:20210315101900j:image

そしたらバットを斜めにして20分程放置。

f:id:kumasancook:20210315101921j:image

浸透圧の関係で身中の余分な水分を抜きます。

 

さて、20分経つと、表面に汗をかいてきます。
f:id:kumasancook:20210315101952j:image

これが臭みの元なんですね。

だから、また身を洗います。

f:id:kumasancook:20210315102040j:image

この時、表面の塩も流します。

んで、キッチンペーパーでまた水分拭き取り。
f:id:kumasancook:20210315102104j:image

後は、ペーパーで身を包んで

f:id:kumasancook:20210315102132j:image

更に、ラップをして、冷蔵庫へ。

f:id:kumasancook:20210315102159j:image

食べるまでこれで保管します。

新鮮な魚だと、きちんと処理すれば3〜4日程保ちます。

というか熟成されるので、釣った直後よりも断然美味しくなります。

でも今回は既に切り出されたサクなので、3〜4時間後には食べますけどね。

 

というわけで食べる直前にサクを取り出します。

f:id:kumasancook:20210315102426j:image

ここからは好きなように切って良いと思います。

まぐろは個人的には平造り派。

 

なので、余分な部分は落とします。
f:id:kumasancook:20210315102532j:image

そしたら少し厚めに1cm幅位で切り出します。

f:id:kumasancook:20210315102559j:image

もちろん落とした部分も同じように。
f:id:kumasancook:20210315102629j:image

これで塩締めまぐろの完成です。

f:id:kumasancook:20210315102651j:image

身が締まって濃厚な味わいになります。

後、塩が利いてるのでこのまま食べられます。

 

お次はかつおの処理です。

同じようにサクを水洗いします。
f:id:kumasancook:20210315102751j:image

そしたらペーパーでよく水分を拭き取り

f:id:kumasancook:20210315102823j:image

これは塩締めせずにペーパーに包み

f:id:kumasancook:20210315102853j:image

ラップして冷蔵庫で保存。

f:id:kumasancook:20210315102913j:image

今回は薬味と醤油でガンガン食べたいので、余計な下味を嫌って塩締めは辞めました!

 

今度は薬味の下準備です。

f:id:kumasancook:20210315103029j:image

まずはしょうが!

f:id:kumasancook:20210315103139j:image

必要な分だけ切り出します。

f:id:kumasancook:20210315103157j:image

薄く削ぐように切ります。

f:id:kumasancook:20210315103214j:image

そしたら端からトントン針生姜にしてきます。

f:id:kumasancook:20210315103236j:image

みじん切りでもなんでもお好みで良いです。

 

お次はみょうが。

f:id:kumasancook:20210315103314j:image

縦半分に割って

f:id:kumasancook:20210315103328j:image

根っこが繋がってる部分をV字に切ります。

f:id:kumasancook:20210315103357j:image

後は千切りにしていきます。

f:id:kumasancook:20210315103417j:image

ちなみに根っこの部分も細かく切って入れます。

 

そして、にんにく!

f:id:kumasancook:20210315103443j:image

根元を切り落としつつ、皮を剥きます。

f:id:kumasancook:20210315103501j:image

全部皮が剥けたら

f:id:kumasancook:20210315103516j:image

うすーくスライスしていきます。

f:id:kumasancook:20210315103532j:image

軽く向こう側が透けるくらいが理想です。

f:id:kumasancook:20210315103552j:image

理想は理想のままでも良し。

 

最後に大葉です。

f:id:kumasancook:20210315103613j:image

末端の茎部分はV字に切り落とします。

f:id:kumasancook:20210315103637j:image

そしたらクルクルと巻いて

f:id:kumasancook:20210315103651j:image

端からトントン切ります。

f:id:kumasancook:20210315103703j:image

よっしゃ、これで薬味の下準備完成です。

f:id:kumasancook:20210315103724j:image

適当なボウルに入れて

f:id:kumasancook:20210315103740j:image

九条ネギも入れて

f:id:kumasancook:20210315103756j:image

全体を均等に手で混ぜ合わせておきます。

f:id:kumasancook:20210315103816j:image

これでOK!

 

食べる直前にかつおのサクを取り出します。

f:id:kumasancook:20210315103842j:image

まぐろとは違い、少し薄目に切り出します。

f:id:kumasancook:20210315103907j:image

薄い方が薬味を包みやすいので。

f:id:kumasancook:20210315103923j:image

そしたら、お皿に綺麗に並べます。

f:id:kumasancook:20210315103939j:image

んで、薬味をやり過ぎな位ワサッと盛ります。

f:id:kumasancook:20210315104024j:image

これでかつおの薬味盛り、完成です!!

 

盛り付けるとこんな感じ!

f:id:kumasancook:20210315100721j:image

本日の献立は

かつおの薬味盛り

・塩締めまぐろ中トロ刺し身

・ゆず大根の漬物

・シーザーサラダ

・豆腐とわかめの味噌汁

・白米

です!!

 

ごっつり盛りました!!

f:id:kumasancook:20210315104155j:image

でもこれが良いんです!

んで、大事なのがこいつら!

f:id:kumasancook:20210315104221j:image

一味唐辛子と(あれば)甘い醤油!!

 

一味唐辛子をばっさりと振り
f:id:kumasancook:20210315104249j:image

甘口醤油につけて食べます!

いざ、実食!いただきます!!

 

 

 

 

……

 

 

 

うまぁーーーーーーーい!!!!

f:id:kumasancook:20210315104341j:image

旨さ爆発。

刺し身に唐辛子ってかなり頭悪そうな組み合わせですけど、めっちゃ旨いんですよ!!

確か、紅菊盛りっつって、こーゆー食べ方あったはず。

 

そして、薬味が素晴らしく旨い。

むしろ薬味を美味しく食べるためのかつお、という感じ。

薬味もワサワサ食えます。

f:id:kumasancook:20210315104511j:image

中トロも言わずもがな、美味しいです。

塩締めを知ってからは、まぐろは絶対塩締めにしてます。

 

こりゃぁ、酒だ!日本酒だ!!

f:id:kumasancook:20210315104604j:image

今回合わせたのは、男山の復古酒です。

日本酒度マイナス50の超甘口!

シロップみたいな飲み口ですが、甘口醤油とバッチリペアリングな感じです。

f:id:kumasancook:20210315101824j:image

今回は常温で飲んでますが、キンキンに冷やしてロックか、ソーダ割りも美味しいお酒です。邪道な飲み方だとか、反論は知らん。好きに飲ませて。とにかくメッチャ幸せだ!!!

 

 

人間より、美味しかったです!!

 

 

↓日本酒と三ツ矢サイダーは相性抜群、という方は応援ボタン押してくれると嬉しいです!

料理ブログランキング